デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

知ってもらうことがすべての始まり、あなたの会社を知ってもらう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宣伝

会社を設立した場合や、新しく店舗の営業を始めた場合、最初に行うべきことのひとつに、多くの人に会社や店のことを知ってもらうことが挙げられます。もちろん、会社の設立や店舗の営業を行う前にやっておくべくことはたくさんありますが、お客様に商品やサービスを買ってもらうためにも、優秀な人材を雇用するためにも、まずは会社を知ってもらうことが重要です。

多くの人に知ってもらうためには、宣伝を行う以外に方法はありません。設立当初や営業開始当初は、この会社はどのような仕事をしているのか、この店では何を売っているのかを知らない人ばかりです。

今回は、会社や店舗の知名度を高めることの重要性とその方法についてご紹介します。

目次

多くの人に知ってもらうことから始める

注目

建物があることは知っているものの、何をしている会社なのか、何を取り扱っているお店なのかわからないといった経験はありませんか?また、知り合いに教えられて初めてどのようなお店なのかを知ったという経験をお持ちの方も少なくないことでしょう。

どんなに優れた製品やサービスを提供していても、お客様に認識してもらわなければ意味はありません。お客様に製品やサービスを利用してもらうためには、まずは自社の存在や製品、サービスについて知ってもらうことが必要になります。

お客様が製品やサービスを購入するまでの心理的プロセスを表す、「AIDMAの法則」と言うものがあります。米国のサミュエル・ローランド・ホール氏によって提唱されたAIDMAの法則は、「Attention(アテンション・注意)」、「Interest(イントラスト・興味や関心)」、「Desire(ディザイアー・欲求)」、「Memory(メモリー・記憶)」、「Action(アクション・行動)」の頭文字を取っています。

つまり、お客様の購買行動は、製品やサービスの存在を知り(Attention)、自分に関係のあるものとして興味・関心を示し(Interest)、その製品やサービスを欲しいと考え(Desire)、記憶し(Memory)、購入に至る(Action)というプロセスに分けることができます。

また、これらのプロセスは、認知段階である「Attention」、感情段階である「Interest」、「Desire」、「Memory」、そして行動段階である「Action」に別れます。

このAIDMAの法則では、お客様が製品やサービスを購入するまでのプロセスの最初は「Attention」、つまり製品やサービスを認識してもらうことです。製品やサービスの利用につなげるためにも、まずは知ってもらわなければ先に進むことができないのです。

何を知ってもらいたいのかを明確にしておく

宣伝を行う場合には、何を知ってもらいたいのかを明確にしてからでなければいけません。むやみに宣伝を行っても、何を伝えたいのかがわからなければ効果は見込めないでしょう。まずは誰に何を知ってもらいたいのかを明確に必要があります。

例えば、提供している製品やサービスを知ってもらい、お客様を獲得したいのであれば、製品やサービスの特徴や利用することのメリットといった、お客様が興味を抱いてくれそうな情報を宣伝する必要があります。また、優秀な人材を募集したいのであれば、就職活動をする人に向けて、会社の魅力や目的、そしてビジネスのビジョンを知ってもらう必要があります。会社、もしくは店舗の情報を出来る限りオープンに発信していくことが重要だと言えるでしょう。

よほど珍しい会社名や製品名、サービス名でない限り、名前を知ってもらっただけでは、お客様に興味を持ってもらうことは難しいものです。お客様の目線に立って、興味や関心を持っていただけるような情報を発信することが重要です。つまり、「Attention」の次の段階である、「Interest」、「Desire」、「Memory」といった感情段階まで意識して、宣伝活動を行う必要があると言えるでしょう。

インターネットの活用が必要不可欠

インターネット

会社の存在や、製品やサービスの存在を多くの方に知ってもらうために、テレビCMを作成して広告できるような企業はなかなかありません。しかし現在では、インターネットの普及によって、誰でも簡単に興味のある情報を収集することができます。

例えば、初めて訪れた土地で食事をとるとき、インターネットを利用して美味しい飲食店の情報を収集した経験はありませんか。また、どこか旅行に行く際に、目的地や宿泊先、観光スポットなどをインターネットで探したことがある方も多いのではないでしょうか。このように、何か情報を探す際にインターネットを利用することは当たり前になりつつあります。

そのため、費用を抑えつつ会社や製品、サービスを知ってもらう方法として、インターネットの活用は有力な手段だと言えるでしょう。自社のホームページを開設して会社や製品、サービスの情報を発信することによって、お客様はみずから情報を探してホームページを訪れてくれるかもしれません。お客様の目線に立って、興味・関心を持ってくれそうな情報を発信するようにしましょう。

インターネットを活用してアピールする方法

プロモーション

自社のホームページを開設して宣伝を行う場合、より多くのお客様にアピールするためにも検索結果の上位にホームページを表示させることが重要になります。そのための対策方法として、検索エンジン最適化を意味するSEO対策があります。

SEO対策の方法として、情報をこまめに発信し、ホームページ内で公開しているコンテンツを増やしていくことが有効です。情報を求めているお客様がホームページを訪れてくれても、発信している情報が古ければ製品やサービスの利用につなげるのは難しいと言えるでしょう。

また、お客様が検索しそうなキーワードをコンテンツ内に適切に配置するのも有効なSEO対策の手法のひとつです。Googleが提供しているキーワードプランナーなどを活用し、お客様が関心を示しそうなキーワードを決めて、キーワードを含めた情報を発信すると良いでしょう。ただし、いくらお客様が関心を持ちそうなキーワードであっても、発信している情報と無関係だったり、文脈を無視してキーワードを使用したりしても効果を期待することはできません。お客様目線に立って、有益な情報を発信することを心がけましょう。

また、SNSの活用も効果的な宣伝方法のひとつです。近年、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が急速に普及していることもあり、TwitterやFacebookといったSNSのアカウントを開設し、情報を発信している会社や店舗も増えています。

SNSではニュース性の高い情報を気軽に更新することができ、投稿を見たお客様が情報をシェアすることによって、会社や店舗の存在を知らなかった層にまでアピールできる可能性があります。ホームページとともにSNSを活用することで、さらなる宣伝効果が期待できると言えるでしょう。

今回は、会社や店舗の知名度を高めることの重要性とその方法についてご紹介しました。いくら良い製品やサービスを取り扱っていても、お客様に存在を知られていなければ利用してもらうことはできません。今回ご紹介した情報も参考に、会社やお店の存在を効率的にアピールしていきましょう。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事