デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

地方に本拠地のある企業こそホームページの開設を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方に本拠地のある企業こそホームページの開設を!

インターネットの普及が進み、国内はもとより全世界とシームレスに交流することができる社会になりました。そうしたなか、地方に拠点を置く企業にスポットライトが当たることも増えてきています。

こちらの記事では、地方に本拠地を置く企業に焦点を当て、ホームページを開設することのメリットや制作会社選びのポイントについてご紹介していきます。これからホームページを開設する予定の方や、リニューアルを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

IT活用が地方企業躍進のカギを握る!?

IT活用が地方企業躍進のカギを握る

国内外問わずスムーズに情報通信を行えるようになった現在、新たな市場や低労賃を求めて国内拠点の縮小や海外への移転を進める大企業は増えてきています。そんななか、地域の産業や雇用を支えているのが中小企業です。中小企業は国内の全企業のうち99.7%を占めますが、とりわけ地方では99.9%を中小企業が占めており、従業員数では85.2%が中小企業に勤めているとされています。

都市圏に比べて市場規模やインフラの面でハンディを抱えるケースも少なくない地方圏ですが、地方に拠点を置きながら全国、さらには世界を舞台に活躍する中小企業も存在します。そして、地方企業が存在感を発揮するためのカギとなるのが、ホームページの開設などのIT活用です。

中小企業におけるIT活用の現状とは

地方の産業や雇用を支える中小企業ですが、なぜIT活用の重要性が高まっているのでしょうか。ここでは、中小企業のホームページ開設率や、IT活用の現状について確認していきましょう。

中小企業のホームページ開設状況は?

まずは、中小企業におけるホームページ開設率を確認していきましょう。中小企業庁の委託で2012年に行われた「ITの活用に関するアンケート調査」によれば、大企業における自社ホームページの開設率は95.6%であるのに対し、中規模企業では80.4%、小規模事業者では46.4%と、大企業とのホームページ開設率の差にはまだまだ開きがあるのが現状となっています。

IT活用を行っている中小企業は業績好調?

まだまだIT活用が普及しているとは言えませんが、IT活用に取り組んでいる中小企業では業績が向上しているという報告もあります。中小企業庁の委託で2015年に行われた「中小企業の投資行動に関するアンケート調査」によれば、ホームページの開設などのIT投資を行っている企業は、IT投資を行っていない企業に比べて売上高・売上高経常利益率ともに高水準であることが報告されています。

地方企業がホームページを開設するメリットは?

ホームページ開設などのIT活用が業績向上のひとつのポイントであることがわかりましたが、地方企業がホームページを活用することで、具体的にどういったメリットが期待できるのでしょうか。ここでは、地方に拠点を置く中小企業がホームページを開設することで期待できるメリットについて確認していきましょう。

国内外問わず広く存在をアピールできる

地方企業がホームページを開設することの大きなメリットとして、国内外問わず広く存在をアピールできる点を挙げることができます。ホームページは地域に縛られることなく、あなたのビジネスを必要としている人に知ってもらうことができます。

そして、ホームページを運用していく中で情報が充実していけば、知識豊富なセールスマンとして、あなたのビジネスを存分にアピールしてくれることでしょう。

Uターン就職・転職に強くなる

ホームページはビジネスチャンスを拡大してくれるだけでなく、人材獲得の面でも大いに役立てることができます。近年では「Uターン就職」「Uターン転職」という言葉が登場したように、一度地元を離れて進学・就職した後に、地元に戻って働く人々も珍しくありません。

ホームページを開設していない場合、その地域の人々以外に会社の存在を知ってもらうことは困難です。反対に、ホームページを開設していれば、「Uターン就職」「Uターン転職」を考えている人にも存在を知ってもらえるチャンスが広がるのです。

地方企業のホームページ作成のポイントは?

地方企業のホームページ作成のポイントは?

では、地方に拠点を置く企業がホームページを作成する場合、どういった点を意識してホームページ制作会社を選べばよいのでしょうか。ここでは、地方企業がホームページ制作会社を選ぶ際にチェックするべきポイントをご説明していきます。

アピールポイントを押し出すならオーダーメイド

ホームページ制作会社は、「オーダーメイドタイプ」と「テンプレートタイプ」の大きく2種類に分けることができます。オーダーメイドタイプは、デザインやレイアウト、搭載する機能など、依頼者の希望に応じて1から作成していくスタイルのホームページ作成方法です。一方でテンプレートタイプは、制作会社側で用意しているテンプレートを利用して作成する方法で、デザインやレイアウト、機能の面で制限が多くなります。

個性や強みをしっかりとアピールする必要がある地方企業の場合、こだわりを存分に反映することができるオーダーメイドタイプがおすすめだと言えるでしょう。

制作実績を事前にチェック

事前に確認しておくべきポイントとして、過去の制作実績も挙げることができます。制作実績を見ることで、「どんな業種のホームページ作成を得意としているのか」、「どんな雰囲気のホームページになるのか」、そして「どんな機能に対応しているのか」を知ることができます。また、イメージに近いホームページがあれば、それを制作会社の担当者に伝えることで制作がスムーズに進行することでしょう。

更新サービスの有無もポイント

中小企業の場合、ホームページ運用だけに専念する担当者を配置することが難しいケースもあります。そういった場合に役立つのが、「更新サービス」の有無です。更新サービスとは、自社の代わりにホームページの更新作業や修正作業を代行してくれるサービスのことです。更新サービスがあれば、ホームページの運用を行いつつ、本来の業務に専念することができるでしょう。

スマホ対応や翻訳機能も確認

スマホからの閲覧に対応できるか否かも、チェックしておきたいポイントです。近年では、パソコンよりもスマートフォンからインターネットを利用する人が増えており、スマホ対応の重要性が急激に高まっています。また、スマホ未対応にホームページはSEOの面でも不利になってしまうため、これからホームページを作成するのであればスマホ対応は不可欠と言えるでしょう。

さらに、海外にもアピールしていきたいという場合には、ホームページの翻訳機能も必要になります。せっかく国内外問わずアピールできるメディアですので、翻訳機能に対応しているかどうかもチェックしておくべきだと言えるでしょう。

電話打ち合わせに対応しているかも重要

ホームページ制作会社が電話での打ち合わせに対応しているかどうかもチェックするべきポイントのひとつです。理想に合ったホームページを作成できる制作会社であっても、打ち合わせのたびに行き来する必要があるとなると、時間・労力ともに負担が大きくなってしまいます。とくに、所在地が遠く離れている場合には大きな負担となってしまいます。そのため、電話やメールでの打ち合わせに対応しているかどうかも、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

地方企業こそホームページでビジネスをアピールしよう!

今回は、地方に拠点を置く企業がホームページを開設するべき理由についてご紹介してきました。ホームページを活用することで、全国、さらには海外にもビジネスをアピールできるチャンスが広がります。そして、ホームページを持っていることで、Uターン就職・転職を考えている人に自社の存在を知ってもらうきっかけにもなります。今回ご紹介した情報も参考に、ホームページの開設を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせをいただいた方に「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事