デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

ホームページ作成でよくある失敗パターンをチェックしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある失敗パターン

インターネットでの情報発信が当たり前となった現在、多くの企業がホームページを開設してビジネスに役立てています。まだホームページを開設していない方のなかにも、これからホームページを開設しようと考えている方は多いことでしょう。

こちらの記事では、ホームページのよくある失敗例とともに、ホームページ作成時のアドバイスをご紹介しています。これからホームページを作成するという方は、ぜひ参考になさってください。

目次

失敗パターンをチェックしておこう

ホームページを開設したものの、「なかなか成果が出ない」「想像していたデザインと違う」「予想以上にコストがかさんでしまった」など、理想とは異なる結果になってしまう方も少なくありません。

そういった事態を避けるためにも、事前にホームページ作成の失敗パターンを知っておくのは有効な手段だと言えるでしょう。ここでは、「ホームページ開設の目的」「デザイン」「制作・運用コスト」にまつわる3つの失敗パターンに分けてご紹介していきます。

ホームページ開設の目的にまつわる失敗パターン

ホームページ作成のよくある失敗パターンとして、目的を明確にしないまま開設してしまうケースが挙げられます。「他社も開設しているから」「なんとなく役に立ちそう」など、特に明確な目的がないままホームページを開設してしまうと、「役に立たないホームページ」になってしまう可能性が高いのです。では、具体的にどういった失敗が考えられるのでしょうか。

何を伝えたいのか分からないホームページに

目的が明確でないままホームページを作成した場合、「結局何を伝えたいのか分からない」といった印象のホームページになってしまいます。通常、ホームページを作成する際には、「資料請求」や「商品・サービスの購入」などの目的(コンバージョンポイント)を設定します。そして、そのコンバージョンを達成するためのターゲットを設定し、コンバージョンへと導くためのコンテンツを用意していくのが一般的です。

つまり、目的が明確でないホームページの場合、ターゲットやコンテンツを定めることもできないため、「誰のためのホームページなのか分からない」「何を伝えたいホームページなのか分からない」といった印象に与えてしまうのです。

集客力の改善が難しくなる場合も

また、目的が明確でないホームページは、集客の面でも不利になってしまう可能性があります。すでにお伝えした通り、目的が定かでなければ明確なターゲットを設定することができません。つまり、ターゲットを意識したSEO対策(検索エンジン最適化)にも取り組むことができないのです。

多くの人にホームページへと訪れてもらうためには、検索結果の上位表示は必要不可欠といっても過言ではありません。なぜなら、インターネットユーザーのほとんどは、検索エンジンでキーワード検索を行って情報を探すためです。目的が明確でないホームページでは、集客力を向上させるのが難しいと言えるでしょう。

デザインにまつわる失敗パターン

デザインの失敗

次に、ホームページのデザインに関する失敗パターンについてご紹介します。ホームページのデザインは、ユーザーに与える印象に大きく関わる要素です。デザインで失敗してしまわないためにも、失敗パターンを確認してみましょう。

オリジナリティのないデザイン

ホームページのデザインで注意したいのが、無料のホームページ作成サービスやテンプレート利用のホームページ作成サービスです。これらのサービスは、コストを抑えてホームページを作成することができるというメリットがある一方で、ほかのサイトと似通ったオリジナリティのないデザインになってしまうケースが少なくありません。

特にビジネスにホームページを活用する場合には、チープなデザインが信頼感やプロフェッショナルな印象を損ねてしまう原因にもなりかねません。

デザインにこだわった分だけ成果が出るわけでもない

一方で、デザインにこだわればこだわった分だけ優れたホームページになるというわけでもありません。もちろん、魅力的なデザインはユーザーに好印象を与え、企業や商品・サービスへの関心を高めてくれる可能性は高いと言えるでしょう。

しかし最も大切なことは、ユーザーが求めている情報、あるいはユーザーにアピールしたい情報を分かりやすく伝えることです。どんなにデザインが良くても、「どこに何があるのか分からないようなホームページでは、効率良くコンバージョンへと誘導するのは難しいと言えるでしょう。

制作・運用コストにまつわる失敗パターン

次は、制作・運用コストにまつわる失敗パターンについてご紹介します。事前に注意するべきポイントを確認しておくことで、「自力で作成したけど結局作り直し...」「たくさん費用をかけたのに役に立たない...」といった失敗を避けることができます。

自力でホームページ作成は失敗しやすい?

費用をかけたくないからと言って、知識もないのにホームページを自作するのは危険だと言えます。何も知識のない状態からホームページを作り上げるのには多くの時間と労力を要するだけでなく、デザインやユーザーの使い勝手、SEO対策が不十分なホームページとなってしまう可能性が高いのです。

時間・労力を浪費してから、結局コストをかけてホームページを作り直すといった事態を防ぐためにも、専門的な知識がない場合には制作会社へと依頼するのが無難だと言えるでしょう。

制作費用に見合った成果が得られない場合も

一方で、制作会社に依頼する場合にも注意したいポイントは存在します。オーダーメイドでホームページを作成する制作会社の場合、基本的にコストをかければ注文通りのホームページが期待できます。しかし、あれもこれもとさまざまな機能・ページを作成しても、費用だけが膨れ上がってしまい、それに見合った成果が得られないというケースもあります。

そういった事態を避けるためにも、あらかじめどういったページ・機能が必要になるのかを明確にして、まずは必要最小限の注文に抑えるのが得策だと言えるでしょう。

更新費用がかさんでしまうパターンも

ホームページの制作時だけでなく、開設後のコストにおいても失敗パターンは存在します。ホームページは「作成してそこで終わり」というものではなく、定期的に情報を更新していく必要があります。その更新作業をすべて外部に委託するとなると、大きなコストがかかってしまう場合があるのです。

そのため、ホームページ開設後のコストを抑えるには、自分でできる範囲は自分で更新することが大切なのです。制作会社に依頼する前に、自分でホームページを更新することができる「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」が用意されているかどうかをチェックするようにしましょう。

以下の記事では、自分でホームページを更新することのメリットやCMSについてご紹介しています。あわせてご確認ください。
参照:ホームページは自分で更新できるかも重要!費用を上手に抑えよう

失敗パターンから学び、役に立つホームページ作成を

失敗パターンから学ぼう

今回は、ホームページ作成でよくある失敗パターンや失敗しないためのポイントについてご紹介しました。事前にホームページ作成の失敗パターンを知っておくで、コストや労力を抑えながら、役に立つホームページを作成することができます。

これからホームページを作成するという方は、今回ご紹介した情報も参考にホームページ作成を成功させましょう。

お問い合わせをいただいた方に「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事