ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

ホームページに必要な画像と撮影のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページの画像

ホームページに掲載する画像は、デザインやコンテンツの内容と同様に、ビジネスをアピールする上で重要な要素です。商品やサービスの魅力、あるいはブランドイメージをユーザーに的確に伝えるためにも、ホームページに掲載する画像にはこだわる必要があります。

こちらの記事では、ホームページに必要な画像や撮影のポイントについてご紹介しています。これからホームページを作成する方も、すでにホームページを運用している方も、ぜひ御覧ください。

目次

ホームページは画像が重要

インターネットが普及した現在、多くの企業や店舗、個人事業主の方がホームページを開設してビジネスに活用しています。ホームページを利用してビジネスをアピールする際、デザイン・レイアウトやコンテンツの内容と同様に、掲載する画像も重要な役割を果たします。

効果的に画像を掲載することで、テキストだけでは伝わらない情報を視覚からアピールすることができ、より具体的にビジネスの魅力を伝えることができます。

では、ホームページに必要な画像や、撮影の際のポイントについて確認してみましょう。

ホームページに必要な画像は?

ビジネスの魅力をより具体的にイメージしてもらうためにも画像が重要なことはわかりましたが、具体的にどういった画像がホームページには必要になるのでしょうか。ホームページ作成時に画像が不足しないように、事前に必要な画像の種類を確認しておきましょう。

トップページの画像

ホームページ内で特にこだわりたい画像として、トップページの画像があります。トップページは、ホームページを訪れたユーザーが最初に目にするページなので、ビジネスの内容や特徴、アピールポイントがひと目で分かる画像を載せることが重要です。

企業ホームページの場合は提供している商品やサービスの画像を、飲食店であれば店内の様子や看板メニューの画像など、アピールしたい部分を強調した画像を用意しましょう。

商品・サービス画像

会社や店舗で提供している商品・サービスの画像もまた、ビジネスをアピールする上で欠かせない画像です。他にはない特徴やこだわりが伝わる画像を掲載することで、文章だけで説明するよりも具体的にメリットを感じてもらうことができます。

また、複数の画像を用意することで、商品のディティールにも注目してもらうことができます。ユーザーの気になる部分にフォーカスした画像を掲載して、細かな部分まで魅力をアピールしましょう。

内観・外観

会社案内・店舗案内のページに掲載するための内観・外観画像も重要です。内観・外観画像を掲載することによって、どんな会社・お店なのかを伝えることができます。特に店舗の場合、訪れたことがないお店に足を運ぶのは少々敷居が高いものです。

内観・外観画像を掲載しておくことで、初めて行くお店であっても事前に雰囲気をイメージすることができ、来店の後押しにもつながります。

社長・店長のプロフィール画像

社長や店長のプロフィール画像の掲載も重要です。インターネットを通じて会社やお店の存在を知った場合、「どんな人が経営している会社なんだろう」「どんな人のお店なんだろう」といった疑問を抱くユーザーは少なくありません。そんなユーザーの疑問を解消するためにも、会社や店舗の代表者の「人となり」が伝わる画像を用意しましょう。

撮影の際に意識したいポイント

撮影のポイント

ホームページに掲載する画像は、いくつかのポイントを意識することで、見栄えのいい魅力的な画像を撮影することができます。つぎは、ホームページに掲載する画像を撮影する際に覚えておきたいポイントについて見てみましょう。

明るい場所で撮影

まず、撮影を行う場所の明るさを意識しましょう。撮影用の特別な照明機材を持ち合わせていない場合、上手に自然光を取り入れることが重要です。建物の外観を撮影する際には、晴れた日の正午過ぎがベストタイミングだと言えます。また、店内の様子を撮影するタイミングも、自然光が差し込む正午過ぎが撮影に適した時間帯です。

人物画像は人柄が伝わる画像を

人物画像を撮影するときは、人柄が伝わる自然な画像を心がけましょう。こわばった表情のプロフィール画像では、ユーザーに緊張感が伝わってしまいます。できるだけ和やかな表情を撮影できるように、あまり気張らずリラックスして撮影に臨みましょう。

対象物を目立たせる

対象物を目立たせるためにも、背景に余計なものが写り込まないように注意しましょう。背景が雑多だと、どこに注目すればいいのか分からず、アピールしたい部分が目立たなくなってしまいます。

また、商品を撮影するときには、白い紙や布を背景に利用すると良いでしょう。この際に、紙や布に適度なカーブをつけておくことで、背景に影や段差ができるのを防ぐことができます。

反対色を意識するのも◎

商品を撮影するときには、反対色を利用するのもおすすめです。反対色とは、色相環と呼ばれるカラーマップで反対側に位置する色を指します。反対色の小物とともに商品を撮影することで、商品自体の色彩を一層際立てることができます。

さまざまな角度から撮影

一定の角度からではなく、さまざまな角度・距離から撮影しておきましょう。できるだけ多くの画像を撮影しておくことで、あとで素材が不足してしまうのを防ぐことができるだけでなく、対象物をより魅力的に見せる方法を発見できるかもしれません。さまざまな角度・距離から、試行錯誤しながら撮影してみましょう。

プロカメラマンへの依頼もアリ

カメラマンへの依頼

ホームページに掲載する画像の撮影をプロのカメラマンに依頼するのもひとつの方法です。ホームページ制作会社のなかにはプロカメラマンの派遣サービスを提供しているところもあるので、必要に応じて依頼を検討してみると良いでしょう。では、プロカメラマンに撮影を依頼することのメリットやポイントを見てみましょう。

プロカメラマンに依頼することのメリットとは

プロのカメラマンに撮影を依頼することで、どのようなメリットが考えられるでしょうか。最も大きなメリットとして、画像のクオリティが高いという点が挙げられます。

画像のクオリティが高いということは、アピールポイントをより鮮明に伝えることができるだけでなく、プロフェッショナルな印象を与えることにもつながります。また、第三者ならではの視点から、新たな魅力を発見できるかもしれません。

一部の画像をプロカメラマンに依頼するのも一策

「プロカメラマンに撮影を依頼したいけど、費用はできるだけ抑えたい」という場合には、ホームページに掲載するすべての画像の撮影を依頼するのではなく、トップページの画像や商品画像など、重要度の高い画像の撮影だけを依頼するのも良いでしょう。

プロカメラマンの派遣サービスでは、撮影枚数や撮影時間で料金が決まる場合が多いので、優先的に撮影してほしい画像を事前に決めておくことで、無駄なく撮影してもらうことができます。

ホームページの画像でビジネスをアピールしよう

今回は、ホームページに必要な画像と撮影のポイントについての情報をお届けしました。ビジネスをより効果的にアピールするために、ホームページの画像は重要です。

また、近年では、ホームページの画像や原稿といった素材を自分で用意することで、低価格でオリジナリティのあるホームページを制作できるサービスも存在します。今回ご紹介した情報も参考に、ビジネスの魅力が伝わるホームページを目指しましょう。

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事