ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

動画コンテンツの魅力って?ビジネスに活用するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画コンテンツ

You Tubeをはじめとした動画サイトやスマートフォンの普及により、動画の視聴は私たちにとってより身近なものになりました。多くの企業が動画コンテンツを利用してプロモーションを行っているほか、近年ではYou Tubeに動画を投稿する「You Tuber(ユーチューバー)」が話題となり、2017年の流行語大賞にもノミネートされています。このように、動画コンテンツは個人から企業まで幅広く利用されており、生活のいたる所で目にするようになりました。

こちらの記事では、企業が動画コンテンツを活用することのメリットとデメリット、そして活用するためのポイントをご紹介しています。

目次

動画が身近になったワケ

動画視聴

動画コンテンツが急速に普及した背景には、大きく3つの理由が存在します。

1つめの理由として、インターネットの普及に伴い通信回線が高速化し、動画をストレスなく視聴できる環境が整ったことが理由として挙げられます。

2つめは、You Tubeをはじめとした動画サイトの普及が挙げられます。総務省が2017年7月に発表した「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」では、調査の対象となった13歳から69歳までの男女1,500人のうち、68.7%の人がYou Tubeを利用していると回答しています。
参照:総務省|「平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の公表

3つめは、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などの動画を視聴できるデバイスが登場したことです。総務省が公開している「平成29年版情報通信白書」によると、2016年の世帯におけるパソコンの保有率は73.0%、スマートフォンは71.8%、タブレット端末は34.4%となっており、動画を視聴できるデバイスが広く普及していることがわかります。
参照:総務省|平成29年版 情報通信白書|情報通信機器の普及状況

こうした要因から、動画の視聴は私たちにとってより身近なものになったのです。

動画コンテンツ活用のメリットとは

動画を容易に視聴できるようになった現在、多くの企業がビジネスをアピールするために動画を活用しています。では、ビジネスにおける動画コンテンツの魅力とはどういったものがあるのでしょうか。企業が動画コンテンツを活用することのメリットについて確認しておきましょう。

情報量が多い

動画コンテンツの大きなメリットとして、情報量の豊富さが挙げられます。動画コンテンツでは視覚と聴覚から情報を与えることができるため、従来の写真や文章だけのコンテンツに比べて、短時間でより多くの情報を与えることができます。また、文章や写真だけでは伝えることが難しい細かなニュアンスまで表現することができるので、より具体的に特徴をアピールすることができるのです。

クリック率が高く、見てもらいやすい

動画コンテンツは情報量が多いだけでなく、ユーザーに見てもらいやすいという特徴もあります。例えば、ビジネスをアピールする方法のひとつにバナー広告への出稿が挙げられますが、テキストのみのバナー広告や、画像とテキストによるバナー広告に比べ、動画を用いたバナー広告はユーザーにクリックされやすい傾向があります。

また、従来の広告はユーザーが能動的に読み進めていく必要がありましたが、動画の場合は再生ボタンをクリックするだけで情報が流れてくるため、閲覧の敷居が低いとも言えるでしょう。

拡散されやすいというメリットも

拡散力に長けているという点も動画コンテンツの特徴だといえます。動画コンテンツは近年急速に利用者が増えているFacebookやInstagramといったSNSとも相性がよく、タイムライン上に流れてきた動画が拡散されることで、より多くのユーザーにリーチする可能性が高いのです。

認知度の向上という面でも、自社の存在を知らなかったユーザーにまで視聴してもらえる可能性がある動画コンテンツは効果的だといえるでしょう。

デメリットも存在する?

さまざまなメリットが期待できる動画コンテンツですが、デメリットが存在するのも事実です。無計画に動画コンテンツの活用に取り組む前に、動画コンテンツのデメリットについても確認しておきましょう。

制作コストや労力がかかる

コンテンツを新たに作成するということは、当然コストや労力がかかります。特に、今まで動画コンテンツを作成したことがない場合には、作成するためのノウハウが必要になります。

スマートフォンなどで手軽に動画を撮影することができる時代とはいえ、撮影した動画を編集せずに公開するわけにはいきません。動画の撮影や編集にかかるコスト・労力の面も考慮して、動画コンテンツの導入を検討する必要があると言えるでしょう。

低品質な動画はブランドイメージを損ねる可能性も

動画コンテンツでビジネスをアピールするためには、動画のクオリティが重要になります。クオリティの低い動画コンテンツは、アピールポイントを伝えることができないばかりか、ブランドイメージを損ねて視聴者に不信感を与えてしまう恐れもあります。

自社に動画コンテンツの制作ノウハウがない場合には、外部の動画制作業者とイメージをすり合わせた上で依頼するのが無難だといえるでしょう。

動画コンテンツ活用のポイント

動画活用のポイント

動画コンテンツは多くのユーザーに効率的にアピールできる可能性がある一方で、クオリティ次第では悪印象を与えてしまう可能性もあります。では、動画コンテンツでビジネスをアピールするには、どういったポイントに気をつければよいのでしょうか。

伝えたい内容をコンパクトにまとめる

動画コンテンツ活用の際に意識したいポイントのひとつに、伝えたい内容をコンパクトにまとめることが挙げられます。ダラダラと長い動画の場合、視聴の途中で離脱されてしまったり、「結局何を伝えたかったのかわからない」といった印象を与えてしまう可能性があります。そういった事態を避けるためにも、伝えたい内容を明確にして、最低限のボリュームで最大限の情報を伝えられるような動画作りを心がけましょう。

ターゲット別に動画を作成する

より効果的にユーザーにアピールするためには、目的別に動画を作成することも重要です。目的を細分化して動画を作成することで、アピールしたい内容をピンポイントに伝えることができます。

例えば、会社の認知度向上を目指すのであれば、自社のコンセプトや目指しているブランドイメージを表現した動画を。販売促進が目的であれば、商品の説明動画やHow to動画、導入事例を紹介する動画といったように、目的に応じて動画を作成することで、より効果的にビジネスをアピールすることができます。

検索エンジンに内容をアピールする

動画コンテンツの内容を検索エンジンにアピールすることも忘れてはいけません。検索エンジンは動画単体では内容を理解することができないので、タイトルや説明文に動画に関する情報を盛り込むことが重要です。どういった人に向けられた内容なのか、動画を見ることでどういった情報が得られるのかなど、動画についての情報を記載して検索エンジンに内容を適切にアピールしましょう。

動画でビジネスを効率的にアピールしよう

今回は、動画コンテンツの魅力やビジネスに活用する際のポイントについてご紹介しました。PCやスマートフォン、タブレット端末などが普及したことにより、動画コンテンツはすっかり私たちの生活に溶け込みました。短時間で多くの情報を伝えられる点や多くのユーザーに視聴してもらいやすいという点からも、動画コンテンツをビジネスに活用するメリットは大きいといえるでしょう。今回ご紹介したポイントも参考に、動画コンテンツの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事