デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

Googleマイビジネスで複数店舗を登録する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複数店舗

インターネット上でビジネスを効果的にアピールすることができるGoogleマイビジネス。すでに多くの会社や店舗がGoogleマイビジネスを活用し、集客力や知名度の向上に役立てています。これからGoogleマイビジネスを本格的に活用しようとしている方のなかには、チェーン展開している場合や複数店舗を運営している場合の登録方法について知りたいという方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、Googleマイビジネスで複数店舗を登録する方法についてご紹介します。複数店舗を運営している場合には、ぜひ参考になさってください。

Googleマイビジネスに興味があり、すぐに活用を検討したい方は、Googleマイビジネス代行サービスもご活用できます。Googleマイビジネスの取り扱い7,000社以上の実績(2017年12月現在)があるEPARKグループに、ご気軽にご相談ください。「Googleマイビジネス代行サービス」の詳細はこちら

目次

Googleマイビジネスは複数店舗の登録が可能

GoogleマイビジネスではひとつのGoogleアカウントで複数店舗を登録することが可能です。ただし、登録の手順は運営する店舗数によって異なります。

数店舗であれば、店舗ごとのビジネス情報をひとつずつ登録していくこともできますが、その数が何十店舗にもなればひとつひとつ登録していくのは現実的とは言えないでしょう。Googleマイビジネスでは、10店舗以上を運営している場合には一括登録することが可能です。

10店舗未満の場合と10店舗以上の場合にわけて、それぞれの手順を詳しく見ていきましょう。

10店舗未満の場合の登録方法

登録方法

運営する店舗の数が10店舗未満の場合、どのように登録していくのでしょうか。結論から言うと、10店舗未満の場合は1店舗ずつ地道に登録していくことになります。まずは、1店舗ずつGoogleマイビジネスに登録していく方法について見てみましょう。

10店舗未満は1店舗ごとに登録

先述のように、Googleマイビジネスに登録したい店舗数が10店舗未満の場合には、1店舗ずつ登録していくことになります。この際、使用するGoogleアカウントは1つで問題ありません。

例えば、3店舗を運営している場合には、3店舗分それぞれビジネスオーナー確認を行う必要があります。とはいえ、10店舗未満の登録であれば、あらかじめ基本情報をまとめておけば大きな手間にはならないでしょう。

1店舗ずつ登録する流れ

では、Googleマイビジネスに1店舗ずつ登録していく流れを確認してみましょう。まずは、Googleマイビジネスの登録画面でビジネス名や住所、業種などの情報を登録していきます。

「このビジネスのオーナーですか」と表示された場合には、すでに自動生成されたページが存在しますので、オーナー確認のページへと進みましょう。表示されなかった場合には引き続き必要情報を入力していき、オーナー確認へと進みます。

オーナー確認は、基本的にハガキで確認コードが送られてきますので、手元に届き次第Googleマイビジネスの登録画面で確認コードを入力すれば登録完了です。

登録の手順については以下の記事でもご紹介しています。
参照:Googleマイビジネスのメリットを知って活用しよう!

10店舗以上を一括登録するための準備

運営している店舗の数が10以上になれば、1店舗ずつ登録していくのは大きな労力をなってしまいます。10店舗以上を一括登録・編集を行うためには2つの下準備が必要です。ここでは、「ウェブサイトと同じドメインのアドレスでGoogleアカウントを作成する方法」と「Googleマイビジネス内でビジネスアカウントを取得する方法」を説明します。

ウェブサイトと同じドメインのアドレスからGoogleアカウントを作成

10店舗以上を一括登録するには、プライベートのメールアドレスではなく、会社や店舗のウェブサイトと同じドメインのメールアドレスからGoogleアカウントを作成する必要があります。

ドメインとは、「http://○○○.com」の「○○○.com」の部分を指します。Googleアカウントの作成画面で、「現在のメールアドレスを使用する」を選択して、会社や店舗のウェブサイトと同じドメインのメールアドレスを使用しましょう。

Googleマイビジネス内でビジネスアカウントを作成

Googleマイビジネスで10店舗以上の登録を一括で行う場合には、Googleマイビジネス内の「ビジネスアカウント」を作成する必要があります。ビジネスアカウントとは、Googleマイビジネスを複数人で管理・運営するためのアカウントです。

ウェブサイトと同じドメインのメールアドレスで登録したGoogleマイビジネスにログインしたら、画面左上、「Googleマイビジネス」の左側にある三本線をクリックします。すると、「ビジネスアカウントを作成」の表示が現れますのでクリックします。そこで、ビジネスアカウント名を50文字以内で設定すれば、作成完了です。

複数店舗(10店舗以上)を一括登録する方法

スプレッドシート

「ウェブサイトと同じドメインでGoogleアカウント作成」と「ビジネスアカウントの作成」が完了したら、10店舗以上のビジネス情報を一括で登録する準備は整いました。次に、複数店舗のビジネス情報を一括登録して、オーナー確認するまでの流れをご紹介します。

Googleマイビジネスからテンプレートを取得

Googleマイビジネスで複数店舗を一括登録する場合、Googleマイビジネス内で取得できるテンプレートに複数店舗のビジネス情報を入力してアップロードします。Googleマイビジネスにログイン後、画面右下にある「+」のボタンをクリックします。

次に、「ファイルからビジネス情報をインポート」という表示が現れるので、クリックして進みましょう。「テンプレートをダウンロード」をクリックすると、複数店舗のビジネス情報を入力するためのテンプレートをダウンロードすることが可能です。

入力したテンプレートをGoogleマイビジネスにアップロード

テンプレートをダウンロードしたら、複数店舗のビジネス情報を入力していきます。入力例が記入されたサンプルスプレッドシートをダウンロードすることも可能なので、参考にしながら必要な情報を入力していきましょう。

テンプレートへの入力が完了したら、Googleマイビジネスにアップロードします。テンプレート取得の際の「ファイルからビジネス情報をインポート」から「ファイルを選択」をクリックして、入力したテンプレートを選択してアップロードします。

テンプレートの入力に不備や不足がある場合には、指摘メッセージが表示されますので、必要に応じて修正して再アップロードしましょう。

複数店舗(10店舗以上)の一括オーナー確認の方法

複数店舗のビジネス情報をアップロードしたら、オーナー確認へと進みます。Googleマイビジネスにログインしたあとの画面で、ビジネス名の横に表示されている「オーナー確認を行う」をクリックします。

「ビジネス情報の管理にはオーナー確認が必要です」と表示されるので、アカウントのビジネス情報の種類から「チェーン」を選択しましょう。すると、一括確認の入力フォームが現れますので、必要な情報を入力して一括オーナー確認のリクエストを送信します。オーナー確認の完了までのかかる期間の目安は1週間ほどです。

一括オーナー確認のリクエスト方法について不明な点がある場合には、以下のページを確認しましょう。
参照:10 件以上のビジネス情報について一括確認をリクエストする - Google マイビジネス ヘルプ

まとめ

今回は、Googleマイビジネスに複数店舗を登録する方法として、10店舗未満の場合と10店舗以上の場合に分けて手順をご紹介しました。

10店舗以上を運営している場合には、ひとつずつビジネス情報を登録するのは大変な労力となってしまいます。一括登録することで、時間や手間の大幅な削減につながることでしょう。今回ご紹介した複数店舗を登録する方法を参考に、Googleマイビジネスに複数店舗のビジネス情報を一括登録してみましょう。

[あわせてお読みください]

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事