デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

クリック率の改善にはタイトルとディスクリプションが重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリック率

クリック率の伸び悩みを改善したい場合、考えてみなければならないのはホームページの内容そのものをより良くすることだけではありません。普段、検索結果の中からサイトを選んでクリックするとき、何を判断基準としてそのサイトを「見てみよう」と思うでしょうか。

ホームページの内容そのものを見る前に、訪問者が何を目にするか。それは、タイトルやディスクリプションです。これらの内容を、より訪問者の心を動かすものにすることが、クリック率の改善につながるでしょう。

目次

クリック率の改善にはタイトルやディスクリプションが重要

ホームページ

商品やサービスを価値として提供し、安定的な収益を図るには欠かすことのできないクリック率。効果的に、かつ戦略的にクリック率を改善していくためには、タイトルやディスクリプションをどうするかが大きなカギとなります。

いずれの要素にも共通するのは、読者や訪問者の感情を揺さぶりつつ、具体的で簡潔な表現を心がけることです。タイトルやディスクリプションを考える際、自分視点に陥ってしまうのは良くありません。どんなに素晴らしいことを述べたところで、クリック率に全くつながらないようでは、何の意味もないのです。

読者や訪問者の心理を理解し、効果的にクリック率をアップしましょう。大切なポイントを押さえて戦略を立てれば、望ましい結果が期待できます。

クリック率がアップするタイトルのコツとは?

クリック率をアップさせたいのであれば、タイトルを工夫するのは、もはや常識中の常識。もちろん、文章の中身も大切ではありますが、タイトルに魅力がなければ、安定的な収益につながっていきません。

訪問者や読者の目に最初に触れるのがタイトルです。ならば、タイトルの付け方の基本について学ぶのが、正しい手順なのです。

クリック率のカギは、数字にあった!

数字は陳述を具体的に見せるのに有効です。タイトルに数字を入れただけで、それ以降のクリック率が上がったという話は、枚挙にいとまがありません。

というのも、数字が1つあるだけで、説得力が大きく変わってくるからです。例えばですが、「やせられるキムチダイエット」というよりは、「3ヶ月で5キロの減量に成功したキムチダイエット」とする方が、どこか説得力が上がるはずです。

どれだけの期間でいかに効果を発揮できるかは、多くの人にとって関心ごとです。それならば、数字をタイトルに入れる方が望ましいと言えます。

読者に疑問を抱かせ、好奇心を刺激しよう

読者に疑問を投げかけてみると、思わずクリックさせたくなる仕掛けを作ることができます。質問されれば何かしらの答えを出したくなるのは、人間の心理の基本。知りたいという感情をうまく動かして、好奇心をそそることができれば、クリック率も改善されます。

「なぜ、キムチでダイエット効果を期待できるのか?」「なぜ、炭酸水は健康に良いと言えるのか?」といったように疑問形で終えるのがポイントです。この類の戦略では、クエスチョンマークを使ってみると、さらに効果的です。

好奇心の強い読者が多く集まっているのであれば、この手法を使わない理由はありません。

クリック率に影響する比較表現

何かと何かを比較し、クリック率アップをねらうのも、効果的な方法です。これも「異なる2つのものを提示されて、ついつい比較したくなる」という人間の心理を活用するからです。

お買い物でもよくあることですが、「どちらが得といえるか」について、ついつい考えてしまうことはありませんか? まさにこれと同じ心理です。

ダイエットでも、「有酸素運動と無酸素運動、どちらがより早く効果が出やすいか?」と言われたら、その答えを知りたくなるはずです。

比較をする際は、特徴が真逆になっているもの同士を引き合いにしてみましょう。お互いに相反する要素であれば、振り子の揺れが大きくなるように、感情の揺れも大きくなるのです。

感情を揺さぶる表現とは?

クリック率アップは、いかにして読者や訪問者の感情を揺さぶることができるかにかかっているといっても、決して過言ではありません。しょせん人間は感情の生き物である以上、感情にアプローチをするのが最も効果的なのです。

具体的には「ホントに?」「え?」「ウソでしょ?」と言った言葉を加えてみます。そうすることで、情報発信者と情報受信者の感情が一体になり、クリック率アップに直結するのです。

ただし、この手法は過剰な使用に注意。あまりやりすぎてしまうと、読者や訪問者の反応が落ちるので、その点は気をつけた方がいいでしょう。程良い頻度で感情に関わる表現を使うからこそ、人間の心に反応するのです。

クリック率がアップするディスクリプションのコツとは?

ビジネス

ディスクリプションを工夫することも、クリック率のアップのカギを大きく握っています。検索結果で上位に来てこそ大きな収益が期待できますし、そのためにはディスクリプションを意識することも、必要不可欠です。

効果的なSEO対策につなげるためにも、正しいディスクリプションの書き方について、事前に学んでおきましょう。

クリック率とディスクリプションの文字数の関係

ディスクリプションは、ただ文章を書けばいいというのものでもありません。どんなに正論を熱弁したところで、検索エンジンに評価されないディスクリプションを作っても、全くの本末転倒。まずはディスクリプションに適した文字数を知ることが、クリック率を改善するための第一歩なのです。

基本的には、ディスクリプションはどんなに長くても120文字以内に収めましょう。ただし、スマホの場合は50文字以内です。あまりにも文字数が多いと、検索結果画面でディスクリプション全体が表示されません。だからこそ、上限文字数を把握することが大切なのです。

クリック率を上げたいなら、長々とした説明はNG

主張したいことがあると、ついつい熱弁を振るいたくなるものです。人間の心理としてはよくある話ですが、ディスクリプションでクリック率を上げたいなら、説明の仕方にも注意を払う必要があります。

この際、商品やサービスの説明を長々とするのはNG。そんなことにはだれも興味ないからです。興味のないことはスルーされるのが当たり前。そのため、せっかく熱弁を振るってもその内容が読んでもらえることはありません。

簡潔な説明がベスト、シンプルにまとめよう

訪問者やお客様が手っ取り早く知りたいのは、「商品やサービスの購入によって、どういうベネフィットを得ることができるのか」という点です。つまり、その知りたい情報が完結に説明されていた方が、クリック率を上げることができるのです。

忙しい時に長々と書いた文章を読みたいとは、だれも思いません。シンプルに言いたいことがまとまっている表現の方が、より魅力的に感じるものです。「訪問者やお客様から評価されれば、クリック率アップにつながる」ことをしっかりと肝に銘じておきましょう。

クリック率とキーワードの位置の関係を侮ることなかれ

キーワードの位置をどうするかは、比較的疎かにされがちです。しかし、この要素もクリック率のアップに大きく貢献します。グーグルやヤフーなどの検索エンジンは、前の方に出てきたキーワードを重視して評価する傾向にあるのです。

そのため、ディスクリプションに立派な内容が書かれていても、あるいは重要なキーワードが盛り込まれていても、必ずしもクリック率アップにはつながりません。もしディスクリプションで困っているようであれば、キーワードの位置を今一度見直してみてはいかがでしょうか。これだけのことでも、効果的な改善が期待できます。

キーワードの盛り込みすぎは、かえって逆効果

ディスクリプション1つでクリック率を上げたいのであれば、キーワードを盛り込んでSEO対策を行うのが効果的です。その方が、どういうコンテンツを扱っているのかが明確になるし、訪問者としてもサイトやメルマガの内容を理解しやすくなることでしょう。

しかし、だからと言って、キーワードを盛り込みすぎても逆効果。あまりにもキーワードが多いコンテンツは、かえって内容が薄っぺらいと判断され、結果として評価も下がるのです。

違和感のない自然なコンテンツだからこそ、訪問者からも検索エンジンからも高い評価が得られるということを、肝に銘じておきましょう。

タイトルやディスクリプションの本質を理解する

タイトルやディスクリプション改善によるクリック率。考えるだけで奥が深いテーマです。「キーワードや文字数をどうするか」がクリック率の命運を握るということを知って、目からうろこが落ちた方もいるかもしれません。

タイトルもディスクリプションも、訪問者や読者の目に止まる要素です。コンテンツ本体の充実度も大切ですが、それはあくまでもタイトルやディスクリプションなどをクリアしての話。予選の段階で引っかかっているようでは、本戦に駒を進めることができないのと、全く同じです。

だからこそ、細かい点を疎かにすることなく、タイトルやディスクリプションの本質を理解した上で改善に努めましょう。これだけのことでも、真の意味でピントの合ったクリック率対策ができるのです。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事