格安ホームページ作成サービス:
デザイン、価格、業種特化にこだわり

ホームページ初心者にワードプレス(WordPress)がおすすめされる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページ初心者にワードプレスがおすすめされる理由

ホームページ作成を検討している方のなかには、「ワードプレス(WordPress)」という言葉を見聞きしたことがある方も多いことでしょう。しかし、「ワードプレスが具体的にどのようなものなのか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらの記事では、主に以下の内容をご紹介しています。

  • ・ワードプレスとは何か
  • ・初心者の方におすすめする理由とつまずきやすいポイント
  • ・コーポレートサイト・店舗ホームページでおすすめの作成方法

これからホームページを作成する方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ワードプレス(WordPress)はCMSの1種

ワードプレス(WordPress)の詳しい説明の前に、まずはCMSについて説明しておきましょう。

CMSとは、「Content Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)」の頭文字を取ったもので、Webページ(ウェブページ)の作成・運用管理を行えるシステムです。

通常、ウェブページの作成・運用管理にはHTMLやCSSなどの知識が必要になりますが、CMSを使うことで専門知識がない初心者の方でも簡単にページの作成・運用管理が行えます。

そして、数あるCMSの中でもワードプレスは国内外問わずトップシェアを誇るCMSであり、個人ブログから企業サイトまで幅広く利用されているのです。

ホームページ初心者にワードプレスがおすすめされる理由

拡張性や自由度の高さから多くのプロフェッショナルに使用されているワードプレス(WordPress)ですが、専門知識を持たない初心者の方にもおすすめです。

次は、ホームページ初心者の方にワードプレスが推奨される理由について確認していきましょう。

無料で使えるオープンソースのCMS

ワードプレスの特徴として、無料で使えるオープンソースのCMSである点を挙げることができます。ソフトの利用に費用が発生せず、商用・非商用問わず自由に改良・再配布することが可能です。

ドメインやサーバーは自分で用意する必要がありますが、ソフト利用にコストが発生しないため初心者の方でも始めやすいと言えるでしょう。

SEOに適している

SEOに適しているという特徴も、ワードプレスがホームページ初心者の方に適している理由のひとつです。SEOとはGoogleやYahoo!などで検索結果の上位に表示させるための施策であり、多くの人にホームページを訪れてもらうためには欠かすことができません。

ワードプレスで作成したWebサイトは、あらかじめSEOを意識した構造となっているほか、SEOを強化するためのプラグインも多数存在しています。SEOの知識を持たない初心者の方にとって非常に頼もしいポイントだと言えるでしょう。

豊富なテンプレートが存在

ワードプレスでは、無料・有料問わず数多くのデザインテンプレートが公開されています。デザインやレイアウトなどの細部までこだわらない限りは、自分の好みに近いテンプレートを見つけることができるでしょう。もちろん、プログラミングの知識を持っている場合には、詳細までこだわってカスタマイズすることも可能です。

トラブルの解決策を見つけやすい

すでにお伝えした通り、ワードプレスは国内外に多くの利用者がいます。そのため、使用方法に関する疑問やトラブルが発生した場合でも、インターネット上に解決策が公開されている可能性が高いと言えます。

インターネット上で多くの情報を入手できるという点は、トップシェアを誇るワードプレスならではのメリットだと言えるでしょう。

ホームページ初心者がつまずきやすいポイント

ホームページ初心者がつまずきやすいポイント

比較的簡単にWebサイトを作成することができるワードプレス(WordPress)ですが、初心者の方がつまずきやすいポイントも存在します。

ここでは、ワードプレスを使ったホームページ作成で注意が必要なポイントを確認していきましょう。

独自ドメインの取得

ワードプレスで作ったホームページをインターネット上に公開するためには、「独自ドメイン」が必要になります。ドメインは「インターネット上の住所」の役割を果たすものであり、ユーザーにアクセスしてもらうために不可欠です。

独自ドメインを取得するには、ドメイン取得サービスを利用しましょう。有名なサービスとしては「ムームードメイン」や「お名前.com」などがあります。

以下の記事ではドメインの役割や種類について詳しくご紹介しています。あわせてご確認ください。
関連記事:【.com】【.net】【.org】?ドメインの種類や意味、SEOへの影響は?

レンタルサーバーの契約とワードプレスのインストール

ワードプレスをインストールするためのサーバーも自分で用意する必要があります。

サーバーとはホームページの各種データを格納しておく入れ物のようなもので、ワードプレスを動作させるにはPHPとMySQLに対応したレンタルサーバーを契約する必要があります。代表的なレンタルサーバーとしては「エックスサーバー」や「ロリポップ」などが挙げられます。

調べながら行えば初心者の方でもレンタルサーバーの契約、ワードプレスをインストールすることができますが、ある程度の手間がかかることを覚えておきましょう。

セキュリティ面の管理

世界トップシェアを誇るワードプレスは、ハッキングなどのセキュリティ攻撃の標的にされやすいという一面があります。そのため、ワードプレスのシステム・プラグインをこまめにバージョンアップし、常に最新の状態に保っておくことが重要になります。

また、ネットワーク通信を暗号化するために常時SSL化しておくことも大切です。SSL対応済みのホームページはURLが「https」から始まりますが、SSL未対応のサイトURLは「http」から始まります。Googleでは、「http」から始まるSSLに対応していないウェブサイトに対して警告ラベルを表示させるなど、サイトの安全性を重要視しています。

ホームページ初心者の方がワードプレスを使ってホームページを公開する場合には、セキュリティ対策の方法を入念に調べ、万全を期すようにしましょう。
関連記事:「SSL」でサイトの安全性・信頼性アップ!役割と重要性をご紹介!

電話サポートは受けられない

ワードプレスには利用者向けの質問フォーラムが設けられているものの、電話サポートはありません。先述の通り、世界中に多くの利用者がいるワードプレスは、インターネット上に多くの情報が提供されています。しかし、多くの情報があふれているからこそ、適切な情報を自分自身で見極める必要があります。もちろん、自分が直面している問題の解決策がインターネット上に見つからないケースも存在します。

そのため、インターネットでトラブルや疑問の適切な解決策が見つけられなかった場合、ホームページ作成が行き詰ってしまうことも考えられます。

会社用・店舗用ホームページ作成は制作会社への依頼がおすすめ

会社用・店舗用ホームページ作成は制作会社への依頼がおすすめ

ワードプレス(WordPress)は、上記のつまずきやすいポイントに注意しつつ、ひとつずつ手順を踏みながら取り組めば初心者の方でもホームページを作成することが可能です。

ですが、コーポレートサイトや店舗ホームページなど、ビジネス利用のホームページ作成の場合には制作会社への依頼をおすすめします。もちろん、社内に経験豊富なエンジニアがいるのであれば例外です。

次は、会社用・店舗用ホームページ作成で制作会社への依頼が推奨される理由を確認していきましょう。

商用ホームページは「成果」を出せるかどうかが重要

趣味・個人利用のホームページとは異なり、ビジネス利用のホームページでは集客や販売促進などの「成果」につながるホームページかどうかが非常に重要になります。

先述の通り、ワードプレスはSEOに適したCMSとされています。しかし、サイト設計の段階からしっかりとSEO対策が行われていなければ、そのメリットを実感できる可能性は低いと言えます。

また、ワードプレスにはさまざまなテーマのテンプレートが用意されているため、好みのデザインに設定することができるでしょう。しかし、サイトを訪れるユーザーの行動を促すには、デザインやユーザビリティの面でもノウハウが必要になります。

そのため、自分でホームページとしての体裁を整えることはできたものの、思うように成果につながらないという可能性も考えられるのです。こうした点を考えると、まったくの初心者の方がワードプレスを使ってコーポレートサイト・店舗ホームページを作成するのにはリスクが伴うということも覚えておく必要があるでしょう。

「初期制作はプロに依頼、運用は自分で」という選択肢

初心者の方が商用ホームページを自作するリスクについてお伝えしましたが、「ワードプレスを使用するべきではない」というわけではありません。記事コンテンツやブログの管理・投稿や、トップページや固定ページのちょっとした修正などには、ワードプレスは初心者にとって非常に頼もしいツールです。

そこでおすすめしたいのが、ホームページの初期構築はプロである制作会社に依頼し、更新・管理はワードプレスを使って自分で行う方法です。ホームページ制作会社のなかには、ホームページ完成後に自分で運用を行えるようにワードプレスを用意してくれる会社も存在します。自分でできる部分とプロフェッショナルに任せる部分を分けることで、費用を抑えつつビジネスに役立つホームページを作成・運用することができるでしょう。

ホームページ作成・運用にワードプレスを活用しよう!

今回は、ホームページ作成でよく聞くワードプレス(WordPress)についてご紹介しました。

ワードプレスを使えば、初心者の方でもホームページを作成することが可能です。ただし、成果が重要視されるコーポレートサイトや店舗ホームページを作成する場合には、ホームページ制作会社に依頼するほうが得策となるケースも存在します。

今回ご紹介した「初期制作はプロに依頼して、運用はワードプレスを使って自分で行う」など、自分に合った方法を検討してみてはいかがでしょうか。

5万円からのホームページ作成サービスを提供する当社(ホームページシード)では、お客様自身で更新を行えるワードプレスをご用意いたします。また、月額費用内で電話サポートや更新代行サービスにもご対応しております。ホームページ作成をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事