ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

ドメインパワーってどんなもの?重要性と強化方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドメインパワーってどんなもの?重要性と強化方法をご紹介!

ホームページのSEO対策に取り組む中で、「ドメインパワー」という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ホームページを検索結果の上位に表示させるには、ドメインパワーの強化がカギになります。

こちらの記事では、ドメインパワーの概要やSEOとの関係性、ドメインパワーを高めるためのポイントについてご紹介していきます。

目次

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは?

まずは、ドメインパワーとはどのようなものかを確認してみましょう。ドメインパワーは、その名の通りドメインが持つパワーを指し、「ドメインオーソリティ」や「権威性」とも呼ばれています。

ドメインパワーは、検索エンジンがホームページの信頼性や専門性をはかる重要な指標であり、ドメインパワーを計測するためのツールも存在します。たとえば、ドメインパワーをチェックする代表的なツールとしては「Moz」などがあります。

ドメインパワーとSEOの関係性は?

ドメインパワーは、検索結果におけるホームページの表示順位と深く関わっています。つまり、SEOに取り組む上で、ドメインパワーの強化は避けては通れない要素なのです。では、ドメインパワーとSEOの関係性について詳しく確認していきましょう。

インデックスされるまでの時間が短い

まず、ドメインパワーが強くなることで、検索エンジンにインデックスされるまでの時間が短くなるというメリットがあります。検索エンジンは「クローラー」というロボット(プログラム)を巡回させて、インターネット上にある膨大な数のウェブページをデータベースに登録していきます。これを「インデックス」と呼びますが、インデックスされていない場合にはいくら良質なコンテンツであっても検索結果に表示されることはありません。

クローラーはドメインパワーが強いサイトを優先的に巡回するため、ドメインパワーを高めることでコンテンツ公開から検索結果に反映されるまでの時間を短縮することができるのです。

検索結果の上位に表示されやすい

ドメインパワーが強くなることで、インデックスされるまでの期間が短くなるだけでなく、検索結果の表示順位も向上しやすくなります。ドメインパワーはサイトの信頼性や専門性を検索エンジンが判断するための指標とお伝えしましたが、サイトの専門性・信頼性はSEOにおいて非常に重要です。例えば、「日本食」の情報に特化しているサイトと「料理全般」の情報を扱うサイトが、どちらも「お寿司」に関するコンテンツを公開していたとします。この場合、「日本食」の情報に特化したサイトのほうが、「お寿司」に関する詳細な情報を得られる可能性は高いといえるでしょう。そして検索エンジンも、検索されたキーワードに対してより専門性の高いサイトを優先的に表示する傾向があるのです。

ドメインパワーは独自ドメインでなければ意味がない?

SEOに取り組む上で欠かすことができないドメインパワーの強化ですが、「どんなドメインでホームページを運用するか」も重要なポイントになります。ここでは、独自ドメインとサブドメイン、そして中古ドメインの特徴について確認しておきましょう。

独自ドメインでの運用がスタンダード

まずは、独自ドメインについてご説明していきます。独自ドメインは他のドメイン名とかぶることが無い世界でひとつだけのドメインであり、ビジネス利用のホームページでは独自ドメインでの運用がスタンダードだとされています。

すでに使用されている場合を除き、自由にドメイン名を設定できるので認知度向上やブランディングに有効で、コンテンツを充実させていくことでドメインパワーを強化することができるため、SEOにも最適だと言えるでしょう。

以下の記事では、独自ドメインの特徴やメリットについて詳しくご紹介しています。併せてご確認ください。
関連記事:独自ドメインはなぜ重要?ビジネスでドメイン取得が推奨される理由

サブドメインはSEOに不利!?

無料ホームページ作成サービスで開設したホームページなどに使用されているのが、サブドメインです。たとえば、サービス提供元のドメインが「〇〇.com」だとすると、「□□.〇〇.com」の「□□」の部分がサブドメインにあたります。

サブドメインで運用しているホームページの場合、いくら良質なコンテンツを充実させたとしても、サービス提供元のドメインパワーとして蓄積されていきます。反対に、同じサービスを利用しているサイトの評価が低く、サービス提供元のドメインパワーが弱い場合にはSEOの面で悪影響を受ける場合もあるのです。そのため、SEOで上位表示を目指す場合には、サブドメインでの運用は得策とは言い難いでしょう。

中古ドメインにはリスクも存在

過去に使用されていたドメイン、「中古ドメイン」というものもあります。中古ドメインは過去に運用されていたサイトの評価が残っているという特徴があるため、そのドメインパワーを期待して中古ドメインを購入する人もいます。

ただし、ドメインパワーが強い中古ドメインは高額であり、新たに独自ドメインを取得するよりもコストが掛かるのが一般的です。また、ドメインパワーを期待して購入したものの、不正に獲得した外部リンクが多くSEO面で悪影響を受けてしまうというケースもあるため注意が必要です。

以下の記事では、中古ドメインの特徴について詳しくご紹介しています。併せてご確認ください。
関連記事:中古ドメインって何?リスクもあるって本当?

ドメインパワーを高めるための2つのポイント

ドメインパワーを高めるための2つのポイント

ドメインパワーを強化していくにはどうすればよいのでしょうか。ドメインパワーは「サイトの権威性」とも呼ばれるように、特定のジャンルを扱うサイトの中でも「情報量が豊富」かつ「有益な情報」であることが大切になります。具体的にどういったポイントを意識してホームページを運用すればよいのでしょうか。

ホームページ内のコンテンツを充実させる

まず、情報量を充実させるためには、コンテンツ数を増やしていく必要があります。トップページ」や「会社案内」、「商品・サービス紹介ページ」など、ホームページの基本となるページだけでは情報を充実させていくのに限界があります。コンテンツ数や情報量を増やすのに効果的なのが自社の商品・サービスに関連する「お役立ち情報」などのコンテンツです。

たとえば、中古車販売サービスを提供している会社であれば、「新車と中古車のメリット・デメリット」や「中古車購入のポイント」などのコンテンツを作成していくことで、ホームページ内に中古車に関する情報が網羅されていき、ドメインパワーの強化につながります。

分析とリライトでコンテンツの質を向上させる

ユーザーにとって有益な情報を提供するには、コンテンツの分析とリライトが重要になります。コンテンツの分析・リライトに役立つのが、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどの分析ツールです。

分析ツールを使用することで、「どのコンテンツがユーザーによく見られているのか」、「どれくらいの時間ページを閲覧してくれたのか」、さらには「どうやってホームページまでたどり着いたのか」などのデータを確認することができます。そして、データをもとにコンテンツの内容を修正していくことで、ユーザーにとって有益な情報を含む良質なコンテンツへとブラッシュアップすることができるのです。

以下の記事では、ホームページの分析・リライトのポイントをご紹介しています。あわせてご確認ください。
関連記事:SEOにリライトは不可欠!記事コンテンツのパフォーマンスを高めよう!

ホームページのドメインパワーを強化しよう!

今回は、ホームページのSEO対策を行う上で欠かせない、ドメインパワーについての情報をご紹介しました。ドメインパワーを高めるためには、ユーザーにとって有益な情報を充実させることが大切です。今回ご紹介した情報も参考に、ドメインパワーの強化に取り組んでみてはいかがでしょうか。

[あわせてお読みください]

お問い合わせをいただいた方に「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事