格安ホームページ作成サービス:
デザイン、価格、業種特化にこだわり

商品やサービスごとに複数のホームページを開設するのはアリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複数のホームページ

すでに会社のホームページを開設している方の中には、商品やサービス、目的に応じて複数のホームページの開設を検討している方も少なくないことでしょう。近年では、一つの企業がそれぞれ異なる役割のホームページを複数開設することは珍しいことではありません。では、複数のホームページを開設して使い分けることには、どういったメリットがあるのでしょうか。

今回は、複数のホームページを開設することで得られるメリットと、複数のホームページを開設する際に覚えておきたいポイントをご紹介します。

目次

複数のホームページはメリットが多い?

メリット

近年では、多くの企業が複数のホームページを開設し、それぞれ異なる用途でホームページを運営しています。商品やサービスごとのホームページや、ターゲット層にあわせたホームページなど、目的に応じてホームページを開設することには、実はさまざまなメリットが存在するのです。

ホームページが一つだけのデメリット

一つのホームページの運営する場合、更新やメンテナンスの労力が少ない一方で、いくつかのデメリットも存在します。では、ホームページが一つだけの場合、どういったデメリットが考えられるのでしょうか。

専門性をアピールしづらい

ホームページが一つしかないことのデメリットとして、テーマを絞り込むことが難しく、専門性をアピールしづらいという点が挙げられます。複数の商品やサービスを提供している場合、一つのホームページでそれらの情報を掲載してしまうことで、なにをアピールしたいのかが伝わりづらくなってしまい、雑多な印象を与えてしまう可能性があります。その結果、専門性の乏しいホームページだと認識されてしまい、せっかく訪れてくれたユーザーの離脱につながってしまう恐れがあると言えるでしょう。

ホームページの構造が複雑になりやすい

ホームページの構造が複雑になりやすいという点も、ホームページが一つしかない場合のデメリットと言えます。商品やサービスごとのコンテンツが一つのホームページに含まれているため、ホームページの構造が複雑になりやすく、必要な情報がどこにあるのかを見つけにくくなってしまいます。そのため、ユーザーが途中で離脱してしまいやすく、コンバージョンに結びつきにくいと言えるでしょう。

SEO対策で不利な場合も

検索結果の上位に表示させるためのSEO対策において、専門性の高さは重要な要素になります。しかし、複数のテーマを同時に発信しているホームページでは専門性をアピールすることが難しいため、SEO対策で思うような効果を得られないという可能性もあります。さらに、ホームページの構造が複雑な場合、検索エンジンのクローラーがスムーズに巡回することができず、ホームページの内容を十分に伝えることができない場合があります。このように、SEO対策の面でもデメリットが生じてしまう恐れがあるのです。

複数のホームページを開設するメリット

専門性

では反対に、目的に応じて複数のホームページを使い分けることで、どういった効果が見込めるのでしょうか。ここでは、複数のホームページを開設することのメリットについて確認してみましょう。

より専門性を高めることができる

商品やサービス、目的に応じて複数のホームページを開設することで、専門性を高めてホームページ全体に統一感を持たせることができます。例えば、新築物件の販売と中古物件の販売の二つのサービスを提供している不動産業者があるとします。新築物件の販売に特化したホームページと中古物件の販売に特化したホームページを開設することで、それぞれのホームページでより専門性をアピールすることができ、プロフェッショナルな印象を与えられる可能性が高いと言えるでしょう。

ターゲットを絞ってアプローチできる

複数のホームページを開設することで、ターゲットを細分化してアプローチすることができるというメリットもあります。例えば、中高年向けの商品Aと若者向けの商品Bを販売している企業であれば、中高年向けのコンテンツを充実させたホームページと若者向けのコンテンツを充実させたホームページを用意することで、ターゲットとなるユーザーに対してより効果的にアプローチすることができるでしょう。

アピールしたい情報を見つけてもらいやすくなる

複数のホームページを持つメリットとして、コンバージョンへと誘導しやすいという点も挙げることができます。テーマを絞った複数のホームページを開設することで不要な情報を省くことができ、本当にアピールするべき情報を見つけてもらいやすくなります。ホームページ内をユーザーがスムーズに回遊できる環境を整えやすく、コンバージョンへとつなげやすいと言えるでしょう。

SEO対策としても効果が期待できる

先述の通り、検索結果の上位に表示させるためのSEO対策では、ホームページの専門性は重要な要素です。例えば、中古物件の購入を検討しているユーザーが、「中古物件 販売」と検索したとします。中古物件の情報も含まれているホームページと、中古物件だけに特化したホームページであれば、そのユーザーにとってより役に立つと考えられるホームページは後者だと言えるでしょう。検索エンジンは、ユーザーにとってより有益な情報を検索結果の上位に表示させる傾向があるため、分野に特化した複数のホームページを開設することはSEO対策の面でも効果が期待できるのです。

複数のホームページを作成する際のポイント

複数のホームページを開設しそれらを上手に使い分けることでさまざまなメリットが期待できます。しかしメリットを得るためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。次は、複数のホームページを開設する際に意識したいポイントについてご紹介します。

目的を明確にする

複数のホームページを開設する上で最も重要なポイントが、目的の明確化です。新たにホームページを作成する目的が明確でなければ、ただただコストや労力がかさんでしまうという事態に陥りかねません。本当に複数のホームページが必要なのか、複数のホームページを更新する体制は整えられるかといった面も考慮して、検討するようにしましょう。

ターゲットを絞り込む

複数のホームページを開設する際には、ターゲットを細分化することが重要です。新たに開設するホームページのターゲットはどういったユーザーなのかを細かく設定することで、コンバージョンへの導線を作りやすくなります。ターゲットの興味をより惹きつけるコンテンツを用意するためにも、ターゲット像を明確にしましょう。

目的やターゲットに合わせたコンテンツを充実させる

目的を達成するためにはターゲットとなるユーザーに対してどういった情報を提供すればいいのかを吟味し、コンテンツを充実させていくことが重要です。ホームページの目的に応じた専門性の高いコンテンツを充実させて、コンバージョンへとスムーズに誘導できるようなホームページを目指しましょう。

目的に応じてホームページを使い分けよう

今回は、複数のホームページを開設することのメリットや、作成時のポイントについてご紹介しました。

目的に応じて複数のホームページを開設することは、ひとつのホームページだけでは難しかった、ユーザービリティの向上や専門性の強化の面で効果が期待できると言えます。

ただし、無計画に複数のホームページを開設しても、運用がうまくいかなかい場合や、コストに見合った成果を得られない場合もあります。

新しく開設するホームページの役割を吟味し、それぞれのホームページをどのように使い分けるのかを明確しておく必要があると言えるでしょう。

今回ご紹介した情報も参考に、複数のホームページの開設を検討して見てはいかがでしょうか。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

おすすめ記事