ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

会社や店舗がローカルSEOに取り組むべき理由と対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローカルSEO

スマートフォンが普及したことにより、インターネットはより身近なものとなりました。時間や場所にとらわれることなくいつでも情報収集することができる現在、会社や店舗がインターネットを通じて集客に取り組むことはもはや珍しくありません。なかでも最近では、「ローカルSEO」という手法に注目が集まりつつあります。では、ローカルSEOとは一体どういったものなのでしょうか。

こちらの記事では、ローカルSEOがなぜ重要なのか、そしてローカルSEOを強化するにはどうすればよいのかをご紹介します。

Googleマイビジネスに興味があり、すぐに活用を検討したい方は、Googleマイビジネス代行サービスもご活用できます。Googleマイビジネスの取り扱い7,000社以上の実績(2017年12月現在)があるEPARKグループに、ご気軽にご相談ください。「Googleマイビジネス代行サービス」の詳細はこちら

目次

ローカルSEOとは

スマートフォンが普及したことにより、知りたい情報はすぐに検索することができるようになりました。そうした背景から、「地域名+業種」のようなローカル検索でお店や目的地の情報を収集するケースが増えてきています。はじめて訪れた地域でレストランを探す際などに、ローカル検索を行ったことがあるという方も多いことでしょう。実は、ローカル検索の結果の表示順位は、検索キーワードとの関連性だけで決まっているわけではありません。お店・会社の知名度や検索ユーザーの位置情報をはじめとした、さまざまな要素によって表示されているのです。

このローカル検索で上位に表示させるための対策が「ローカルSEO」です。そして近年、検索エンジン最大手であるGoogleはローカル検索関連のアルゴリズムの更新を繰り返しており、今後ローカルSEOの重要性はますます高まると予想されているのです。では、ローカルSEOを強化するには、どういった対策が必要になるのでしょうか。

ホームページをローカル検索に最適化する

ローカルインターネットマーケティング

ローカルSEOに取り組む際に確認したいポイントのひとつが、ホームページの内容です。ローカル検索を意識したホームページになっていなければ、検索結果の上位表示は難しいといえます。では、ホームページをローカル検索に最適化するにはどういった部分を見直すべきなのでしょうか。

NAPを統一する

NAPとは、「NAME(会社名・店舗名)」、「Address(所在地)」、「Phone(電話番号)」の頭文字を取ったものです。ホームページ内でこれらの情報を統一することが、ローカルSEOに取り組む上で重要なポイントです。ホームページ内でこれらの表記がバラバラになっていると、検索エンジンはそれぞれ別の情報だと認識してしまう可能性があり、ローカル検索で不利に働いてしまう恐れがあります。ホームページ内はもちろんのこと、インターネット上で公開している自社のNAP情報を適切に統一することがローカルSEO対策の第一歩だといえるでしょう。

事業内容を明確にする

事業内容を明確にすることも、ホームページをローカル検索に最適化する上で重要なポイントです。ユーザーが「自社の所在地域+業種」で検索しても、検索エンジンがホームページから業種を認識することができなければ、検索結果に表示されることはありません。ホームページ内でどういった事業内容なのかをわかりやすく示しておくことが、ローカル検索で上位表示させるためには必要不可欠だと覚えておきましょう。

キーワードを適切に配置する

検索エンジンに正しくホームページの内容を伝えるためには、会社の所在地や事業内容といった基本情報をホームページに記載しておくだけでなく、キーワードの配置にも工夫が必要です。検索エンジンはウェブサイトの内容を判断する際、ページタイトルをはじめとした「見出しタグ」を重視する傾向があるとされています。コンテンツ内に地域や業種を特定できるキーワードを含めるだけでなく、見出しタグにもキーワードを配置するようにしましょう。ただし、意味を無視したキーワードの羅列は逆効果となるので、あくまでユーザー目線を心がけることが大切です。

GoogleマイビジネスがローカルSEO対策に

ローカルSEOの効果を高めるために有効な手段として、「Googleマイビジネス」に注目が集まっています。Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなどのサービス上に、会社や店舗の情報を表示させることができるサービスです。では、Googleマイビジネスを活用してローカルSEOを強化する方法を確認しておきましょう。

Googleマイビジネスの情報を充実させる

Googleマイビジネスに登録すると、会社名や店舗名、電話番号、住所、営業時間などの基本情報を検索結果の画面に表示させることができます。また、画像を追加することができるという点もGoogleマイビジネスの特徴です。商品やサービスの画像や、会社や店舗の内観・外観画像などを追加することでより詳しくビジネスの内容をアピールすることができ、ローカル検索結果の表示順位向上につながります。

情報をこまめに発信する

Googleマイビジネスには、画像や文章を発信することができる「投稿機能」があります。ホームページのコンテンツを更新するよりも気軽に情報を発信することができるので、タイムリーな情報をアピールする際に役立ちます。この投稿機能を通じて、新商品や新たなサービス、期間限定のキャンペーンやイベントなどの情報をこまめに発信することが、ローカルSEOの効果を高めるとされています。

口コミの管理がローカルSEOの強化に

実際に来店したり商品やサービスを利用したお客様が口コミを投稿することができる点もGoogleマイビジネスの特徴です。ユーザーからの口コミも検索結果の表示順位を決定する際の要素だとされており、口コミが多いほど検索結果の上位に表示されやすい傾向があります。Googleマイビジネスはユーザーからの口コミに対して返信することも可能で、容易に口コミを管理することができる点が特徴です。投稿機能による情報発信とともに、口コミを適切に管理することがローカルSEOの強化につながると言えるでしょう。

スマホ対応は欠かせない

スマートフォン対応

外出先で行われることが多いローカル検索は、当然ながらスマートフォンでの検索がメインになります。そのため、ホームページのスマホ対応はローカルSEO対策に取り組む上で欠かせない要素だといえるでしょう。

スマホ未対応のデメリットとは

Googleが検索結果の表示順位を決定する要素には、モバイルフレンドリーであるかどうかが含まれています。そのため、いくらユーザーのニーズに合ったホームページだとしても、スマホ未対応では上位に表示されることが難しくなってしまうのです。また、スマホ未対応の影響は検索結果の表示順位だけにとどまりません。ホームページを訪れてくれたとしても、スマホの画面では閲覧しにくいためすぐに離脱してしまう可能性が高まってしまいます。

レスポンシブWebデザインでスマホ閲覧に対応

ホームページをスマートフォンに対応させる方法のひとつに、「レスポンシブWebデザイン」があります。レスポンシブWebデザインはひとつのURLでPCやスマートフォン、タブレットなど、あらゆる画面サイズに最適化することができる点が特徴です。ホームページがスマートフォンに対応していない場合やこれからホームページを作成する際には、ローカルSEOに取り組む上で欠かせないスマートフォンに対応させましょう。

ローカルSEO対策に取り組もう

今回は、会社や店舗がローカルSEOに取り組むべき理由と、ローカルSEOを強化するためのポイントについてご紹介しました。スマートフォンの普及とともにインターネットはより身近なものとなり、今後もローカルSEOの重要性はますます高まることが予想されます。ホームページをローカル検索に最適化させるポイントやGoogleマイビジネスの活用、スマートフォンへの対応など、今回ご紹介した情報も参考にローカルSEOに取り組んでみてはいかがでしょうか。

[あわせてお読みください]

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

格安でデザインにこだわったホームページ(Webサイト)制作会社は、ほとんどありません。 ホームページシードは、「デザイン」「価格」「利便性」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 ご気軽にご相談ください。

おすすめ記事