デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

ホームページはコンテンツでクオリティが変わる。コンテンツの役割とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ作成

ホームページを運用するうえで、ホームページを訪問してきたユーザーに情報を提供する役割を持つコンテンツは欠かすことができません。ホームページの目的が自社の製品やサービスのプロモーションであるならば、ユーザーが製品やサービスに興味を抱いてもらえるようなコンテンツを用意する必要があります。

ここでは、ホームページを運用するうえで必要なコンテンツの役割と、コンテンツを作成する際のポイントをご紹介します。

目次

ホームページの目的に合ったコンテンツが必要

コンテンツ

ホームページにコンテンツが必要不可欠とは言え、紹介したい製品やサービスと関係のないコンテンツを大量に用意する事は意味がなく、本当に伝えたい内容をユーザーにアピールすることができません。製品やサービスを効果的にプロモーションするためには、ホームページの目的を明確にしたうえで、適切なコンテンツを用意する必要があるのです。

そのためにはまず、ホームページを運用する目的を明確にする必要があります。目的に合ったコンテンツを制作するためには、どういったポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。

ホームページの目的を明確にする

ターゲット

コンテンツを用意する前に、ホームページを活用して、「誰に向けて」「何をアピールしたいのか」を明確にしておきましょう。ターゲットと目的が明確であれば、どういったコンテンツを用意するべきかが見えてくるはずです。

何を目的としているのか

まずはホームページを利用して、何をしたいのかを確認しておきましょう。自社製品やサービスをプロモーションしていきたいのであれば、その製品やサービスの魅力や特徴を伝えるコンテンツが必要になってくるはずです。

誰に向けてアピールしたいのか

目的が明確になれば、誰に向けてアピールするべきかが絞られてきます。例えば、介護サービスを提供する企業が、サービスの利用促進を目的にホームページを運用するのであれば、メインとなるターゲットは高齢の方やそのご家族となります。そこで若者向けのコンテンツを大量に用意したところで、介護サービスの利用には至らないでしょう。つまり、ターゲットからの関心を集める可能性が高いコンテンツを作成していく必要があるのです。

コンテンツの役割とは

コンテンツ

ホームページの目的とターゲットが決まれば、コンテンツの方向性が定まります。しかし、コンテンツの役割についても理解しておかなければ、効果的なプロモーションにつなげることは難しいものです。コンテンツを作成する前に、まずはコンテンツの役割を確認しておきましょう。

ホームページのコンテンツの役割は有益な情報を提供すること

ホームページ内で公開するコンテンツの最も大きな役割は、ホームページを訪れたユーザーに対して有益な情報を提供することです。ユーザーにとって役に立つ情報を提供したうえで、アピールしたい製品やサービスに興味を持ってもらうことが重要です。製品やサービスをアピールすることに気を取られて、ユーザーの存在をないがしろにしないように注意しましょう。

製品やサービスの魅力を伝える役割

ユーザーにとって役立つ情報を提供することが大切なのはもちろんですが、製品やサービスの魅力を伝えることができなければ、ホームページを運用する目的を果たすことはできません。製品やサービスが、ユーザーの疑問や悩みの解決にどう役立つのかを上手に伝えるコンテンツの作成を心掛けましょう。

SEO対策としての役割も

自社ホームページを検索結果の上位に表示させるためのSEO対策においても、コンテンツは重要な役割を担っています。検索結果の表示順位は、検索エンジンの評価によって決まります。そして、検索エンジンによる評価は、コンテンツの量や質などの要素で判断されます。そのため、ホームページを上位に表示してより多くのユーザーに製品やサービスをアピールするためにも、コンテンツは大切だと言えるでしょう。

コンテンツ作成時に押さえておきたいポイント

コンテンツ

ホームページを運用する目的とコンテンツの役割を確認したら、コンテンツを作成していきましょう。ここでは、コンテンツを作成する際に覚えておきたいポイントをご紹介します。

ポイントを押さえてコンテンツを作成し、より良いホームページを目指しましょう。

ターゲットとなるユーザーのニーズを考える

アピールしたい製品やサービスのプロモーションするために、まずはターゲットとなるユーザーのニーズを考えましょう。ユーザーのニーズを満たすようなコンテンツを作成することができれば、ホームページ自体に興味を抱き、製品やサービスの購入を検討してくれる可能性が高まることでしょう。

製品やサービスに興味を抱くようなコンテンツを

ユーザーが何を求めているかというニーズを確認したら、ユーザーのニーズを満たしたうえで、どのように製品やサービスをアピールしていくかを考えます。製品やサービスを利用することで、どうしてユーザーが抱えている疑問や悩みを解消できるのかという理由を明確に示してあげることが大切です。

SEO対策でより多くのユーザーにアピールする

作成するコンテンツにSEO対策を施して検索結果の上位表示を目指すことも、製品やサービスのプロモーションとして有効な手段と言えるでしょう。ユーザーが検索する際に使用すると考えられるキーワードをコンテンツ内に適切に配置することで、上位に表示されやすくなります。ただし、キーワードを文脈に関係なく配置するのは逆効果となるので注意が必要です。あくまでユーザー第一のコンテンツを作成するようにしましょう。

ツールを活用する

どういったキーワードを使用するのかを決定する際に、Googleが提供する「キーワードプランナー」などのツールが役に立ちます。キーワードプランナーでは、キーワードがどの程度検索されているのかを確認できるだけでなく、指定のキーワードに関連するキーワードも確認することができます。

また、アクセス解析ツールの活用も効果的です。Googleが提供する「Google アナリティクス」では、ユーザーがどんなキーワードでホームページに流入しているのか、どのコンテンツが特に閲覧されているのかといった情報を確認することができます。こういった情報を参考に、ユーザーの関心を集めるコンテンツを作成するのも一策と言えるでしょう。

ユーザー目線に立ったコンテンツを

コンテンツ

今回は、ホームページを運用するうえで重要な役割を果たすコンテンツについて解説しました。製品やサービスの魅力をアピールするためだけでなく、ホームページ自体の集客力を向上させるためにもコンテンツは欠かすことができません。

コンテンツ作成で重要なポイントは、ユーザーにとって有益な情報を提供することです。ターゲットを明確にし、ニーズを満たすようなコンテンツ作成を心掛けましょう。その際には、キーワードプランナーやGoogle アナリティクスといった基本の無料ツールも役に立つことでしょう。ユーザー目線に立ったコンテンツ作成を心掛け、目的を達成できるホームページを目指しましょう。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事