デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページサービス

統一されたデザインでブランディングする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド

新たに商品を開発して公開する際、商品の魅力を十分にアピールできるかたちでブランドとしてお客様に伝えていく必要があります。そのためには、ブランドが生まれた背景、商品のラインナップやそれにともなうサービス、さらにはその商品がどのように役立つのかを統一したデザインでブランディングしていく必要があります。また、そのデザインは企業のイメージと調和している必要があります。

こちらの記事では、統一されたデザインでブランディングを行うためのポイントをご紹介します。

目次

ブランディングの役割を把握することが重要

ブランディング

まずは、ブランディングの役割について確認しておきましょう。ブランディングとは企業のブランドを確立していくことを意味します。では、ブランドとはどういったものなのでしょうか。

そもそも、ブランドの語源は放牧された牛の所有者を判別するための焼印に由来します。所有者を判別するための焼印を意味するブランドは、次第に商品の提供元をブランドと呼ぶようになりました。こういった背景からもわかる通り、ブランドの根本には「差別化」があります。つまりブランディングとは、「この商品は、あの企業が提供しているから安心」といったように、企業のイメージを確立し、商品やサービスのクオリティをお客様に保証する役割があると言えるでしょう。

では、企業のイメージと調和するブランディングを行うには、どういったポイントを意識すれば良いのでしょうか。

企業のイメージと調和するブランディング

アイデンティティ

商品のブランディングを行うということは、同時に企業のブランディングを行うということでもあります。つまり、企業のイメージと調和したデザインでブランディングを行っていく必要があるのです。

たとえその商品のデザインが素晴らしいものであっても、企業のイメージと合わなければ価値が半減してしまうだけでなく、企業にとっても不要なものとなってしまいます。

そういった事態を防ぐためにも、あらかじめ企業の方針やコンセプトを明確にしておくことが重要だと言えます。商品をアピールする対象となるターゲットは誰なのか、企業としてのアイデンティティはどういった部分なのかを理解した上で、企業としての基軸となるデザインのイメージを確立しておく必要があります。

企業のイメージについて、デザイナーの認識をしっかりと確認してすり合わせておくことで、商品を生み出すための手間や時間だけでなく、契約したデザイナーとの良好な関係を守ることにつながります。

企業のイメージと調和するロゴを作る

デザイン

企業や商品のブランディングを行う上で、ロゴは重要な要素となります。では、会社や商品にとって、ロゴとはどのような位置付けになっているのでしょうか。

ロゴは企業のシンボルマーク

日本には古くから、家紋という文化が存在します。家紋は自分自身でデザインするようなものではありませんが、家紋を見ればどの家だということが判別できるという点では、企業や商品に用いられているロゴと似ていると言えるでしょう。

つまり、ロゴは企業のシンボルマークであり、ロゴを見ればどの企業の商品か、誰が見てもわかるようにすることが重要です。また、ロゴを元に商品のパッケージなど、デザインの方向性を決めていくので、企業のイメージをしっかりと反映したロゴを作成することが重要だと言えるでしょう。

ギャラリーサイトを活用しよう

ロゴの作成を専門の業者に依頼する場合、イメージを正確に伝えることが大切です。そういった場合に役立つのが、ギャラリーサイトです。

例えば、Logospire ( http://logospire.com/ )というサイトでは、シンプルでデザイン性の高いロゴが数多く掲載されています。こういったギャラリーサイトの中から、イメージに近いものをデザイナーに見せて要望を伝えるのも一策だと言えるでしょう。

色に統一性を持たせる

色に統一性を持たせることも、ブランディングで有効な手法の一つです。人の心理に与える印象は色によってそれぞれ異なります。例えば赤であれば、「生命」、「情熱的」、「衝動的」、「活動的」などの印象を与えることができます。黄色であれば、「好奇心」、「向上心」、「軽快」、「幸福」といった印象を与えることができます。色の持つ印象を意識して、会社のイメージにあった色を選択しましょう。

企業から連想する言葉をロゴに反映する

企業から連想する言葉をリストアップして、ロゴのイメージをふくらませる手法もあります。デザイナーはピックアップされた言葉からイメージをふくらませて、デザインに反映させることができます。この手法のメリットとして、新たに別の商品を作る際に、言葉を入れ替えるだけで企業のイメージと親和性の高いロゴになるという点が挙げられます。

パッケージを見ただけでその企業の商品だとイメージできることが重要

ラベル

しっかりと統一されたデザインでブランディングすることは、マーケティングやプロモーションにかけるコストを抑えることにつながります。企業のイメージを反映したロゴを作成し、ブランディングによってお客様からの信頼を獲得することができれば、新たな商品を展開した場合にも、「この企業の新しい商品であれば、きっと満足のいくクオリティだろう」と購入してもらえる可能性が高まります。

こういったお客様が企業のファンとなり、ロイヤルカスタマーとなることで、マーケティングやプロモーションのコストを抑えることにつながります。

つまり、商品のパッケージを見ただけで、どの企業の商品かがわかるようなロゴやデザインを作成することが重要になるのです。

また、市場におけるブランドの地位を確立することができれば、新たに後発の企業が市場に参入しづらくなるというメリットもあります。ブランドの確立によって、その市場における認知度は高まっているため、後発の企業は顧客に認識してもらえない状況になるためです。

リピーターや企業のファン、ロイヤルカスタマーの獲得だけでなく、市場における地位を揺るぎないものにするためにも、統一性のあるデザインでブランディングしていくことは非常に大切だと言えるでしょう。

まとめ

ブランディング

会社のイメージと調和するロゴやデザインの作成は、ブランディングを行う上で大変重要な要素となります。統一性のあるブランディングを行うことは、マーケティングやプロモーションにも大きく影響することを忘れないようにしましょう。

場当たりで統一性のないデザインではなく、計算され尽くした緻密なデザインの統一は、お客様に企業を認識してもらう上で大きな役割を果たし、企業のファンやロイヤルカスタマーの獲得にもつながります。

今回ご紹介した情報も参考に、企業のイメージをしっかりと反映した統一性のあるデザインを心がけ、お客様から信頼されるブランドの確立を目指しましょう。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事