格安ホームページ作成サービス:
デザイン、価格、業種特化にこだわり

Googleマイビジネスとは?|特徴やメリット、登録方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスというサービスをご存知でしょうか?

実は、Googleマイビジネスを知らないと言う方でも、知らないうちにGoogleマイビジネスを利用していたり、目にしていたりするかもしれません。最近、Googleマイビジネスのメリットが注目されつつあり、実際に活用して効果を得ている会社やお店も少なくありません。

こちらの記事では、Googleマイビジネスの基本情報やメリット、活用事例、そして登録手順をご紹介します。Googleマイビジネスを上手に活用して、会社の存在をアピールしましょう。

Googleマイビジネスの取り扱い16,000社以上の実績(2020年2月現在)があるEPARKグループでは、お忙しいビジネスオーナー様に代わってGoogleマイビジネスの登録から運用管理まで代行いたします。もちろん、チェーン店などの複数店舗の登録・管理もまとめてお任せいただけます。
Googleマイビジネスに興味があり活用をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

「Googleマイビジネス代行サービス」の詳細はこちら
「複数店舗向けGoogleマイビジネス代行サービス」の詳細はこちら

Googleが提供している集客支援サービス Googleマイビジネス取り扱い実績16,000社超え! EPARKグループ(2019年9月現在)

目次

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネス(グーグルマイビジネス)は、Googleが提供していたサービス「Googleプレイス」と「Google+」が統合して誕生したサービスです。

Googleマイビジネスに登録することで、Google検索やGoogleマップなどのサービス上でビジネス情報を表示させることができます。会社や店舗はもちろん、在宅や出張型などの非店舗型のビジネスでも登録することが可能です。

Googleマイビジネスへの登録は無料で、後述するさまざまな機能を利用することができるため、ビジネスのアピールに役立つサービスとして注目を集めているのです。

Googleマイビジネスの特徴・機能

Googleマイビジネスの情報

無料で登録できるGoogleマイビジネスですが、ビジネスに役立てられるさまざまな機能や特徴が備わっています。

次は、Googleマイビジネスの特徴や、Googleマイビジネスを使ってできることをご紹介します。

検索結果上にビジネス情報を表示

Googleマイビジネスの最大の特徴のひとつが、Google検索やGoogleマップでの検索結果上にビジネス情報を表示させられる点です。

「ビジネス名」での検索はもちろん、「地域名+業種名・サービス名」といったローカル検索時に、関連性が高いビジネスの情報が検索結果上に表示されます。つまり、あなたのビジネスを認知していない潜在顧客に対して存在をアピールすることができるのです。

近年、「地域名+キーワード」のようなローカル検索は増加傾向にあり、とくに地域密着型のビジネスではローカル検索対策の重要性が高まっています。

スマートフォンからローカル検索を行ったユーザーの約50%、パソコンやタブレットからローカル検索を行ったユーザーの34%が、その日のうちに店舗を訪れるというデータをGoogleが公表しています。つまり、ローカル検索をしてくれるユーザーは、来店の見込みが非常に高いユーザーなのです。
参照元:Infographic: Understanding Consumers' Local Search Behavior

こうしたローカル検索への対応策としても、Googleマイビジネスの活用は効果的だと言えます。

投稿機能でリアルタイムな情報発信

Googleマイビジネスには、ビジネス情報を発信できる「投稿機能」が備わっています。

自社の商品やサービスに関する情報や、期間限定のサービスやイベントといったタイムリーなトピックスをリアルタイムに表示させることができます。

投稿機能で「今伝えたい情報」を発信することで、それを見たユーザーの興味や関心、訪問意欲を高めることにつながります。

写真や動画で魅力を伝えられる

Googleマイビジネスには、会社の外観や内観、商品、スタッフなどの画像・動画を掲載しておくことができます。写真や動画を掲載しておくことで、それを見たユーザーがお店の雰囲気や会社が扱っている商品を具体的にイメージすることができます。

Googleマイビジネスに画像を掲載している場合、画像を掲載していない場合に比べてホームページのURLがクリックされる回数が35%、Googleマップで運転ルートを検索される回数が42%増加すると報告されています。
参考:Google マイビジネスについて - Google マイビジネス ヘルプ

ホームページと連携可能

自社のホームページを開設している場合には、GoogleマイビジネスにホームページのURLを登録することができます。ホームページのURLを掲載しておくことで、Google検索やGoogleマップにビジネス情報が表示されたときに、ユーザーがホームページへと流入する可能性が高まります。

また、Googleマイビジネスには「Google ウェブサイトビルダー」という機能があり、簡易的なホームページを作成することも可能です。チュートリアルに沿って設定していくだけで手軽にスマホに対応したホームページが作成可能です。

ただし、ページ数は一枚で機能が豊富とは言えないので、あくまで簡易的なものだと認識しておくと良いでしょう。

口コミを管理できる

口コミを管理できるという点もGoogleマイビジネスの特徴です。

Googleマイビジネスに登録しておくことで、実際に来店してくれたユーザーや商品を購入してくれたユーザーが口コミを投稿することができます。

まだ商品やサービスを利用したことがない、あるいは来店したことがないユーザーにとって、口コミは有力な情報源になります。好意的な口コミが集まれば、会社やお店を強くアピールすることができるでしょう。

また、投稿された口コミに対して返信することも可能です。口コミを通じてユーザーとコミュニケーションをとることで、信頼感や親近感の獲得につながる可能性があると言えるでしょう。

閲覧ユーザーの情報や行動を確認できる

Googleマイビジネスには、あなたのビジネス情報を閲覧したユーザー情報や行動に関するレポートを確認できる「インサイト」という機能があります。

ユーザーがどのGoogleサービスであなたのビジネス情報にたどり着いたのか、どんなキーワードで検索したのか、どういった行動(ウェブサイトへのアクセスやルート検索、電話をかけるなど)を取ったのかなどの情報を確認することができます。

こうした情報を分析することで、新たなビジネス戦略に役立てることも可能です。

Google広告と連携

GoogleマイビジネスをGoogle広告(旧Googleアドワーズ)と連携させることも可能です。

たとえば、有料のリスティング広告を出稿している場合、リスティング広告に住所や電話番号といった情報を表示させることができ、クリック率の上昇につなげることができます。また、ビジネス所在地から一定の距離内にいるユーザーのみに広告を表示させたり、距離によって入札単価を調節することも可能です。

その他、Googleに申請を行い一定の条件を満たしている場合には、来店コンバージョンを計測することも可能になります。来店コンバージョンの条件については「来店コンバージョンについて - Google 広告 ヘルプ」をご確認ください。

Googleマイビジネスを活用した成功事例

さまざまな特徴があるGoogleマイビジネスですが、すでに活用している企業はどのようなメリットを実感しているのでしょうか。ここでは、Googleマイビジネスの成功事例のページで紹介されている事例の内容をご紹介します。

酒造メーカーのGoogleマイビジネス活用事例

日本酒・ビールの製造やレストラン経営を行う「石川酒造」様は、より多くの方々に蔵見学に来ていただきたいと考え、Googleマイビジネスを始めました。

「石川酒造」様では、投稿機能で見学会や試飲会、新商品などの情報を発信できる点や、自社サイトと連携してGoogleマイビジネスの「購入ボタン」から商品購入ページへと誘導できる点にメリットを感じていると報告しています。

また、Googleマイビジネスを活用し始めたことで、多くの人々に日本酒の魅力をアピールできていると実感していると話しています。

陶磁器ブランドの活用事例

陶磁器ブランドの「有限会社マルヒロ」様では、海外製の商品の台頭によって経営不振に悩まされていたところを3代目が引き継ぎ、Googleマイビジネスの利用を始めました。

新作が出るたびに写真を投稿するなど情報発信に活用し、店名と地名を検索することでお店の営業時間や電話番号、お店へのアクセス方法を調べられるようになった点や、ホームページを訪れてくれた人の数を確認できる点をメリットとして挙げ、店舗に来て実際に商品に触れてくれるお客様が増えたことを報告しています。

寿司屋の活用事例

寿司屋の「鮨まるふく」様では、お店の存在をより多くの方に知ってもらいたいとGoogleマイビジネスの利用を始めました。

店名と地名の検索で簡単にお店へのアクセス方法を確認することができ、予約も可能な点を特徴として挙げています。また、食材の入荷情報を写真付きで投稿したり、お客様とのコミュニケーションツールとして活用している様子が紹介されています。

Googleマイビジネスに登録するには?

登録方法

では、Googleマイビジネスに登録するにはどうすればいいのでしょうか。Googleマイビジネスは、自分で登録していなくても、インターネット上の情報から自動的にページが作成されている場合があります。まずはページの有無を確認してみましょう。

Googleマイビジネスのページの有無を確認

まず、Googleマイビジネスの登録ページから登録画面へと進み、ビジネス名や住所、業種などの情報を入力します。必要項目を入力したら「続行」を選択しましょう。

地図上に会社名や基本情報とともに「このビジネスのオーナーですか?」というメッセージが表示された場合には、すでにページが作成されています。「このビジネスのオーナーですか?」をクリックすると、オーナー確認のページへと進みます。

反対に、「このビジネスのオーナーですか?」というメッセージが表示されず、さらに情報を登録する画面へと進んだ場合には、そのまま情報を登録していきましょう。情報の登録が完了すると、すでにページがある場合と同様にオーナー確認のページへと進みます。

オーナー登録の手順

オーナー確認のページへと進んだら、「このビジネスを管理する権限を持っており、利用規約に同意します」というメッセージの横にあるボックスをチェックして、「続行」をクリックします。もちろん、利用規約に目を通して、納得した上で進みましょう。

次に、オーナー確認コードの受け取り方法を選択する画面が表示されます。

確認コードの受け取り方法は以下の4つになります。

  • ・ハガキでの受け取り
  • ・電話での受け取り
  • ・メールでの受け取り
  • ・Google Search Consoleでの即時オーナー確認

ただし、ビジネスの内容によって選択できる受け取り方法が異なりますので、選択肢の中から都合のいい方法を選択しましょう。

確認コードが手元に届いたら、Googleマイビジネスの登録ページからログインし、確認コードの入力欄に正確に入力して送信しましょう。送信後、完了のメッセージが届けば、登録完了です。また、オーナー確認の手順で不明な点が出てきた場合には、Googleマイビジネスのヘルプページから問い合わせることも可能です。

Googleマイビジネスを活用しよう!

今回は、Googleマイビジネスを活用することで得られるメリットや特徴をご紹介しました。無料で登録することができ、活用することでさまざまなメリットがあるGoogleマイビジネスは、ビジネスをアピールするのに魅力的なツールだと言えるでしょう。

今回ご紹介した情報も参考に、Googleマイビジネスを上手に活用して、より多くのお客様に会社やお店の存在をアピールしてみてはいかがでしょうか。

Googleマイビジネスの取り扱い16,000社以上の実績(2020年2月現在)があるEPARKグループでは、お忙しいビジネスオーナー様に代わってGoogleマイビジネスの登録から運用管理まで代行いたします。もちろん、チェーン店などの複数店舗の登録・管理もまとめてお任せいただけます。
Googleマイビジネスに興味があり活用をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

「Googleマイビジネス代行サービス」の詳細はこちら
「複数店舗向けGoogleマイビジネス代行サービス」の詳細はこちら

[あわせてお読みください]

この記事の執筆者:ホームページシード編集部
ホームページシードは、株式会社イーフロッグの社員によって運営・執筆されています。
ホームページ作成・運用に関するお役立ち情報を発信いたします。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事