デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

ホームページの画像や文章、自分で用意するためのコツをチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページの画像や文章を自分で用意

ホームページを作成しようと思い立ったものの、「ホームページの文章はどうやって考えるの?」「ホームページの画像には何が必要?」など、疑問を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ホームページ作成のすべてを制作会社に丸投げしてしまうことも可能ですが、自分でホームページの画像や文章を用意することでさまざまなメリットがあります。そこで今回は、ホームページの素材を自分で用意するポイントをご紹介します。これからホームページを作成しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

画像や文章を自分で用意すると大きなメリットが!

まずは、ホームページの写真や文章などの素材を自分で用意することのメリットについて確認してみましょう。自分でホームページを作成する場合を除き、ホームページを作成する際にはホームページ制作会社に依頼するのが一般的です。

ホームページ制作会社にはさまざまな特色があり、すでに用意されているテンプレートの中からデザインを決定していくタイプや、打ち合わせを重ねて1からホームページを作成していくタイプなどがあります。

ホームページの規模や実装する機能などによって値段が上下しますが、自由度の高さからビジネス利用のホームページではオーダーメイドタイプが推奨されています。そして、オーダーメイドタイプのホームページ作成では、画像や文章を自分で用意することでコストを抑えてオリジナリティ溢れるホームページを作成可能です。ま

た、自分で画像や文章を用意することによって、アピールしたい特徴や細かなニュアンスまでこだわることができるのです。これらは、自分でホームページ素材を用意するからこそ得られるメリットだと言えるでしょう。
関連記事:ホームページのデザイン、オリジナルとテンプレートではどう差がつく?

コンセプトを明確にしておくことが重要

コンセプトを明確にしておくことが重要

ホームページの文章や画像を自分で用意することのメリットをお伝えしましたが、どのようにホームページの文章や画像を用意するべきか迷われる方も多いことでしょう。スムーズに文章や画像を用意するためにも、まずはホームページのコンセプトやターゲットを明確にしておくことが大切です。では、ホームページのコンセプトやターゲットを決める際のポイントを確認しておきましょう。

ホームページのコンセプトは完成後にも影響する!?

ホームページ作成では、どんな特徴を打ち出していくのか、どのように他のサイトと差別化を図るのかなど、ホームページのコンセプトを明確にすることが重要です。そのためにも、自社の特徴や強みを分析する必要があります。

また、ホームページを訪れたユーザーにどのような行動を起こしてほしいのかも重要です。あらかじめゴールを決めておくことで、そのために必要な写真や文章も用意しやすくなるでしょう。

コンセプトに迷ってしまう場合には、他のホームページを参考にイメージを固めていくのもおすすめです。同業種のホームページや依頼を検討しているホームページ制作会社の制作実績をチェックしてみると良いでしょう。
関連記事:依頼前にチェック!ホームページ制作会社の実績を見るべき理由とは

詳細なターゲット像(ペルソナ)を設定

コンセプトが定まったら、どんなユーザーをターゲットにしているのかを明確にする必要があります。ターゲットを明確にすることで、どんな画像がユーザーの興味を引きつけることができるのか、ユーザーの知りたい情報は何なのかを想定しやすくなるためです。

ターゲットを考えるときには、「ペルソナ」(具体的かつ象徴的なユーザー像)を設定するのが有効です。年齢や性別といった基本的な情報はもちろんですが、職業やライフスタイル、どういった悩みを抱えているのかなど、詳細なプロフィールを設定することが重要です。

コンセプト・ペルソナが明確になったら、いよいよ画像や文章を作成していきます。

ホームページ画像を用意する際のポイントをチェック!

文章と異なり、視覚から直感的にアピールすることができる画像は、ホームページの第一印象を大きく左右する要素です。ホームページの画像でユーザーの興味を惹き付けることができなければ、せっかくユーザーが訪れてもすぐに離脱してしまうかもしれません。反対に、魅力的な画像でユーザーを惹き付けることができれば、より意欲的にホームページを見てくれる可能性が高まるのです。
関連記事:ホームページに必要な画像と撮影のポイント

ホームページにはどんな画像が必要?

ホームページに必要な画像には、どんな種類があるのでしょうか。最低限用意しておきたい画像としては、ホームページの顔とも言える「トップ画像」や、商品やサービスの魅力を伝えるための「商品・サービス画像」、人柄や社風を伝えるための「代表者・スタッフ画像」などがあります。また、店舗用のホームページであれば、実際の店舗の様子をイメージしてもらうための「内観・外観画像」も用意するべきだと言えます。

ひと目見て魅力が伝わる画像を

では、ユーザーの興味を惹き付ける画像とはどんな画像なのでしょうか。ここで大切になるのが、あらかじめ決めておいたコンセプトです。明確にしておいた強みやアピールポイントを魅力的に伝えるためにはどうすればよいのかを念頭に置いて画像を撮影しましょう。

具体的なポイントとしては、以下の点を意識すると良いでしょう。

  • ・明るく鮮明な画像を撮影するためにも、照明機材を使用したり日中に撮影を行う
  • ・人物画像では、人柄を知ってもらうためにも気張らずリラックスした表情を撮影する
  • ・画像を目立たせるためにも、ホームページの背景色を意識する
  • ・さまざまな距離・アングルから撮影し、より魅力的な部分を引き出す

ホームページの文章を書くときのポイント

ホームページの文章を書くときのポイント

次に、ホームページの文章についてご説明していきます。いくら魅力的な画像をホームページに掲載していても、文章で具体的な情報を伝えることができなければ、ユーザーの行動を促すこと、つまりホームページの「ゴール」に導くことはできません。では、ホームページの文章を書くときにはどういったポイントを意識すればよいのでしょうか。

ユーザーが知りたい情報をわかりやすく

ホームページの文章を書くときは、ターゲット目線を意識することが重要です。ターゲットが「どんな情報を求めているのか」「どういった部分に関心を寄せるのか」をよく吟味しながら、ターゲットにあった文体で文章を書いていく必要があります。

文章作成に悩んだときには、営業時のセールストークを思い出してみると良いでしょう。普段どんな言葉でお客様の関心を高めているのか、お客様はどんな情報に興味を示すことが多いのか振り返りながら文章にしていきましょう。

SEOキーワードも意識

ホームページの文章では、SEOを意識したキーワードを含めることも忘れてはいけません。SEOとは、ユーザーがキーワード検索した際、検索結果の上位に表示させるための施策です。検索結果にホームページを表示させるためには、ターゲットユーザーが調べそうなキーワードを文章内に含める必要があります。「どんなキーワードで検索するか」を、設定したターゲットの立場になって考え、キーワードを選定しましょう。

また、キーワードを文章中のどこに含めるかも重要なポイントです。タイトルや見出し、本文のいずれにおいても、文章の前方にキーワードを配置すると、ユーザーからも検索エンジンからも認識してもらいやすくなります。もちろん、自然で分かりやすい文章であることが前提ですので、不自然にキーワードを詰め込まないよう注意しましょう。

以下の記事では、キーワードの剪定方法や配置のポイントを詳しくご説明しています。あわせてご確認ください。
関連記事:キーワードの選定・配置のポイントは?

自分で素材を用意して納得の行くホームページを

今回は、ホームページの画像や文章を自分で用意する際のポイントをご紹介しました。自分で用意できる部分とプロフェッショナルに任せる部分を分担することで、こだわりが反映されたホームページを低コストで作成することが可能です。今回ご紹介した情報も参考に、自分でホームページの文章・画像を用意してみてはいかがでしょうか。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事