デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページ作成サービス

サイトデザインのトレンドを知り商品をスタイリッシュに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブデザイン

どんなに商品に魅力があっても、その魅力を充分に紹介することができるホームページでなければ意味がありません。デザインが古いホームページに最新の商品を載せたとしても、ホームページ自体の魅力が低いわけですから、ユーザーが商品に魅力を感じることはあまり期待できません。商品をアピールするためにはサイトデザインのトレンドを知り、自社のホームページに取り入れて、商品の魅力を充分にアピールしなればいけないのです。

ここでは3種類のトレンドテクニックと商品やサービスの魅力を引き立てる方法をご紹介していきます。

目次

背景に大きな画像や動画を使用する

ブランドイメージ

トレンドは時代の流れで変わってきます。そのため、トレンドを捉え、サイトデザインに取り入れる必要があります。

まず、1番重要となってくるのが、ビジュアル要素です。最近のトレンドでは、背景に大きなイメージ写真を使用することが多いようです。ブランドのイメージや商品そのものを大胆に大きく表示することで、インパクトも大きくなってきます。その商品を使って欲しいユーザー層や、使うことによって得られる効果のイメージをユーザーに強く刷り込むことができます。閲覧者は一番手前に表示されている商品の説明や写真を見ると同時に、購入後に使用した場面をイメージしやすいように工夫されている内容が多く見られます。

また、商品やブランドの紹介を、背景動画と文字の組み合わせで表すことで、ユーザーの記憶に強く残すことができます。動画の場合、商品を使用する場面をさらにイメージしやすくなるので、購入意欲を高める効果が期待できるでしょう。

次に色使いも重要な要素です。色の使い方や色の組み合わせは、ホームページの見やすさにも関係してきます。例えば、紹介する商品と同系色の色を背景に持ってきてしまうと、商品の存在が曖昧になってしまいます。また、商品に対する魅力を力説する文章を書いたとしても、背景の色と文章の文字の色が同系色であれば、読みづらいものとなってしまいます。このように、背景の色と前面にくる要素の色の組み合わせが美しいことも、ユーザーを引き付けるとともに、商品やサービスを効果的に伝えるためには大切なポイントとなります。

また、目立ちませんが実はフォントもサイトの印象を際立たせる要素のひとつとして挙げられます。基本的にデバイスフォントになってしまうので、同じサイトでもデバイスによってフォントが変わってしまう場合があります。しかし、Webサイトの技術は進歩し続けており、最近では無料のWebフォントも提供されています。こうした情報や知識を取り入れて、使えるフォントを増やすことでデザインの幅は広がり、クオリティーを高めていくことができるでしょう。

パララックスを使ってよりスタイリッシュに商品を紹介する

ウェブページ

パララックスとは視差効果を指します。スクロールを行った際に、通常の速さで上下するのではなく、画像などのコンテンツが制作者の思惑通りに別々の動きをすることをいいます。その結果、立体感・奥行きを演出することができます。パララックスは見ている人を楽しませるためにも、効果的な手法であると考えられます。

独特な動きを演出することができるので、閲覧者は強いインパクトを抱くことでしょう。通常のスクロールでは、画像の途中など制作者の意図しない位置を見られているかもしれません。しかし、パララックスであればスクロールの位置をコントロールし、常に制作者が想定する美しくて見やすい位置にスクロール位置を固定することができます。さらには、スクロールの際に画像を上手に動かすことで、アニメーションのように表現することもできます。視覚を刺激することで、ユーザーは楽しみながらたくさんの情報を得ることが可能となります。

このパララックスのメリットとして、紹介したい内容をストーリーのように演出できる点や、奥行きを持たせることができる点です。例えば、建物内の紹介をするときには実際にその建物の中にいるような演出が可能になります。ユーザーがそのような演出に魅了されて、さらに情報を得ようと閲覧したり、リピート来訪したりすることが期待できます。繰り返し目にすることで、ユーザーの記憶に留まりやすくなります。パララックスを使って商品を紹介する効果はここにあります。

注意すべき点は、面白さやインパクトのある視覚演出効果を追求するあまり、本来の目的を失わないようにすることです。大切なのは「伝える内容(情報)」であり、パララックスは「伝える手段のひとつ」だと覚えておきましょう。

シングルページ・シングルカラム

サイトデザイン

カラムとは、「列」や「欄」のことです。ブログなどの従来のサイトでは、コンテンツの左右どちらかにサイドバーと呼ばれる列のある2カラムが主流でした。シングルページ・シングルカラムとは、両サイドに別の表示がないもので、1ページだけで構成されていることをいいます。サイドバーがないことで、ユーザーはコンテンツの内容に集中することができ、商品やサービスをより大きくシンプルに見せることもできます。つまり、伝えたい内容を、しっかりとアピールすることができるのです。また、パソコンだけでなく、スマホやタブレットなど、さまざまな画面サイズのデバイスからアクセスしても見やすいレイアウトとなるので、より多くの人に受け入れられるというメリットがあります。

シングルページ・シングルカラムにする際に意識したいポイントは、コンパクトで整理されたコンテンツにすることです。情報量が多い場合には、2カラムや3カラムにした方が効果的なこともあります。

シングルページはより多くの情報を含み縦に長くなるため、スクロールが多くなります。そのためシングルページ・シングルカラムは、パララックスとの相性がよいとされています。パララックスを用いて、意図した通りのアピールを行うことができるのです。インターネットが普及した現在、多くの情報や商品があふれていますので、興味を持ってサイトを覗いてもらったときに、商品やサービス特有の魅力を伝え、覚えてもらう必要があるのです。上記で紹介したシングルページ・シングルカラムとパララックスを活用することでユーザーに強い印象を残し、商品の魅力をより伝わりやすくすることが可能となります。

まとめ

サイトデザインのトレンド

今回は商品やサービスの魅力を効果的にアピールするサイトデザインについてご説明しました。常に最新の情報に目を光らせ、サイトデザインのトレンドを商品やブランドの特設ページ、ランディングページなど使用可能な部分に取り入れていきたいものです。新しいデザインはユーザーの目にとまりやすく、多くの人の興味を引きます。最新トレンドのサイトデザインを取り入れることによって、商品の魅力をよりスタイリッシュにアピールすることができるでしょう。

ホームページ制作・作成でお悩みはありませんか?

格安でデザインにこだわったホームページ(Webサイト)制作会社は、ほとんどありません。 ホームページシードは、「デザイン」「価格」「利便性」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 ご気軽にご相談ください。

あわせて読みたい関連記事