デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

オウンドメディアの特徴とは?情報を積極的に発信しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オウンドメディア

現在、インターネットを通じたさまざまなマーケティング手法が存在し、多くの企業が積極的にインターネットでの情報発信を行っています。特に近年では、オウンドメディアを開設して情報を発信し、集客や販売促進に取り組む企業は珍しくなくなりました。しかし、オウンドメディアという言葉を聞いたことがあるものの、コーポレートサイトとの違いがいまいちわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

オウンドメディアは理解し、ポイントを押さえて運用することで、多くのメリットを得ることができます。今回は、オウンドメディアとはどういったメディアなのか、そのメリットやデメリット、そして運用のポイントについてご紹介します。

目次

オウンドメディアとは

まずは、オウンドメディアとはどういったものなのかを確認しておきましょう。簡単に言えば、オウンドメディアとは自社で保有している情報メディアのことです。しかし、ただ単にコーポレートサイトを指すのではなく、ブログや読み物系コンテンツ、動画配信など、ユーザーが求めるコンテンツを用意し、自社への関心や理解、製品・サービスの購買意欲を高めることを目的としたメディアを指します。

テレビや雑誌、Web広告など、企業が費用を払って広告を配信するペイドメディアは不特定多数のターゲットに対して突発的に表示させる性質があるのに対し、オウンドメディアはターゲットが自発的に情報を求めて訪れてくるという点が特徴です。

つまりオウンドメディアは、ターゲットにとって有益なコンテンツを蓄積することで、自社に興味のあるユーザーが自然と集まる拠点と言うこともできるでしょう。

オウンドメディアのメリットとは

メディア運用の目的

さて、オウンドメディアがどういったものなのかは分かりましたが、運用することで具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。オウンドメディアは、ユーザーが自ら情報を求めて集まる拠点としての役割をはたすだけでなく、さまざまなメリットがあるのです。ここでは、オウンドメディアを運用することのメリットについてご紹介します。

顧客の育成

オウンドメディアの大きなメリットとして、顧客育成に役立つという点が挙げられます。オウンドメディアの運営では、「自社ページへの新規訪問段階」から、「自社への興味・関心の段階」「他社との比較・検討段階」、「購入段階」まで、ターゲットが自社の顧客になるまでのストーリー戦略を段階に分けて緻密に計画することが重要です。それぞれの段階でターゲットはどんな情報を必要としているのかを考え、ユーザーにとって有益なコンテンツを充実させることで、効率的に自社の顧客へと育成することができるのです。

効果検証が容易

オウンドメディアは従来のペイドメディアに比べて効果を検証しやすいというメリットもあります。Googleアナリティクスをはじめとしたアクセス解析ツールを用いることで、どういったユーザーがページを訪れているのか、どのコンテンツがよく閲覧されているのか、どんなキーワードでたどり着いたのか、どの程度のユーザーがリピートしているのか、といった情報を数値で確認することができます。こういったデータを蓄積していくことで、新たな戦略や施策を計画する際に役立てることができ、さらに効率的に集客増加や顧客育成につながります。

コストの抑制につながる

コストの抑制につながるという点もまた、オウンドメディアのメリットです。従来のペイドメディアの場合、継続的に広告を掲載するとコストが発生し続けます。一方でオウンドメディアの場合、作成したコンテンツは蓄積されていき、半永久的に集客や販売促進に効果を発揮します。つまり、オウンドメディア自体が自社の財産となるのです。また、コンテンツの作成にかける労力や更新頻度は自社でコントロールすることができるので、コストを調整しやすい点もオウンドメディアの特徴だといえるでしょう。

オウンドメディアのデメリット

さまざまなメリットがあるオウンドメディアの運用ですが、デメリットも存在します。オウンドメディアを活用してビジネスに役立てる場合には、メリットだけでなくデメリットについても認識しておく必要があります。ここでは、オウンドメディアのデメリットについて確認しておきましょう。

すぐに効果は期待できない

オウンドメディアのデメリットとして、効果を得るまでにはある程度時間がかかってしまうという点があります。ターゲットにとって役に立つコンテンツを作成して、ユーザーを顧客へと育てることは、一朝一夕では不可能だといえます。ターゲットはどういった情報を求めているのかを分析し、試行錯誤を繰り返しながらコンテンツを充実させていく必要があります。つまり、オウンドメディアの運営は長期的な目線で取り組む必要があることを認識しておくべきだと言えるでしょう。

継続して運用するには相応の労力がかかる

オウンドメディアの効果を高めるには、定期的に情報を発信し、継続してユーザーに訪れてもらう必要があります。せっかくユーザーが興味を持ってくれても、次に訪れてくれたときに新たな情報を得ることができなければ、自社の顧客になることは期待できないでしょう。つまり、オウンドメディアの運用を検討する際には、継続してコンテンツを作成・更新する労力を確保できるかどうかをしっかりと考慮する必要があるのです。

オウンドメディア運用のポイント

メディア運用

オウンドメディアを効率的に運用するには、いくつかのポイントがあります。ここでは、オウンドメディアを運用する上で覚えておきたい情報をご紹介します。ポイントを押さえて、集客や顧客の育成に役立つオウンドメディアを目指しましょう。

SEOを意識したコンテンツ作りを

ターゲットにとって有益なコンテンツを作成しても、ユーザーがそのコンテンツを見つけることができなければ、顧客の育成はおろか、集客することもできません。より多くのユーザーに自社のコンテンツを見てもらうためにも、SEO対策は欠かせないといえるでしょう。ユーザーが検索するキーワードを分析し、適切にコンテンツ内に配置することが重要です。キーワードを決定する際には、Googleが提供するキーワードプランナーなどのツールで検索ボリュームや関連キーワードを調べたり、Q&Aサイトでユーザーのニーズを確認したりするのも有効です。

SNSとの連携で情報の拡散を狙う

オウンドメディアは、SNSと併用することでより効率的に集客することができます。オウンドメディアはコンテンツを蓄積してユーザーを留めることに長けているのに対し、FacebookやTwitterをはじめとするSNSは情報が拡散されやすいのが特徴です。オウンドメディアとSNSのそれぞれ異なる特性が組み合わさることで、より多くのユーザーにコンテンツを見てもらえる可能性が高まります。また、更新したコンテンツをSNSで投稿することで外部SEO対策になるので、積極的にSNSを活用するべきだといえるでしょう。

オウンドメディアを運用して顧客を獲得しよう

今回は、オウンドメディアとはどんなメディアなのか、どういったメリットやデメリットがあるのか、そして効率的に運用するためにはどういったポイントを意識すればよいのかについてご紹介しました。従来の広告とは異なり、オウンドメディアは顧客育成の役割を果たし、それ自体が会社の資産となりうるメディアです。そのため、長期的な目線で運用していくことが重要だといえるでしょう。今回ご紹介した情報も参考にオウンドメディア運用に取り組み、より多くの顧客獲得を目指しましょう。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事