格安ホームページ作成サービス:
デザイン、価格、業種特化にこだわり

ブラウザとは? 種類や特徴、選び方を詳しく解説!【Chrome・Firefox・IE・Safari】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pixta_32799578_M.jpg

今や私たちの生活に欠かせないものとなったインターネット。じつは、私たちが気軽にインターネットを楽しむことができるのには、「ブラウザ」というソフトウェアが深くかかわっています。

けれど、「ブラウザという言葉を聞いたことがない」、あるいは「聞いたことはあるけど説明できない」という方は少なくないのでは?

こちらの記事では、ブラウザとはどのようなものなのか、そしてどのような種類や特徴があるのかを分かりやすく解説します。ブラウザを選ぶ際のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ブラウザとは?

pixta_48931566_M.jpg

「ブラウザ(browser)」とは、ウェブサイトやページを閲覧・操作するために使用するソフトウェアのこと。「ウェブブラウザ」や「インターネットブラウザ」と呼ばれることもあります。

たとえば、調べたいキーワードを検索エンジンで検索し、検索結果のなかから気になるページをクリックしてウェブサイトにアクセスする、という一連の流れもすべてブラウザ上で行われます。

つまり、今あなたが見ているこのページも、ブラウザを使って閲覧しているのです。

ブラウザはデバイスに標準搭載

pixta_32440210_M.jpg

ブラウザがウェブサイト等の閲覧ソフトであることは分かりましたが、とくにインストールした覚えがないという方も多いのでは?

じつは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスには、基本的にブラウザが標準搭載されています。

そのため、たとえブラウザの存在を認識していなくても、インターネットでサイトを閲覧することができているのです。

ブラウザでは何ができる?

pixta_25247856_M.jpg

ブラウザでは、ウェブサイトやウェブページを閲覧する以外にもさまざまなことができます。次は、一般的なブラウザに搭載されている主な機能について見ていきましょう。

ウェブサイトの閲覧

ブラウザの主な機能として、やはりウェブサイトの閲覧が挙げられるでしょう。

インターネット上に公開されているほとんどのページは、HTMLというマークアップ言語で作成されています。

このHTMLで記述されたファイル(ソース)をブラウザが読み込むことで、普段私たちが目にするようなページとして表示されるわけです。

URLの表示・入力

公開されているすべてのウェブページには、インターネット上の住所のような役割を担うURLが設定されています。たとえば、このページのURLは「https://hp-seed.jp/useful/1231/」です。

ブラウザには閲覧中のURLが表示されるアドレスバー(オムニボックス)があり、URLを確認したり、URLを入力してウェブサイトに移動したりすることができます。

WEBページのブックマーク

ブラウザには、気に入ったウェブサイト・ページを登録することができる「ブックマーク」という機能があります。よく訪れるサイトやページをブックマーク登録しておくことで、検索エンジンでキーワード検索をしたり、URLを入力したりする手間を省いてアクセスすることが可能になります。

閲覧履歴の確認

ブラウザでは、過去に訪れたサイトやページが記憶されています。そのため、過去に訪れたページを確認・再訪したいという場合には、閲覧履歴からさかのぼって調べることが可能です。

また、閲覧履歴のすべて、もしくは一部を削除することもできます。閲覧履歴が蓄積されるとブラウザの動作が重くなる(遅くなる)ことがあり、動作速度を改善したいときなどには閲覧履歴の削除が役立ちます。

閲覧ページの拡大・縮小

ウェブサイトを閲覧しているなかで、文字や画像が小さい、もしくは大きくて見づらいということが多々あると思います。そのような場合でも、ブラウザでは閲覧中のページを拡大・縮小することができます。

また、スマートフォンやタブレットであれば、画面をピンチイン・ピンチアウト(2本の指で狭めたり広げたりすること)で拡大・縮小することも可能です。

代表的なブラウザの種類・特徴をご紹介!

pixta_26792255_M.jpg

ひと口にブラウザといっても、さまざまな種類が存在します。そして、デバイスに標準搭載されているブラウザから、好みのブラウザに変更あるいは併用することも可能です。

次は、代表的なブラウザの種類とその特徴を確認していきましょう。

Google Chrome(グーグル・クローム)

「Google Chrome(グーグル・クローム)」は、検索エンジン最大手のGoogleが提供しているブラウザです。Androidのスマートフォン・タブレットに標準搭載されており、世界でもトップシェアを誇っています。

最大の特徴は、GmailやGoogleカレンダーをはじめとした各種Googleサービスとの相性が良い点で、Googleアカウントを介して他端末と同期することも可能です。また、拡張機能(アドオン)が豊富なので、用途や好みに合わせてカスタマイズしやすいという魅力もあります。

Mozilla Firefox(モジラ・ファイアーフォックス)

「Mozilla Firefox(モジラ・ファイアーフォックス)」は、Mozilla FoundationおよびMozilla Corporationが開発しているブラウザです。狐のマークがシンボルで、「火狐」という愛称でも知られています。

Google Chromeと同様に拡張機能(アドオン)が豊富で、必要に応じてカスタマイズすることができます。

Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)

「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)」は、マイクロソフト社が開発・提供していたブラウザで、省略してIEと呼ばれることもあります。

Windowsのパソコンに標準搭載されていたため、Google Chromeの登場以前はトップシェアを誇っていました。現在は開発が行われておらず、Windows10以降は後述する「Microsoft Edge」が標準ブラウザとなっています。

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)

Internet Explorerの後継ブラウザとして登場したのが「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」です。Google Chromeの台頭により下がったシェア率を取り戻すべく開発されており、Internet Explorerよりも高性能となっています。

また、マイクロソフト社が提供する各種サービスとの親和性が高く、今後の動向が注目されているブラウザのひとつだと言えます。

Safari(サファリ)

「Safari(サファリ)」はApple社が開発しているブラウザで、iPhoneやMacなどのApple社製の端末に標準搭載されています。以前はWindows版のSafariも開発されていましたが、現在は基本的にApple製品のみで利用可能となっています。

Safariの特徴としては、Apple社ならではの直感的なユーザーインターフェースと、WEBページのデザインを正確かつ美しく描画できる点が挙げられます。

Opera(オペラ)

「Opera(オペラ)」は、ノルウェーのソフトウェア開発会社Opera Software ASA社によって開発されたブラウザです。

省電力モードや広告ブロック機能、データ圧縮機能などが標準搭載されているほか、拡張機能(アドオン)でカスタマイズすることも可能です。他のブラウザにない個性的な特徴から、コアなファンから愛されているブラウザとして知られています。

ブラウザを選ぶときのポイントは?

pixta_25121950_M.jpg

デバイスに標準搭載されているブラウザを変更する場合、どのような基準で選べばよいのでしょうか。

次は、ブラウザを選ぶときにチェックするべきポイントをご紹介します。

使用しているOSに対応しているか

ブラウザ選びで注意したいのが、使用している端末のOS(Windows、Android OS、macOS、iOSなど)に対応しているかどうかです。

ブラウザが使用中のOSに対応していないと、正常に動作しない場合や、マルウェアの感染リスクが高まってしまう場合があります。

また、OS自体のバージョンが古い場合も上記のような心配があるので、常に最新のバージョンにアップデートするよう心がけましょう。

目的や用途に合った性能を備えているか

すでにご紹介している通り、ブラウザによって特徴はさまざま。そのため、目的・用途を考慮した上で検討することが大切です。

標準機能・拡張機能の充実度や操作性、セキュリティなど、インターネットを利用するときに重視する点を考慮した上で、自分に合ったブラウザを選択するようにしましょう。

迷ったときはメジャーなブラウザが安心

ブラウザ選びで迷った場合には、上記で挙げたGoogle Chromeなどのメジャーなブラウザを選ぶことをオススメします。

多くのウェブサイトは、メジャーなブラウザでの閲覧を想定して制作されているため、マイナーなブラウザでは正常に表示されないケースがあります。また、利用者数が多いブラウザに比べ、開発やサポートが終了してしまうリスクが高いとも言えます。

よほどこだわりがない限りは、メジャーなブラウザを選択しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、ブラウザの役割や基本的な機能、主なブラウザの種類と特徴をご紹介しました。

ブラウザはウェブサイトやページを閲覧するのに不可欠であり、種類によってさまざまな特徴があります。

今回ご紹介した情報も参考に、自身の目的や用途に合ったブラウザを探してみてはいかがでしょうか。

業界トップクラスの70,000社以上のノウハウ「セミナーで好評のホームページ戦略」の資料プレゼント(割引特典付き)

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

私たちは、お求めやすい価格で、お客様が望むオリジナルデザインのホームページを作成するWeb制作会社です。 面倒な更新作業はお任せで「デザイン」「価格」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 お気軽にご相談ください。

おすすめ記事