デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

ホームページの素材を準備する際のポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイト作成

インターネットが普及した現在、自社ホームページを開設して製品やサービス、あるいは企業自体のプロモーションを行っている企業は増えています。スマートフォンやタブレットといったモバイル端末の保有率が上昇していることもあり、インターネット上でのプロモーションは企業にとってますます重要な役割を担うことが予想されます。

とはいえ、社内にホームページ制作の専門的な知識をもつ人材がいない場合や、制作を依頼するための高額な費用を捻出できない場合など、自社ホームページの作成を諦めかけている方も少なくないのではないでしょうか。

最近では、写真や原稿など、ホームページの中身となる素材を用意するだけで、業種に特化したホームページを低予算で作成できるサービスも存在します。今回は、そういったサービスを利用してホームページを作成する場合に覚えておきたい、素材を準備する際のポイントをご紹介します。

目次

素材を準備するだけでホームページ作成は可能

写真

安価にホームページを作成する際の選択肢として、業者が用意したテンプレートの中から気に入ったデザインを選んでホームページを作成する方法もありますが、この方法は他のサイトと似通ったデザインになってしまいがちというデメリットがあります。

一方で、冒頭で触れたように、最近ではホームページに必要な写真や原稿といった素材を用意するだけでホームページを作成できるサービスも存在します。この方法では、テンプレートを使用する汎用的なホームページではなく、業種に特化したオリジナルデザインのホームページを作成することができます。

高額な費用はかけられないけれど、他社のホームページとは被らないオリジナルデザインのホームページを作成したいと考えている場合には、素材を準備してホームページを作成するこの方法は有力な選択肢となるでしょう。

素材を準備してホームページを作成する流れ

ホームページ作成

では、素材を準備してホームページの作成を依頼する場合、どういった流れで制作を行うのでしょうか。一般的な流れをご紹介します。

契約

まずはサービスを提供する会社のホームページから申し込みを行います。この際に、契約プランやオプション、ドメインの希望などを選択します。オプションには、SNSやブログとの連携、プロのカメラマンによる写真撮影、データのバックアップなど、さまざまな項目が用意されています。また、契約時に不明な点がある場合には、電話サポートに対応しているケースもあるので確認してみましょう。

素材の準備

契約が完了したら、ホームページに必要な写真やテキスト原稿を準備します。これらの素材がホームページの内容を大きく左右するので、ホームページの目的を明確にしたうえで準備するようにしましょう。また、素材の準備ができていないままホームページを作成することはできないので、なるべく早く準備しておくとよいでしょう。

サイト制作の打ち合わせ

素材の準備が完了したら、サービスを提供する会社の担当者と、ホームページのイメージのすり合わせを行います。この際に、参考にしているホームページ等があれば伝えておくようにしましょう。また、ホームページが完成してから「イメージと違った」といった事態にならないよう、しっかりと要望を伝えることが大切です。

ホームページ制作

担当者との打ち合わせでイメージのすり合わせを行ったら、いよいよサイトの制作となります。製作期間は依頼するページ数などによって変わりますが、5ページ程度のホームページの場合であれば5~7営業日ほどが一般的と言えるでしょう。

素材を準備する際のポイント

カメラマン

画像やテキスト原稿といった素材を準備してホームページを作成する場合の流れをご紹介しました。では、実際に素材を準備する際に、どういったポイントを重視すればよいのかを確認しておきましょう。

ホームページの目的・コンセプトにあった素材を

まずは、素材を準備する前にホームページを作成する目的・コンセプトを再確認しておきましょう。ホームページの目的やコンセプトに沿って画像や原稿を準備していくので、ここが明確でなければ統一感がないホームページになってしまします。

トップページはひと目で分かる画像を用意

ホームページを訪れて最初に目にするのがトップページです。そのため、企業のコンセプト、特徴をアピールできる素材を準備することが大切です。トップページに載せる画像は、訪問してきたユーザーの目に留まるきれいな画像を用意しましょう。また、飲食業であれば看板メニュー、建築業であれば建築物など、このページは何についてのホームページなのかが瞬時に分かるような画像を選ぶことが大切です。

トップページのテキストはキャッチコピーがカギ

トップページの画像と同様、トップページのテキストも、瞬時に何のサイトかが分かることが大切です。ホームページの内容を簡潔かつ魅力的に伝えるキャッチコピーを用意しましょう。この際、より多くの情報を伝えるために長い文章を記載する必要はありません。企業や製品、サービスの詳細は他のページに記載することができるので、シンプルで分かりやすい文章を意識するようにしましょう。

商品・サービスの紹介ページは魅力を存分に伝えられる素材を

自社が提供する製品やサービスを紹介するページでは、製品・サービスの魅力をアピールできる画像を用意しましょう。テキストも同様で、その製品・サービスならではの強み、アピールポイントが伝わる文章を心がける必要があります。アピールしたいポイントが何かを明確にしたうえで画像とテキストを用意することが大切です。

店舗紹介(会社概要)では基本情報を正確に

店舗紹介や会社概要では、基本情報を正確に記載することが大切です。店名(会社名)、代表者名、所在地、連絡先(電話番号、メールアドレス、FAX番号)、そして、営業時間や定休日などの情報は必ず記載するようにしましょう。また、ホームページを訪問してくれたユーザーに向けて、店舗・会社からの挨拶文やモットーなどを簡潔にまとめるとよいでしょう。画像は店舗・会社の雰囲気をシンプルに伝えられるものを用意するようにしましょう。

画像の準備はプロカメラマンに依頼するのも一策

会社や製品、サービスの魅力をアピールできる画像の準備は、プロのカメラマンに依頼するのもひとつの方法と言えるでしょう。素材を準備してホームページを作成するサービスでは、プロのカメラマンによる写真撮影のオプションが用意されているケースもあります。よりクオリティの高い画像素材を準備しようと考えた場合には、プロカメラマンへの依頼も検討する価値があると言えるでしょう。

ホームページの目的に合った素材を準備しよう

ホームページ

今回は、費用を抑えつつオリジナリティのあるホームページを作成する際の、素材準備のポイントをご紹介しました。ホームページの活用は、製品やサービス、企業自体をプロモーションするための有効な手段です。そして、画像やテキスト原稿はホームページのクオリティを左右する大切な要素になります。ホームページを作成する目的を明確にして、コンセプトに沿った素材を用意しましょう。

高額な費用をかけなくても、業種に特化したオリジナリティのあるホームページを作成することは可能です。ホームページの目的に沿った素材を準備して、オリジナリティのあるホームページを作成してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせをいただいた方に「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事