デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページ作成サービス

会社のホームページを作成して、他社との差別化を図ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

差別化

PCやスマホ、タブレットなどを用いて、さまざまなシーンで、時間を問わずインターネットにアクセスできる現在、会社がホームページを持つことはもはや当前と言っても過言ではない時代になりました。しかし、多くの会社がホームページを開設しているなか、自社ならではの強みをアピールできなければお客様を獲得することは難しいと言えるでしょう。

こちらの記事では、これからホームページを作成しようと考えている方に向けて、会社の強みをアピールできるホームページを作成するポイントをご紹介します。

目次

会社のホームページはあって当たり前?

総務省が公表している平成28年通信利用動向調査によれば、自社のホームページを開設している企業の割合は87.8%と高く、もはや会社がホームページを持つことは当たり前になっています。

会社がホームページを持つ理由として、大きく二つのメリットを挙げることができます。ひとつは、製品やサービス、あるいは企業自体のプロモーションを全国に発信することができるという点です。企業に関心を持つユーザーが自ら情報を求めて訪れてくれるので、労力がかからず、費用対効果にすぐれていると言えるでしょう。

もう一つは、ホームページ自体が新たな販売経路になるという点です。製品やサービスを購入したいと考えているお客様がいたとしても、住んでいる地域に店舗がなければ購入することができません。インターネットを通じて製品やサービスを販売することができれば、地域にとらわれることなく販売チャンスを拡大することができるのです。

こういった理由からも、会社がホームページを持つ意義は大きいと言えるでしょう。

会社のホームページを作成する方法

ホームページを作成するには、大きく分けて3つの方法があります。

一つ目は自分で一からホームページを作成する方法です。しかし、この方法は社内に専門的な知識を持つ人材がいなければ難しいと言えます。

二つ目は、無料ホームページ作成サービスを利用して、簡易的なホームページを作成する方法です。

そして三つ目は、ホームページ制作会社に有料でホームページ作成を依頼する方法です。

では、これから会社のホームページを開設する場合、どの方法でホームページを作成するべきなのでしょうか。

無料のホームページ作成サービスは会社には不向き?

無料ホームページ作成サービスは、費用をかけずにホームページを作成することができることから一見有力な方法に思えます。しかし、会社のホームページを作成する場合には、しっかりと検討する必要があります。

無料ホームページ作成サービスは、用意されたテンプレートの中からデザインを選択してホームページを作成するのが一般的です。そのため、他の会社とデザインが似通ってしまいやすく、どこかで見たようなデザインになってしまうケースが多いためです。会社ならではの強みをアピールしたいと考えているのならば、オリジナリティのないデザインは大きなデメリットとなる可能性があるので注意が必要です。

また、独自ドメインでの運営ができないという点も覚えておく必要があるでしょう。無料ホームページ作成サービスでは、サービスを提供している会社から与えられたドメインを使用するのが一般的です。これもまた、オリジナリティの面だけでなく、会社の信頼性やSEOの観点からも避けたほうが良いと言えるでしょう。

低価格でオリジナリティのあるホームページ作成は可能

では、ホームページ制作会社への依頼の場合はどうでしょう。制作会社といってもさまざまで、費用も幅広いのが特徴です。大規模なホームページ作成になれば人件費もかさみ、数百万円から数千万円になる場合もあります。

一方で、近年では安価にオリジナリティのあるホームページを作成できる方法も存在します。画像やテキストなど、ホームページの素材を依頼側で用意する方法です。無料ホームページ作成サービスやテンプレートを使用したホームページ制作会社と異なる点は、5万円程度の低価格でありながら、依頼主の要望を反映して業種に特化したホームページを作成できるという点です。多額の費用をかけることは難しいけれど、オリジナリティのあるホームページで他社との差別化を図りたいという場合にはおすすめの方法だと言えるでしょう。

会社のホームページには何が必要?

次に、会社のホームページを開設する際に必要になる一般的なページをご紹介します。これらのページを用意することができれば、会社のホームページとしての役割を果たすことができます。では、それぞれのページについて簡単に開設していきます。

トップページ

トップページは、訪問してくれたお客様が最初に目にするホームページの玄関の役割を果たすページです。トップページのクオリティが会社の第一印象を左右するといっても過言ではなく、特にこだわりを持って作成したいページでもあります。

また、ホームページ内の各ページへと誘導するための役割も担っているので、シンプルでわかりやすいデザインであることも重要です。

会社概要

会社概要は、ホームページ内で自己紹介の役割を担うページだと言えるでしょう。このページがいい加減であったり情報が不足していたりすると、会社の信頼を損なってしまう可能性もあります。

ホームページを訪れてくれたお客様に信頼性をアピールするためにも、正確な情報を不足なく記載するようにしましょう。

お役立ち情報/製品情報

お役立ち情報や製品情報のページは、お客様に自社ならではの特徴やこだわりをアピールすることができるページです。このページでしっかりと会社の強みをアピールして、製品やサービスの利用促進を目指しましょう。

お問い合わせ

お問い合わせページは、お客様と会社をつなぐページです。商品やサービスに興味や疑問を抱いているお客様が利用するページであり、ここでお客様の不安や疑問を解消してあげることで、製品やサービスの利用を後押ししてあげたり、会社への信頼感を高めたりすることができます。お客様が気軽に問い合わせできるような配慮を心がけましょう。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーのページは、個人情報およびプライバシー情報の取り扱い方針を記載するページです。個人情報の取り扱いや法令遵守をお客様に約束し、安心してホームページや製品、サービスを利用してもらうためにも必要不可欠なページだと言えるでしょう

会社の特徴をアピールしよう

特徴

では、ホームページで会社の特徴をアピールして、他社との差別化を図るにはどういったポイントを意識すれば良いのでしょうか。ここでは、ホームページを作成する際に押さえておきたい、他社との差別化のポイントをご紹介します。

ホームページを作る前に会社のコンセプトを再確認

ホームページを作成するにあたって、会社のコンセプトやアピールしたい内容を明確にしておかなければ、他社との差別化を図るのは難しいと言えるでしょう。制作会社にホームページの作成を依頼する場合、しっかりとホームページのイメージや要望を伝えることができなければ、期待していたホームページとイメージが違った...といった事態になりかねません。

まずは、あらためて会社のコンセプトや強みを確認し、どんなホームページにしたいのかをイメージしておきましょう。

会社のコンセプトをアピール

他社との差別化を図るには、会社の特徴を反映した画像やテキスト、デザインが重要です。

画像を選ぶ際には、ひと目で業種や会社の雰囲気が伝わるようなものを選ぶようにしましょう。解像度の高い綺麗な画像を用意して、会社の雰囲気をわかりやすく伝えることが大切です。また、オリジナリティのあるキャッチコピーも他社との差別化には有効な要素です。会社の強みが伝わるシンプルなキャッチコピーを心がけましょう。デザイン面では、できるだけシンプルなレイアウトを心がけることが大切です。情報が多く整理されていないホームページでは、せっかくお客様が訪れても必要な情報を見つけることができずにページを離れてしまう可能性があります。

専門性を活かしたコンテンツを

専門性を活かしたコンテンツを公開することで会社の強みのアピールにつながり、他者との差別化を図ることができます。自社が強みとしている分野のトピックを扱ったコンテンツや、業界の最新情報を自社での見解を加えて解説するコンテンツを用意して、他社にはない専門性をアピールしましょう。

オリジナリティのあるホームページで他社との差別化を図ろう

オリジナリティ

今回は、他社との差別化を図るためのホームページ作成のポイントをご紹介しました。会社がホームページを開設することが当たり前になった現在、オリジナリティのあるホームページで会社の強みをアピールすることは大切です。

今回ご紹介した情報を参考に、会社の特徴をアピールして他社との差別化を図りましょう。

ホームページ制作・作成でお悩みはありませんか?

格安でデザインにこだわったホームページ(Webサイト)制作会社は、ほとんどありません。 ホームページシードは、「デザイン」「価格」「利便性」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 ご気軽にご相談ください。

あわせて読みたい関連記事