デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページ作成サービス

トップページ作成時に押さえておきたいポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページ

ホームページの中でも、訪問者が最初に訪れるトップページは会社の印象を左右する重要な役割を果たします。ホームページの顔とも言えるトップページは、ホームページ作りにおいて特にこだわりを持って作成したいページでもあります。では、トップページを作成する際には、どういった点を意識すれば良いのでしょうか。

こちらの記事では、トップページ作成時に押さえておきたいポイントをご紹介しています。ポイントを押さえて、お客様が理解しやすい素敵なトップページを目指しましょう。

目次

トップページはホームページの顔

冒頭でも触れた通り、ホームページを訪れたユーザーが最初に目にするトップページは、ホームページの顔といっても過言ではありません。

伝えたいメッセージが明確で整理されたトップページはユーザーの興味を惹きつけるのに対し、メッセージが不明瞭で雑多な印象のトップページではユーザーが離れてしまう原因になるだけでなく会社への悪い印象を植えつけてしまうかもしれません。そのため、会社のホームページを作成する際には、何を伝えたいのかが明確に分かるようなトップページ作りを心がける必要があると言えます。

では、ユーザーを惹きつけるトップページを作るには、どういったポイントを意識すればいいのでしょうか。

トップページの画像選びのポイント

画像

ユーザーがホームページを訪れて真っ先に目に入る情報が、トップページの画像です。テキストと異なり、瞬時に情報を伝えることができる画像は、トップページの印象を大きく左右するポイントだと言えます。では、トップページの画像を選ぶときに意識したいポイントにはどういったものがあるのでしょうか。

ひと目で会社の特徴がわかる画像を

トップページの画像選びで特に大切なポイントは、「何についてのホームページなのか」がひと目見て瞬時に判断できることです。レストランであれば定番メニューや店内の様子を、学習塾であれば教室や授業の様子を、製造業であれば作っている製品など、ひと目見て業種がわかることが重要です。

また、業種だけでなく会社のコンセプトや雰囲気が伝わるかどうかも大切なポイントです。同業他社との差別化を図ることができる、自社ならではの画像を用意することができれば、より会社のコンセプトや雰囲気をアピールすることができるでしょう。

解像度の高い画像を使用しましょう

トップページの画像選びの際に重視したいポイントとして、解像度の高さや写真としての美しさも挙げることができます。解像度が低い画像を使用してしまうと、大きな画面で表示したときに画質の粗さが目立ってしまいます。また、写真としてクオリティが低い場合も、会社としてのプロフェッショナルな印象を損ねてしまう恐れがあります。

高解像度で美しい画像が用意できない場合には、プロのカメラマンに撮影を依頼するのも一つの方法だと言えるでしょう。

背景色との親和性も考慮

いくら素晴らしい画像であってもトップページの背景色とマッチしていなければ、その魅力は十分に伝わりません。トップページの背景色やフォントカラー、会社のイメージカラーとの相性が悪ければ、画像だけがどこか浮いた印象を与えてしまう可能性があります。トップページ全体の雰囲気を考慮して画像を選定するようにしましょう。

テキスト作成時のポイント

画像と並んでトップページの印象を左右する大きな要素のひとつにテキストがあります。画像とは異なり明確なメッセージを伝えることができるテキストの作成時には、どういったポイントを意識すればいいのでしょうか。

トップページにはシンプルなキャッチコピーを

画像と同じように、テキストも瞬時に何についてのホームページなのかが分かるようにすることが重要です。そのためにも、シンプルでユーザーの興味を惹きつけるキャッチコピーを用意してホームページの内容を伝えるようにしましょう。キャッチコピーで大切なポイントは、伝えたい内容をシンプルにまとめることです。情報をたくさん伝えたいからといって長文にしてしまうと、パッと見ただけでは内容が伝わりづらくなってしまいます。

詳細な情報は他のページでもカバーすることができるので、できるだけシンプルにホームページの内容をアピールできるテキストを心がけましょう。

常に最新の内容を保つことが大切

トップページのテキストで大切なポイントとして、常に最新の情報を保つことも挙げることができます。テキストの内容を常に新しい情報にしておくことで、ホームページを訪れたユーザーに定期的に更新していることをアピールすることができます。反対に、いつまでも古い情報が掲載されていれば、ユーザーは再び訪れる必要がないと判断してしまう可能性があります。トップページ作成時はもちろんのこと、ホームページを公開してからも定期的に内容を更新し、新しい情報を提供するようにしましょう。

タイトルは長くなりすぎないように注意

次に気をつけたいのが、トップページのタイトルの長さです。トップページのタイトルとは、ブラウザのタブ部分や検索結果の一覧に表示される部分の文章です。タイトルの文章は検索結果の表示順位が決定される際の重要な判断基準となります。

だからといって、キーワードをたくさん詰め込んだ長い文章は逆効果となる可能性があります。なぜなら、検索結果の一覧に表示されるのは32文字となっており、それ以降の文章は省略されてしまうためです。タイトルを決定する際には、端的で内容がわかりやすい文章を心がけましょう。

レイアウト決定時のポイント

レイアウト

ユーザーに内容をわかりやすく伝え、ページ内で快適に行動してもらうためにも、画像やテキスト、メニューの配置にも注意が必要です。トップページのレイアウトを決定する際のポイントを確認しておきましょう。

シンプルなレイアウトを心がけましょう

伝えたい内容をわかりやすくアピールするためには、無駄のないシンプルなレイアウトにすることが大切です。必要以上の情報を詰め込んでしまうと、雑多な印象を与えてしまうだけでなく、本当に伝えたい情報を見つけてもらえない可能性があります。

本当に必要な情報を整理して、無駄のないすっきりとしたレイアウトを心がけましょう。

必要な情報はトップページの上部に

レイアウトを決定する際に意識しておきたいポイントとして、特に大切な情報をホームページの上部に配置することも挙げられます。ユーザーに伝えたい内容がトップページの下部に配置されていたり、トップページ内に分散していたりすると、ユーザーはページをスクロールして情報を探しださなければなりません。

メニューや画像、キャッチコピーなど、ユーザーに認識してもらいたい情報はトップページの上部に配置するようにすると良いでしょう。

ポイントを押さえて素敵なトップページに

今回は、ホームページの顔であるトップページ作成時に押さえておきたいポイントをご紹介しました。ホームページを訪れたユーザーにとって、トップページのクオリティは会社の印象を大きく左右する要素です。伝えたい情報をアピールするためにも、画像やテキスト、レイアウトなどを決定する際には、常にユーザーの目線を意識することが大切です。

今回ご紹介した情報を参考に、シンプルでわかりやすいトップページを作成しましょう。

ホームページ制作・作成でお悩みはありませんか?

格安でデザインにこだわったホームページ(Webサイト)制作会社は、ほとんどありません。 ホームページシードは、「デザイン」「価格」「利便性」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 ご気軽にご相談ください。

あわせて読みたい関連記事