ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

後継者獲得にも効果的!?伝統工芸のPRにホームページを活用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝統工芸のPRにホームページを活用

古くから継承されてきた技術で作られる伝統工芸品。2018年9月現在、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づき経済産業大臣の指定を受けている伝統工芸品は230品目となっています。伝統工芸品は2020年の東京オリンピック開催に伴うインバウンド需要の増加が期待される一方で、生産額減少や後継者不足といった問題に直面しています。

こちらの記事では、伝統工芸品のPRに役立つひとつの方法として、ホームページ活用についてご紹介していきます。

目次

世界に誇る日本の伝統工芸品

世界に誇る日本の伝統工芸品

2020年の東京オリンピック開催を控え、さまざまな業界でインバウンド需要の取り込みが加熱しています。そして伝統工芸もまた、インバウンド需要の高まりが期待される産業のひとつです。

経済産業省は、観光振興による地域活性化には伝統工芸品やアニメなどの「クールジャパン資源」の活用が重要であると報告しています。かねてより日本の「ものづくり」の技術は世界的に高く評価されており、伝統工芸品は日本のものづくり技術の象徴とも言えるでしょう。
参照:日用品・伝統的工芸品(METI/経済産業省)

生産額減少や後継者不足が深刻化

クールジャパンをPRするためにも重要視されている伝統工芸品ですが、その一方で深刻な課題に直面しています。それが、「生産額の減少」と「後継者不足」です。では、伝統工芸品の現在の状況について詳しく確認していきましょう。
参照:現状 | 伝統工芸 青山スクエア

伝統工芸品の生産額は減少傾向

まずは、伝統工芸品の生産額の推移から見ていきましょう。伝統的工芸品産業の振興を目的に設立された伝統的工芸品産業振興協会によれば、平成24年の伝統的工芸品の生産額は1,040億円であり、これは昭和58年の5,400億円の5分の1以下となっています。また、伝統的工芸品を生産している企業は、昭和54年の段階で34,043企業、平成24年には13,567企業にまで減少しています。

伝統技術の後継者がいない

また、ライフスタイルや雇用環境の変化、さらには昨今の少子高齢化などの要因によって、伝統工芸品の後継者不足も深刻化しています。上述の伝統的工芸品産業振興協会によれば、昭和54年には288,000人が伝統工芸に従事していたものの、平成24年には69,635人まで減少しています。

ホームページは伝統工芸のPRや人材獲得に効果的

クールジャパン資源として注目を浴びている一方で、生産額の減少や後継者不足が深刻化している伝統的工芸品産業。伝統工芸品の魅力を国内外にPRし、伝統技術の後継者を獲得するためにも有効な手段のひとつがホームページの活用です。ではなぜ、ホームページが伝統工芸品のPRや人材獲得に役立つのでしょうか。

国内外問わず魅力をアピールできる

ホームページの大きな特徴として、地域を限定することなく存在をアピールできる点が挙げられます。日本のものづくり技術の象徴とも言える伝統工芸品は、国内はもちろん海外にもアピールするべきものです。国内外問わずどこからでもアクセスすることができるホームページは、伝統工芸品のPRに非常に適したメディアだと言えるでしょう。

豊富な情報量で伝統を知ってもらえる

ホームページには、知ってもらいたい情報を存分に掲載することが可能です。どんな地域でどのように生まれた工芸品なのか、地域の文化とどのような結び付きがあるのかなど、伝統工芸品に関する詳しい情報を伝えることができます。

伝統工芸品に関する情報を掲載しておくことで、今まで伝統工芸品に触れたことがなかった人たちにも、その魅力を知ってもらえる可能性があるのです。

コストを抑えて情報発信できる

コストを抑えて情報を発信できる点もホームページの特徴です。たとえば、求人誌や求人サイトに情報を掲載する場合には、当然ながらコストが発生します。しかし、ホームページを持っている場合には、半永久的に後継者の募集情報を掲載しておくことができます。

また、求人誌や求人サイトでは、掲載できる情報量も限られてしまいます。上述の通り、ホームページであれば十分に情報を掲載することができるので、より関心を高めやすいと言えるでしょう。

伝統工芸品ホームページを作成するには?

伝統工芸品ホームページを作成するには

では、伝統工芸品のPRや後継者募集のためにホームページを活用する場合、どのように作成すればよいのでしょうか。ホームページといっても、デザインやレイアウト、機能などはさまざまです。ここでは、伝統工芸品のPR・後継者募集に役立つホームページの作成方法のポイントについてご説明します。

テンプレートタイプのホームページは不向き

ホームページ制作会社は、大きく「テンプレートタイプ」と「オーダーメイドタイプ」に分けることができます。「テンプレートタイプ」とは、ホームページ制作会社があらかじめ用意している「型」を利用して制作する方法です。テンプレートタイプは制作工数が少ないため比較的コストを抑えて作成することができるものの、デザインやレイアウト、機能面で細かなこだわりを反映させるのは難しいという特徴があります。

一方で「オーダーメイドタイプ」は、ホームページ制作会社とイメージをすり合わせながら0からホームページを作成していく方法です。デザインやレイアウト、機能面まで細部にわたってこだわることができるので、伝統工芸品の魅力や歴史をアピールするのに適していると言えるでしょう。
関連記事:ホームページのデザイン、オリジナルとテンプレートではどう差がつく?

多言語対応やスマホ対応が可能な制作会社を

また、国内外に日本の伝統工芸品をアピールするためには、「多言語対応」が重要になります。せっかく海外の方が日本の伝統工芸品に興味を持って調べてくれたとしても、日本語がわからなければその魅力を伝えることができません。ホームページ制作会社を選ぶ際には、翻訳機能のオプションを用意しているかどうかもチェックしておくとよいでしょう。

また、世界的にスマートフォンが普及している現在、スマートフォンからの閲覧に対応したホームページがスタンダードとなりつつあります。「レスポンシブWebデザイン」など、スマートフォンからの閲覧に対応できるホームページ制作会社を選ぶことも忘れないようにしましょう。
関連記事:ホームページの翻訳は必要?多言語対応のメリットとは
関連記事:レスポンシブWebデザインとは?メリットやデメリットをチェック!

運用サポートの充実度も重要なポイント

運用サポートが充実しているか否かも、ホームページ制作会社選びのひとつのポイントです。運用サポートが充実しているホームページ制作会社であれば、運用していくなかで困ったときに相談することができたり、運用に手が回らないときに代行サービスを利用することもできます。
関連記事:ホームページ運営は初心者でもできる!サポートが充実した会社を選ぼう

伝統工芸品をホームページでアピールしませんか?

今回は、日本の伝統工芸品に焦点を当てて、その現状や、ホームページを開設することのメリット、制作会社選びのポイントについてご紹介しました。日本のものづくり技術の象徴とも言える伝統工芸品を国内外にアピールするためにも、そして大きな課題となっている後継者の獲得にも、ホームページでの情報発信は非常に効果的だと言えます。今回ご紹介した情報も参考にホームページを作成し、伝統工芸品を広くアピールしてみてはいかがでしょうか。

ホームページシードでは、オリジナルデザインでスマートフォンからの閲覧にも対応したホームページを5万円で作成いたします。多言語対応や運営代行などのオプションも豊富にご用意していますので、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせをいただいた方に「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事