ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

ホームページの運用管理を自分で行いませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運用管理

難しそうに思えるホームページの運用管理ですが、実はそれほど難しいことではありません。基本的な運用管理であれば、自分で行うことは可能です。

今回は、ワードプレス(Wordpress)を使ってホームページの運用管理を自分で行う方法と、運用管理をする際におさえたいポイントをご紹介します。

目次

ワードプレス(Wordpress)を使ってホームページの運用管理をする方法

運用

ホームページの運用管理には、どのような作業が含まれるでしょうか?ホームページ運用とは、会社の利益のためにホームページを活用することです。そのためには、ホームページを更新し、新しい情報を提供していくことは非常に重要となってきます。また、ホームページを管理するということは、トラブルや不具合に迅速かつ適切に対応し、ホームページを常に閲覧できる状態にするということです。これには、プラグインのアップデートやデータのバックアップも含まれています。では、ワードプレス(Wordpress)を使って、どのようにホームページの運用管理を行うのでしょうか?

ワードプレス(Wordpress)とは、ブログ形式でホームページを作成・運用することができるツールです。更新のたびに業者に依頼することも、費用も必要ありません。つまり、ホームページを頻繁に更新して、ユーザーを増やしたいと考えている方にとって、ワードプレス(Wordpress)はとても便利なツールだといるでしょう。

ワードプレス(Wordpress)は無料のプラグインが豊富であるというメリットがあります。使っているアプリケーションの機能を必要に応じて拡張することができるので、ホームページの運用管理に役立つのです。しかし、無料だからといってプラグインを入れ過ぎると、プラグインが干渉しあって悪影響が出てしまったり、バグがあった時に原因の特定が難しくなったり、サイト自体が重くなったりしてしまいますので、ホームページの運用管理に必要な最小限のプラグインを入れるようにしましょう。ワードプレス(Wordpress)のアップデートやプラグインのアップデート、データのバックアップをして安全な状態に保つことによって、ホームページの管理も適切に行うことができるのです。

もしHTMLやCSS、プログラミングなどといった専門知識を持っていれば、ワードプレス(Wordpress)でホームページのデザインを変更したり、SEO対策も可能となってきます。

では、ホームページの運用管理を行ううえでおさえたいポイントとはどんなことでしょうか?

ホームページの目的をはっきりさせる

目的

ホームページの目的をはっきりさせることは、運用管理を行っていくためには欠かせません。きちんと目的が果たされているのか、成果を上げられているかをチェックしながら運用管理していく必要があります。

目的を明確にすることで、対象となるユーザーも明確になるでしょう。対象としているユーザーに対してしっかりアプローチできているかどうかは、アクセス解析を行うことによって確認することができます。アクセス解析とは、ホームページを見たユーザーの特性や行動を分析することです。この分析により、年齢や性別といったユーザー属性や、どういった検索キーワードや広告、外部リンクから訪れているのか、よく見られているページ、サイトを離れたページ、一番初めに見たページがどこなのか、そしてどの程度コンバージョンにつながっているのか、といったデータを確認することができます。このデータをもとに、ホームページの改善を図ることができます。例えば、最初に見たページや良く見られているページは、ユーザーが興味を持っているページといます。このページを改善することによって、ユーザーの関心を高めてコンバージョンにつなげることができるかもしれません。また、どのくらいの成果を得たいかという具体的な目標を設定しておけば、その目標に向かってホームページがしっかりと運用されているか、という点もアクセス解析によって確認することができます。

アクセス解析には、アクセス解析ツールが必要となります。さまざまなアクセス解析ツールがありますが、多くの企業が導入している「Googleアナリティクス(GooglAanalytics)」がおすすめです。無料で使用することができ、データの種類・正確性・即時性においてトップクラスの機能性を誇ります。使い方をマスターして、適切な運用管理を行いましょう。

ホームページを充実させよう

SEO

ホームページを自分で運用管理することのメリットは、業者に依頼するよりコストをおさえることが可能で、ホームページの問題点を見つけた際に自由に改善を加えることができるという点です。ホームページの内容を充実させることによって、ユーザーは多くの情報を得ることができます。そして、その内容が気に入れば再びホームページを訪れてくれるでしょう。これはコンバージョンにつなげるために大切なことです。しかし、どんなにホームページの内容を充実させても、ユーザーが訪れなければ何の意味もありません。まずはユーザーにホームページを見てもらう必要があります。

そのために取り組む必要のあるのが、SEO対策です。SEO対策とは、ユーザーが検索サイトから何らかのキーワードで検索した際に、検索結果の上位に表示させるための対策です。検索結果の上位に表示されれば、多くのユーザーの目に留まることとなり、それはアクセス数、つまりホームページを見るユーザーの増加につながります。例えば、特定のキーワードで上位表示されるコンテンツの内容をさらに改善したり、上位に表示されていないコンテンツの内容をユーザーのニーズに合った内容にブラッシュアップするなど、さまざまな対策が可能です。この際に助けとなるのが「AllinOneSEOPack」というプラグインです。SEO対策に必要な機能が一斉にインストールされ、ワードプレスで適切なSEO対策を行うことができます。

ホームページを充実させSEO対策をしっかり行うことも、ホームページの運用管理を行うためには必要なことなのです。

まとめ

ホームページ

ホームページの運用管理を自分で行うことによっても、費用をおさえつつよりよい成果に結びつけることができます。ワードプレス(Wordpress)などを用いれば、基本的な運用管理は自分で簡単に行うことが可能です。

ホームページを適切に運用管理するためには、ホームページの内容を追加、改善するなどして更新する必要があります。また、アクセス解析を行うことにより、改善点を確認することができます。

また、SEO対策やコンテンツの改善を重ねてホームページを充実させれば、ユーザーにとってより有益なコンテンツを届けることができます。ホームページの運用管理を自分で行うことは、業者に依頼するよりも手間がかかるかもしれません。しかし、その手間はコストをおさえ、より多くのユーザーに閲覧されるホームページにつながります。

格安ホームページ作成サービス「ホームページシード」は、お客様ご自身でホームページを更新可能なシステムCMS「WordPress」もご用意しております。詳細は、「ホームページ作成について」のページをご確認ください。

お問い合わせをいただいた方に「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事