デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

POSレジの種類とそれぞれの特徴をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

POSレジの種類と特徴

2019年10月の軽減税率導入を機に、POSレジの導入を検討している事業者も多いことでしょう。

一方で、さまざまな種類のPOSレジサービスが存在するため、「どのPOSレジを選べばよいのか分からない」と頭を抱えている企業や店舗も少なくありません。POSレジ選びで失敗しないためには、各種POSレジの特徴をしっかりと把握した上で、業種・業態に合ったサービスを選択することが大切です。

こちらの記事では、新たにPOSレジの導入を検討している方に向けて、POSレジの種類やそれぞれのメリット・デメリットなどの特徴をご紹介します。

EPARKスイーツでは、スイーツ業界に特化した軽減税率対応POSレジを提供しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

目次

そもそもPOSレジとは?

まずは、POSレジとはどのようなレジなのかを確認しておきましょう。

POSレジのPOSとは「Point of sales(ポイント・オブ・セールス)」の頭文字をとったものであり、直訳すると「販売時点」という意味になります。つまりPOSレジでは、販売時点に発生する各種情報を収集することが可能なのです。

収集したデータを分析することで、お客様のニーズの把握や在庫管理の適正化などに役立てることができるほか、予約管理や勤怠管理などの機能を有するPOSレジサービスも存在します。

POSレジは主に以下の3種類に大別することができ、それぞれ異なる特徴を持っています。

・ターミナルPOSレジ
・パソコンPOSレジ
・タブレットPOSレジ

次は、それぞれのタイプが持つ特徴やメリット・デメリットについて見ていきましょう。

以下の記事では、POSレジの概要や導入のメリットや注意点について詳しくご紹介しています。あわせてお読みください。
関連記事:POSレジとは? 導入の必要性やメリット・デメリットまで徹底解説

ターミナルPOSレジの特徴

ターミナルPOSレジの特徴

主なPOSレジの種類のひとつ、ターミナルPOSレジについて確認していきましょう。

大手チェーン店などで取り入れられているため、最も目にする機会が多いPOSレジと言えます。

では、ターミナルPOSレジにはどのような特徴があるのでしょうか。

ターミナルPOSレジとは

ターミナルPOSレジは、POSシステムが搭載されたレジ専用ハードウェアです。

見た目は従来のレジと変わらないものが多く、主にコンビニやスーパー、飲食店などのチェーン店に導入されています。

小型タイプからカウンターと一体になった大型の筐体まで、さまざまな種類が存在します。

また、POSシステムのソフトウェアは業態に応じてカスタマイズするのが一般的となっています。

ターミナルPOSレジのメリット・デメリットをチェック

ターミナルPOSレジの大きなメリットとして、従来のレジに近い感覚で操作できる点を挙げることができます。従来のレジ操作に慣れた人であれば、大きな違和感を覚えることなく使用できるでしょう。

一方、ターミナルPOSレジは、パソコンPOSレジやタブレットPOSレジに比べて導入コストが高い傾向にあります。機種によって価格は異なりますが、安価なものであっても1台50万円以上はするため、中小企業や小規模事業者にとっては導入ハードルが高いと言えます。

また、レジ機能とPOS機能が一体となっているため、システムの老朽化または機器が故障した際には丸ごと買い替える必要がある点も覚えておきましょう。

パソコンPOSレジの特徴

次に、パソコンPOSレジの特徴について見ていきましょう。

その名からもわかる通りパソコンを使用したPOSレジシステムですが、どのような特徴、メリット・デメリットがあるのでしょうか。

パソコンPOSレジとは

レジとPOS機能が一体になったターミナルPOSレジと異なり、パソコンPOSレジは汎用的なパソコンにPOSシステムをインストールし、周辺機器と組み合わせて使用します。

もちろん、レジとして使用しているとき以外は通常のパソコンとして使用できます。パソコン用のPOSシステムはメーカー独自で開発されたものが多く、動作やサポートが保証されているOS等はメーカーによってさまざまです。

パソコン型POSレジのメリット・デメリットをチェック

汎用PCを使用するパソコンPOSレジは、レジ専用ハードウェアであるターミナルPOSレジに比べて安価に導入できる傾向にあります。また、PCが故障、あるいはPOSシステムが老朽化した場合も丸ごと入れ替える必要がない点もメリットと言えるでしょう。

一方で、メーカーが独自に開発したシステムなので、従来型レジとは操作性が大きく異なるケースがあります。とくにパソコン操作に慣れていない場合などは、操作を習得するまでにある程度の時間を要する可能性があることを覚えておきましょう。

タブレットPOSレジの特徴

タブレットPOSレジの特徴

POSレジの中でも、近年急速に導入店舗が増えているのがタブレットPOSレジです。

次は、注目度が増しているタブレットPOSレジの特徴やメリット・デメリットを確認していきましょう。

タブレット型POSレジとは

タブレットPOSレジは、iPadやiPhone、あるいはAndroidのタブレット端末やスマートフォンなどに専用アプリをインストールして使用するPOSレジです。iPhone・スマートフォンで使用するものはモバイルPOSレジと呼ばれることもあります。

パソコンPOSレジと同様、汎用タブレット端末にPOSシステムをインストールし、周辺機器と接続して利用し、販売時に収集した各種データはネットワークを通じてクラウド上に保管されます。

近年、コストや店舗スペースの問題からPOSレジの導入を見送っていた中小企業や店舗を中心に普及しつつあります。

POSレジの周辺機器に関する情報は以下の記事で詳しくご紹介しています。あわせてお読みください。
関連記事:あわせて導入!POSレジ周辺機器も軽減税率補助金の対象です

タブレットPOSレジのメリット・デメリットをチェック

タブレットPOSレジの大きなメリットとして、導入ハードルの低さを挙げることができます。

データのクラウド化や汎用タブレット端末等の使用によって比較的安価に導入可能となっています。また、省スペースで設置できるため店舗の雰囲気に馴染みやすく、タブレット単体で持ち運びも可能なので会計以外の接客時にも多様な使い方が考えられます。

操作性もまた、タブレットPOSレジのメリットだと言えます。タッチパネルで直感的に操作できるので、レジ経験の有無を問わず基本的な操作方法を短期間で習得可能です。

ただし、タブレットPOSレジサービスのベンダー選びには少々注意が必要です。タブレットPOSレジサービスを提供するベンダーが数多く登場していますが、業者によってサポートの充実度はまちまちなので、事前にサポート体制について確認しておきましょう。

以下の記事では、タブレットPOSレジの魅力や選び方のポイントを詳しくご紹介しています。あわせてお読みください。
関連記事:扱いやすく低コスト! タブレットPOSレジの魅力とは

それぞれの特徴を理解して、業態に合ったPOSレジを導入しましょう

今回は、主なPOSレジの種類として「ターミナルPOSレジ」「パソコンPOSレジ」「タブレットPOSレジ」の3つをご紹介しました。

一口にPOSレジと言っても、タイプによって特徴やメリット・デメリットが大きく異なります。また、導入・運用コストにも違いがあるため、自社・自店舗に合ったPOSレジを選択することが大切です。

POSレジの導入を検討している方は、今回ご紹介した情報も参考に納得のいくPOSレジを選びましょう。

EPARKスイーツでは、スイーツ業界に特化した軽減税率対応POSレジを提供しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

[あわせてお読みください]

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

おすすめ記事