デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

「ホームページ」と「ウェブサイト」は同じ?それとも別のもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページとウェブサイトの違いは?

突然ですが、「ホームページ」と「ウェブサイト」の違いについてご存知でしょうか。普段当たり前のように耳にする言葉ですが、「明確な違いはわからない」という方も少なくないのではないでしょうか。

じつは、ホームページやウェブサイトは、本来別々の意味をもつインターネット用語です。こちらの記事では、今さら聞けない「ホームページ」と「ウェブサイト」など、インターネットに関わる基本用語について解説していきます。

これからホームページを作成しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。また、以下の記事では、ホームページ作成にまつわる基礎知識をご紹介しています。合わせてご確認ください。

関連記事:ホームページ作成でよく使う用語集
関連記事:ホームページ作成でよくある失敗パターンをチェックしよう!
関連記事:ホームページ作成で重要な3つのポイント。作成方法の選び方や運用費用についてもご紹介

目次

ホームページ作成では知らない用語が沢山

ホームページを作ろうと色々調べたものの、知らない用語ばかりで心が折れそうになってはいませんか?たしかに、ホームページ作成時にはさまざまな用語が登場するため、混乱してしまうのも無理はありません。

さらに、制作会社を探そうとインターネットで検索すると「ホームページ制作」や「ウェブサイト制作」が出てくるため、「自分が作りたいのはホームページ?それともウェブサイト?」と迷ってしまう人もなかにはいらっしゃるかもしれません。

では、ウェブサイトやウェブページ、そしてホームページとは一体どういったものなのでしょうか。

ウェブページやウェブサイトって何?

ウェブサイトって何?

まずは、「ウェブページ(Webページ)」や「ウェブサイト(Webサイト)」とは何かを確認してみましょう。似たような言葉ではありますが、その意味や用途は異なります。では、ウェブページとウェブサイトの違いについて確認していきましょう。

ウェブページは画面上に表示されている1枚のページ

ウェブページとは、パソコンやスマートフォンでインターネットをしている際、画面上に表示されている1枚のページのことです。つまり、今あなたが見ているこのページもウェブページだと言えます。

たとえば、ブラウザを開いて最初に出てくる「Google」や「Yahoo」などのページも、検索して出てきたページも、URL(※)をクリックして出てくるページもすべて、ウェブページなのです。
※「https」や「http」、「www」などで示される、ウェブページの住所のような役割を持つ文字列

ウェブサイトはウェブページがまとまったもの

ウェブサイトとは複数のウェブページがまとまったものであり、今あなたが見ているこのウェブページもまた、当社(ホームページシード)が運営しているウェブサイトの1ページです。

たとえば、「雑誌」をイメージするとわかりやすいかもしれません。つまり、今あなたが見ているこのウェブサイトには表紙(トップページ)があり、「サービス」や「制作実績」などのさまざまなコーナーがあり、「お役立ち情報」というコーナーの『「ホームページ」と「ウェブサイト」は同じ?それとも別のもの?』というページを開いている状態です。

「ウェッブ」や「ウェップ」と呼ぶ人も

ちなみに、ウェブページやウェブサイトのことを、「ウェッブサイト」や「ウェップページ」と呼ぶ人もいるようです。「ウェブ」はそもそも、クモの巣を意味する英単語の「Web」ですが、これを日本語として読む際の発音の違いだと考えられます。どちらが正しいということはありませんが、一般的にはやはり「ウェブ」と発音されています。

ホームページってどんなもの?

ホームページって何?

では次に、ホームページとはどのようなものかを説明していきます。じつは、ホームページという言葉は当初とは異なる意味・用法でも使われるようになりました。そして、ウェブページとウェブサイトが異なる意味を持っているのに対し、ホームページは意味や用途が非常に曖昧になっています。では、ホームページとは何を指すのかについて確認してみましょう。

本来はブラウザを開いた最初のページ

ホームページは当初、ブラウザを開いて最初に表示されるウェブページを指していました。

ブラウザを開いた際の最初のページは自由に設定することが可能ですが、「Yahoo!」や「msn」などのウェブサイトが初期設定となっていることが一般的です。そして、本来はブラウザの最初のページを意味していたホームページは、次第にウェブサイトのトップページを指すようになりました。

ホームページの意味はさらに変化

「ブラウザを開いて最初に表示されるページ」という当初の意味から、「ウェブサイトのトップページ」を指すようになったホームページ。その意味はさらに派生を続け、ホームページはより広い意味で使用されるようになりました。本来の意味であるブラウザを開いて最初に表示されるページはもちろん、現在はウェブサイト全般がホームページと呼ばれています。では、ウェブサイトとホームページは、本来の意味を意識して使い分けるべきなのでしょうか。

結局、ホームページとウェブサイトは別物なの?

さて、ここまでは、ウェブページやウェブサイト、ホームページの本来の意味についてご説明してきました。現在、本来の意味とは異なる使われ方をしているホームページですが、それが間違っているのかと言えばそういうわけでもないのです。

基本的には「ホームページ」=「ウェブページ」の認識でOK

ウェブサイト全般をホームページと呼ぶことが定着した日本において、基本的には「ホームページ」=「ウェブサイト」という認識で問題ありません。たとえば、企業などのCMにおいても、「ホームページをチェック!」といったフレーズを耳にすることは珍しくありません。本来のホームページの意味であれば間違った使い方ですが、違和感を持つ人はほとんどいないでしょう。事実、インターネット業界の企業でも、ホームページとウェブサイトを厳密に使い分けることは多くありません。

「ウェブサイト制作」や「ホームページ制作」も同様

冒頭の話に戻りますが、「自分が作りたいのはホームページ?それともウェブサイト?」と迷っている方も、どちらも同じものと考えて問題ないと言えます。「ホームページ制作」も「ウェブサイト制作」も、基本的にはどちらも複数のウェブページがまとまったものを制作するサービスですので、その違いについて深く考える必要はないでしょう。

以下の記事ではホームページ(ウェブサイト)制作会社を選ぶ際のポイントについてご紹介しています。合わせてご確認ください。
関連記事:依頼前にチェック!ホームページ制作会社の実績を見るべき理由とは

ホームページ・ウェブサイト制作に踏み出そう!

今回は、ホームページやウェブサイト、ウェブページなど、今さら聞けないインターネット用語の意味について紹介してきました。今では、ホームページもウェブサイトも、ほとんど区別されることなく同じような意味で使用されていますので、あまり深く考える必要はないと言えます。

ホームページシードでは、初心者の方にもわかりやすく親切にホームページ・ウェブサイト作成のサポートを行っています。作成後のサポート・オプションも充実させているので、専門知識がなくても安心です。これからホームページ・ウェブサイトを作りたいと考えている方は、ぜひホームページシードにご相談ください。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事