ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

積極的な情報発信がカギ!農業人材獲得にホームページの活用を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

農業の人材獲得にホームページを活用

少子高齢化が進む現代の日本において、人手不足に悩む業界は少なくありません。そして、わたしたちの食卓を支える農業も人手不足に直面している産業のひとつです。こちらの記事では、人材獲得に有効な施策のひとつとして、ホームページの活用についてご紹介します。人材確保がうまくいかないと頭を抱えている農業関係者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

深刻な労働力不足に直面している農業

労働力不足に直面している農業

まずは、農業人口の現状について確認してみましょう。農林水産省が公表している農業構造動態調査によれば、平成29年の農業就業人口は181万6千人であり、平成22年の260万6千人から69万人近くが減少していることがわかります。

また、就農者の平均年齢を見てみると、66.7際となっており、少子高齢化の影響が如実にあらわれていることもうかがえます。団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する2025年を控え、就農者のさらなる高齢化および労働力不足が懸念されているのです。
参照:農業構造動態調査:農林水産省

一方、新たに農業に従事したいと考えている人は減少しているわけではありません。農林水産省が実施した新規就農者調査によれば、新たに農業経営を開始した「新規参入者」は平成28年には3.4万人となっており、平成25年の2.9万人から約5万人増加しています。さらに、新たに農業に従事することになった「新規雇用就農者」は平成25年の7.5万人から、平成28年には10.7万人まで増加しています。
参照:農業労働力に関する統計:農林水産省

農業ホームページが人材獲得に適している理由

まずは、農業人口の現状について確認してみましょう。農林水産省が公表している農業構造動態調査によれば、平成29年の農業就業人口は181万6千人であり、平成22年の260万6千人から69万人近くが減少していることがわかります。

また、就農者の平均年齢を見てみると、66.7際となっており、少子高齢化の影響が如実にあらわれていることもうかがえます。団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する2025年を控え、就農者のさらなる高齢化および労働力不足が懸念されているのです。
参照:農業構造動態調査:農林水産省

一方、新たに農業に従事したいと考えている人は減少しているわけではありません。農林水産省が実施した新規就農者調査によれば、新たに農業経営を開始した「新規参入者」は平成28年には3.4万人となっており、平成25年の2.9万人から約5万人増加しています。さらに、新たに農業に従事することになった「新規雇用就農者」は平成25年の7.5万人から、平成28年には10.7万人まで増加しています。
参照:農業労働力に関する統計:農林水産省

農業ホームページで求人を行うポイントは?

では、農業人材の募集にホームページを活用する際には、どのようなポイントを意識すればよいのでしょうか。次は、農業ホームページで求人を行う際のポイントをご紹介していきます。

詳しい情報で理解を深めてもらうことが重要

人材を獲得するためにも、まずは農業について詳しく知ってもらう必要があります。どういった作物を生産しているのか、作った作物はどのように流通しているのかといった情報はもちろんですが、やりがいや農業にかける想いをしっかりとアピールすることが大切です。

同時に、農業の大変さについてもしっかりと説明することも重要です。年間・1日のスケジュール例や具体的な作業内容を理解してもらうことで、雇用後のミスマッチ防止にもつながります。

働く姿をイメージさせる工夫を

また、農業への意欲を高めるためにも、実際に働く姿をイメージしてもらうことも重要です。イメージを明確にしてもらうには、写真や動画の活用が効果的です。文章だけでは伝わらないニュアンスも、視覚的にアピールすることでより伝わりやすくなるのです。

とくに動画コンテンツは情報量が多く、よりリアルな雰囲気を表現するのに役立ちます。以下の記事では、動画活用のポイントやメリットについて詳しくご説明しています。合わせてご確認ください。
関連記事:動画コンテンツの魅力って?ビジネスに活用するメリット

ブログコンテンツも効果的

また、ブログコンテンツの更新もおすすめです。栽培・収穫の様子など、日々の出来事を定期的に発信することによって接点が増え、農業に対する関心や親近感を得ることにもつながります。

また、ブログが蓄積されていくことでSEOが強化されていき、ホームページを見つけてもらいやすくなります。以下の記事では、ブログでSEOを強化する際のポイントについて紹介しています。合わせてご確認ください。
関連記事:SEOに強いブログの書き方は?基本ポイントをチェック!

SNSとの併用も有効な方法!

SNSとの併用も有効

先述の「農業の働き方改革検討会」では、ホームページと同じようにSNSによる情報発信も推奨されています。また、ホームページとSNSは親和性が高く、併用することで求人の効果をさらに高めることも可能です。では、SNSが人材獲得に適している理由や活用のポイントについて見ていきましょう。

求人情報を知ってもらうチャンスが増える

スマートフォンが普及した現在、SNSでは気軽に情報発信・収集できるツールとして多くの人々に利用されています。また、SNSは情報の拡散性に長けており、発信した情報が爆発的にシェアされる可能性もあるのです。

つまり、ホームページだけでなくSNSでも情報を発信することで、人材募集していることを知ってもらえるチャンスを増やすことができます。

より気軽に農業に触れてもらえる

SNSの大きな特徴のひとつに、情報発信の手軽さを挙げることができます。ホームページのコンテンツを更新するよりも簡単に、その時その瞬間に伝えたいことを即座に発信することが可能です。

手軽に情報を発信できるということは、ユーザーの目に触れる機会を増やしやすいとも言えます。フォロワーとの接点を増やすことで、農業に対する理解・関心を深めることにもつながります。

双方向のコミュニケーションが可能

また、SNSは情報を一方的に発信するだけでなく、双方向のコミュニケーションツールとしての性質もあります。たとえば、問い合わせフォームや電話で求人情報について質問するのは敷居が高いと感じる人であっても、SNSであれば気軽に質問してもらえる可能性があるのです。また、SNS上でお互いにコミュニケーションを取り合うことで親近感・信頼感を感じてもらいやすく、就業意欲の向上にもつながります。

積極的な情報発信で人材獲得を目指しましょう!

今回は、農業における求人募集の手段として、ホームページの活用についてご説明しました。地域を問わず、低コストで豊富な情報を掲載することができるホームページは、求人に適したメディアだと言えます。また、SNSと併用することによって、さらにその効果を高めることも可能です。

今回ご紹介した情報も参考に、人材獲得にホームページを活用してみてはいかがでしょうか。

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事