デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

ホームページの原稿を自分で作成!覚えておきたいポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページの原稿作成

ホームページを作成したいけれど、多額の費用をかけることはできないし、自分で1からホームページを作成する知識は持っていない、と困っている方も多いのではないでしょうか。企業や店舗、さらには個人で事業を展開している人がホームページを開設してビジネスに活用することが当たり前になった現在、多くのホームページ作成サービスが存在しています。そして、原稿や画像といった素材を自分で用意することで、ビジネスの魅力を十分にアピールできるホームページを低価格で作成できるサービスも登場しています。

今回は、ホームページ作成の費用を抑える1つの方法として、ホームページの原稿を自分で用意することのメリットやポイントについてご紹介します。

目次

素材を用意してホームページ作成を依頼する方法

依頼方法

冒頭でも触れたとおり、近年ではホームページの原稿や画像といった素材を自分で用意することで、低価格でホームページを作成できるサービスがあります。こういったサービスを利用する場合、自分で原稿や画像といった素材を用意して制作会社と打ち合わせを行います。すべてを制作会社に丸投げするのではなく、用意できるものは自分で用意するというのがポイントです。そのため、コンセプトや製品・サービスの特徴を存分にアピールすることができ、なおかつ業種に特化したオリジナリティのあるデザインのホームページを低価格で作成することができるのです。

それでは、自分でホームページ原稿を用意するポイントやメリット・デメリットについてご紹介していきます。

ホームページ原稿で重視するべきポイント

ホームページの原稿には、重視するべきポイントが2つあります。1つめは、会社や店舗、ビジネスの魅力を十分にアピールできる原稿であるということ。そして2つめは、SEOを意識した原稿であるということです。それぞれのポイントが重要な理由について確認しておきましょう。

ビジネスの魅力をアピールする

ホームページの原稿で最も大切なことは、アピールポイントが十分に伝わる内容かどうかです。ホームページを開設して多くの人に訪れてもらっても、魅力を伝えることができなければ製品・サービスの販売や問い合わせの獲得、来店につなげることは難しいといえるでしょう。製品・サービスやビジネスそのものをより魅力的にアピールするためにはどうすればいいのか、アピールポイントやターゲットのニーズを明確にして、ユーザー目線に立って原稿を作成することが重要です。

SEOを意識した原稿作成

もうひとつ重要なポイントとして、SEOを意識した原稿になっているかどうかも挙げることができます。いくら魅力が伝わるホームページでも、SEO対策が不十分であれば検索結果の上位に表示させることは難しいといえるでしょう。ホームページを訪れるユーザーの多くは、キーワード検索によって流入してきます。つまり、SEOを意識していなければ、多くの人にホームページの存在をアピールすることが難しいのです。ホームページを開設してビジネスに活用するのであれば、アピールポイントが伝わる文章で、なおかつSEOも意識した原稿作りが必要だといえるでしょう。

自分でホームページ原稿を作成するメリット・デメリット

では、ホームページの原稿を自分で作成する場合、どういったメリットやデメリットが考えられるのでしょうか。ここでは、ホームページ原稿を業者に頼らず自分で作成する場合のメリット・デメリットと、覚えておきたいポイントについてご紹介します。

コストを抑えることができる

ホームページ原稿を自分で作成するメリットのひとつに、コストの節約になるという点を挙げることができます。業者に依頼せずに1から原稿を作成するため、基本的にはコストが発生しません。できるだけコストを抑えてホームページ作成したいのであれば、自分で原稿を作成するのは有力な選択肢になるでしょう。

会社の魅力を存分に伝えることができる

ビジネスの内容や店舗の魅力を存分にアピールできるという点も、自分で原稿を作成することのメリットだといえるでしょう。コンセプトやアピールポイント、どういった製品・サービスを扱っているのかなどは、自分が一番良くわかっているはずです。原稿を作成する際には、普段の営業でどのように魅力をアピールしているのかを意識しながら原稿を作成すると良いでしょう。

慣れない作業は労力がかかる

魅力を存分にアピールできる点やコストの節約などのメリットがある一方で、普段の業務とは異なる慣れない作業は、それなりの労力がかかるということも認識しておく必要があります。特に、個人あるいは少人数で営業している場合には、普段の業務と並行して原稿作成に取り組まなければならないので、時間と労力を確保できるかどうかを事前に確認しておく必要があります。また、原稿作成に取り掛かるまえに、SEOの基本的な知識を確認しておく必要があるということも覚えておきましょう。

業者(ライター)に依頼することのメリット・デメリット

メリット・デメリット

次に、原稿作成を外部の業者やライターに依頼する場合のメリットやデメリットについても確認しておきましょう。自分で原稿を作成する場合との違いや、外部に依頼して原稿を作成する際にするときに覚えておきたいポイントについてご紹介します。

SEOライティングのノウハウを持っている

原稿作成を外部の業者やライターに依頼することのメリットとして、SEOライティングのノウハウを持っているという点が挙げられます。先述の通り、より多くのユーザーにホームページの存在をアピールするためには、SEO対策は欠かすことができません。実績豊富な業者やライターに依頼することで、適切なキーワード配置や文章構成など、SEOライティングのノウハウを活かした原稿が期待できるでしょう。

原稿作成にかける労力を軽減できる

外部の業者やライターに依頼することのもうひとつのメリットとして、労力を抑えられる点が挙げられるでしょう。慣れない原稿作成に時間を取られることなく、普段の業務に専念することができます。原稿作成の労力を確保するのが難しい場合には、外部の業者やライターへの依頼も検討すると良いでしょう。とはいえ、原稿作成前の打ち合わせや原稿のチェック・修正などは、より良い原稿に仕上げるためにもしっかりと時間をかけるべきだと認識しておきましょう。

会社の魅力を十分理解してもらう必要がある

外部の業者やライターに原稿作成を依頼する場合、自分で原稿を作成する場合に比べてコンセプトやテーマ、アピールポイントを的確に打ち出すのが難しい場合もあります。原稿を作成するのは外部の人間ですので、アピールしたい細かなニュアンスを表現するためには、事前にしっかりとイメージをすり合わせ、必要に応じて修正を行う必要があると覚えておきましょう。

自分でできる部分を見極めることが大切

今回は、ホームページ原稿を自分で作成する場合と外部の業者やライターに依頼する場合のメリット・デメリットをご紹介しました。どちらも長所・短所が存在しますが、重要なことは自分でできること・できないことを見極めることです。すべてを制作会社におまかせするのではなく、できる範囲は自分で行うことによって、制作コストを抑えつつ、より魅力が伝わるホームページになるのです。自分で原稿を作成するのか、外部業者やライターに依頼するのか、ホームページ作成にかけられる費用や時間、労力を考慮した上で、検討してみると良いでしょう。

今回ご紹介した情報も参考に自分で原稿を用意して、低価格でオリジナリティのあるホームページを作成に取り組んでみてはいかがでしょうか。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事