ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

サイト内の記事における見出しの重要性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事の見出し

ホームページで公開する記事を作成する上で重要な要素のひとつに、「見出し」があります。適切な見出しをつけることで、ユーザーにとって読みやすい記事になるだけでなく、SEOの面でも効果が期待できます。反対に、適切に見出しをつけることができなければ、せっかく良質な情報を提供していても読んでもらうことすらできない可能性があります。

今回は、記事の見出しの重要性と、見出しをつける際のポイントについてご説明します。

目次

見出しの基本知識

インターネット上の記事における見出しとは、見出しタグに囲まれた文言を指します。見出しタグは<h1>から<h6>まであり、数字が小さいほど重要度が高く、一般的に<h1>はページのタイトルに使用されます。この見出しタグを適切に使用することで、記事の読みやすさが向上し、SEOにも効果を発揮するのです。次は、見出しをつけることの重要性について、詳しく説明していきます。

見出しが記事の読みやすさを左右する

見出し

読者に記事を読んでもらいやすくするために、記事の見出しは重要です。まずは、読者にスムーズに記事を読んでもらうために、見出しが重要な理由について確認しておきましょう。

見出しの使い方で記事の読みやすさが変わる

見出しを設定することは、文章にメリハリをつけて読みやすい記事にするという目的があります。見出しが設定されていない記事の場合、文章の構成がわかりにくくなってしまいます。そのため、記事の要点や伝えたい情報がどこにあるのかが曖昧になってしまい、読者が最後まで記事を読まずに離脱してしまう可能性が高まってしまいます。反対に、適切に見出しをつけて文章の構成を明確にすることで、ストレスを感じることなくスムーズに記事を読み進めてもらうことができます。

見出しで読者の興味を惹きつける

見出しは、読者の興味を惹きつけるという面でも効果的です。魅力的な見出しをつけることで、読者は「より詳細な情報が知りたい」と感じて本文をじっくりと読んでくれる可能性が高まることでしょう。反対に、見出しで読者の関心を惹きつけることができなければ、流し読みされてしまうか、そもそも記事を読んでくれない可能性もあります。読者の興味を惹きつけて記事をしっかり読んでもらうためにも、見出しが重要なのです。

見出しはSEO対策の重要な要素

多くの人に記事を読んでもらうためには、検索結果の上位に表示させることも重要です。適切な見出しの設定は、読者にとって読みやすい記事になるというだけでなく、SEO対策の面でも欠かすことができません。ここでは、見出しががSEO対策においても重要である理由について見てみましょう。

検索エンジンは見出しを重視している

検索エンジンは、検索結果の表示順位を決定するためにクローラーと呼ばれるロボットを巡回させてインターネット上で公開されているコンテンツの内容を評価しています。このクローラーが巡回することで得た情報をもとに、ユーザーが検索したキーワードとコンテンツの内容がマッチしているかを判断し、検索結果の表示順位が決定されているのです。そして、クローラーが評価をする際に重視している要素の一つが見出しなのです。

見出しで記事の構造を正しく伝える

では、なぜ検索エンジンは見出しを重視するのでしょうか。その理由として、見出しを適切に使用することで記事の文章構造が明確になるという点が挙げられます。見出しを適切に使用していれば、論理がどのように展開されているのかが整理され、検索エンジンが記事のテーマや内容を正確に認識することができます。反対に、見出しの設定が不適切、あるいはそもそも見出しがない場合、検索エンジンは記事の要点を認識することができず、内容を把握することができなくなってしまいます。検索エンジンに記事の内容をわかりやすく伝えるためにも、見出しは非常に重要だと言えるでしょう。

見出しでキーワードをアピールする

また、見出しにキーワードを含めることで、検索エンジンは記事のテーマについてより正確に認識することができます。検索エンジンは文章のより前方に配置されているキーワードを重視する傾向があるとされているので、できるだけ見出しの前方に配置するように心がけましょう。また、複数のキーワードを組み合わせた複合キーワードでSEO対策を行う場合には、それぞれのキーワードをできるだけ近くに配置することが重要です。ただし、キーワードをアピールしたいからといって、読みやすさを無視して無理やりキーワードを詰め込むのは逆効果です。ユーザーにとって不親切であるだけでなく、検索エンジンからの評価が下がってしまう可能性もあります。あくまで自然で読みやすい見出しをつけるようにしましょう。

効果的な見出しをつけるためのポイント

見出しをつけるポイント

では、読者にとって読みやすく、検索エンジンからも評価される記事を作るためには、どういったポイントを意識して見出しをつければ良いのでしょうか。ここでは、見出しをつけるときに押さえておきたいポイントをご紹介します。

内容のわかる見出しをつけよう

見出しをつける際の重要なポイントとして、見出しを読んでだけで大筋の内容がわかるかどうかという点が挙げられます。インターネット上の記事の場合、最初にページの最後までスクロールして見出しをチェックし、記事を読むかどうかを判断するユーザーは少なくありません。せっかく有益な情報を提供していても、見出しをみて「必要な情報がなさそう」と判断されてしまえば、記事を読むことなく離脱してしまうでしょう。こういった事態を防ぐためにも、見出しで記事全体の大筋の内容がわかるようにして、何について書かれている記事なのかをアピールすることが大切です。

見出しが長くならないよう注意

内容がわかるかどうかと同様に、簡潔で興味を惹く見出しであるかどうかも重要なポイントです。内容がわかる見出しであっても、長々と説明するような見出しではそもそも読んでくれない可能性が高いと言えます。つまり、瞬時に内容を把握してもらえる見出しであることが大切なのです。見出しをつける際には、文字数が多くなりすぎないように注意して、一目で内容をイメージできる文言になるように心がけましょう。

見出しタグを使い分ける

記事の文章構造を正確に伝えるために、必要に応じて見出しタグを使い分けることも重要です。一般的には、<h1>がページタイトル、<h2>が大見出し、<h3>が小見出しといったように数字が小さいほど重要度が高くなります。そして、<h2>は<h1>を構成する要素であり、<h3>は<h2>を構成する要素となります。

この記事の「効果的な見出しをつけるためのポイント」を例に挙げると、

<h2>効果的な見出しをつけるためのポイント<h2>
<h3>内容のわかる見出しをつけよう</h3>
<h3>見出しが長くならないよう注意</h3>
<h3>見出しタグを使い分ける</h3>

となります。つまり、<h3>を飛ばして<h4>や<h5>を使用するのは誤りです。強調したい一文だからといって、不適切な箇所に見出しタグを使用することは避けるべきだと言えます。

見出しタグを適切に使用して、記事構成を整理するよう心がけましょう。

読者を惹きつける見出しを作成しよう

今回は、見出しの重要性と効果的な見出しをつけるポイントをご紹介しました。見出しを適切につけることで、記事全体にメリハリがつき読者にスムーズに読み進めてもらうことができます。また、文章構成が整理されるため検索エンジンに正確に内容を伝えることができ、SEO対策の面でも効果を期待することができます。より多くの人に記事を読んでもらうためにも、見出しは非常に重要な要素だと言えます。今回ご紹介したポイントを意識して、読者を惹きつける見出しをつけましょう。

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事