ホームページ作成の価格・デザインに関する
あらゆるニーズにお応えします

ホームページがない会社の3つのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーポレートサイト

パソコンやスマートフォン、タブレットなど、さまざまなデバイスが普及したことにより、インターネットはより身近な存在となりました。このような状況において、インターネットを利用して製品やサービスのプロモーションを行うことはもはや当たり前のようにも思えます。

しかし、平成28年通信利用動向調査によると、12%の会社はホームページを開設しておらず、自社サービスのプロモーションなどにインターネットをうまく活用できていないようです。会社にとってホームページを開設することは、自社サービスのプロモーションを行うだけでなく、会社の情報を一般に公開することで、信頼を獲得できるという非常に有益な施策と言えるでしょう。

今回は、ホームページを開設していない会社が抱える、3つのデメリット、それぞれの詳細について解説していきます。

目次

情報を発信しづらい

WEBSITE

ホームページを開設していない会社にもたらされるデメリットとして真っ先にあげられることの一つが、「情報を発信しづらい」ということです。ホームページから発信できる情報は、製品やサービスに関するものだけでなく、事業内容や歴史、経営理念など、会社自体に関するものも含まれます。会社そのものの知名度を上げるためのプロモーション自体が困難となってしまうという点において、非常に大きなデメリットと言えるでしょう。

また、このようなホームページを持っていない会社は、各種プロモーションを行うための代替手段として、チラシやパンフレットを作成するといった手法を選択することも多いようです。しかしながら、紙媒体を利用したプロモーションは、インターネットを利用したプロモーションに比べ、配布するための手間やコストがかかるにもかかわらず、プロモーションの対象にできる絶対数が限られてしまいます。このことから、費用対効果はインターネットを利用した場合と比べると、雲泥の差があると言えます。

一方で、専門的な知識を有した人材が確保できないため、ホームページの開設が難しく、紙媒体によるプロモーションもできれば行いたくないと言う会社の中には、TwitterやFacebook、各種ブログと言ったSNSを利用して会社の情報を発信している所もあるようです。ここ数年でより一般的になったSNSには、ホームページを開設し運営することと比べると、専門的な知識も必要なく、気軽にプロモーションを行えるというメリットが存在します。

しかしながら、SNSの中には、本来は個人同士でのプライベートにおける利用を想定して開発されているものが多く存在し、情報発信が一時的なものになり、単体での情報発信効果は企業がプロモーションで使用するには不十分と言わざるを得ません。また、SNSの場合、ユーザーに最新の情報を読んでもらいやすいといったメリットがある一方で、膨大な過去の情報から必要なものを探し出すのが難しいというデメリットがあります。このようなことから、情報発信ツールとしてのSNSはあくまでも簡易的なものと考える必要があるでしょう。ホームページを開設するということは、発信したい情報を整理し、ユーザーがより見やすい状態にすることができるというメリットがあることも覚えておくとよいでしょう。

優秀な人材を獲得しづらい

RECRUITMENT

優秀な人材を確保することは、会社にとって非常に重要であることは言うまでもありません。90%近い会社がホームページを開設している昨今においては、求職者が就職先を探す際に、企業のホームページを検索することも多いようです。求職者が会社に関する公式な情報をできるだけ多く入手したいと思うことは当然のことです。このような状況において手軽に会社の情報を得られるホームページを開設していないことは、人材の確保の面で不利な状況となってしまいます。

また、ホームページを開設し、経営理念や経営方針、事業内容などの情報を公開することは、会社そのものへの信頼にもつながります。ホームページを開設していない場合、求職者から「怪しい企業」、或いは「ブラック企業」と言ったネガティブな印象を持たれてしまい、就職希望先の候補から外されてしまうことも考えられます。ホームページを開設することは、より多くの求職者の中から、経営理念や経営方針に賛同する人材を見つけ出すことができると言う点においても大きなメリットがあると言えるでしょう。逆に、ホームページを開設していない会社は、ホームページがないという理由だけで応募を見送っている求職者が多く存在するという認識をする必要があります。

こういったことから、新しい人材を獲得するためには、会社についての情報を求職者が得やすいホームページが必要ということが分かります。

取引が広がりづらい

取引イメージ

近年では企業間の取引において、インターネットを利用することが当たり前となっており、ホームページを開設していないということが、取引を広げるための障害となってしまう可能性があります。

ホームページを開設していない会社の中には、長年にわたりB2Bのビジネスを行っている特定の取引先が存在するため、新規の取引先を獲得することは重要ではないと考えている会社も多く、そのような理由から、ホームページの開設を行っていないというケースもあります。しかしながら、経済のグローバル化や、その時代の経済状況において長年の取引先が、今後も取引を継続してくれるという保証はなく、取引先を見直すことや、取引先の企業自体が倒産してしまうといったことも絶対にないとは言い切れません。特に取引先の見直しを検討するような会社の場合は、業績不振に陥っている可能性も高く、ホームページを開設せず、企業情報を公開していないような信頼度の乏しい会社は、真っ先に取引見直しの対象とされてしまうかもしれません。そのようなリスクを考慮すれば、B2Bビジネスの世界においても、常に新たな取引先を探すことは不可欠と言えるでしょう。

またB2Bビジネスの世界においては、新規の取引先を探す際、必ず取引先の企業情報を確認します。これらは、その企業が取引先として信頼に値するか判断するためには必要不可欠であり、最終的には信用調査会社などが仲介することもあります。ホームページを開設することは、言わば名刺を作成することと同じで、ホームページを開設せず企業情報を公開しないことは、新たな取引の開始時に名刺交換を拒否するようなものと言ってよいでしょう。そのため、複数の会社が取引先の候補にあげられた際に、自社だけがホームページを開設していなければ、その時点で出遅れてしまっていると考えるべきでしょう。何よりも信頼関係が重視されるB2Bビジネスの世界においては、ホームページの開設は必要不可欠と言えます。

まとめ

ホームページ

今回は、ホームページを開設していない会社が抱える3つのデメリットについて解説して来ました。インターネットの普及が著しい昨今において、ホームページを開設し企業の情報を公開することは、名刺を作成することと同じくらい重要と言えるでしょう。また、普及が著しいTwitterやFacebook、各種ブログなどのSNSは、あくまでも簡易的な情報発信ツールとして考え、単体での利用だけでは十分ではないと認識する必要がありそうです。ホームページを持っていない場合は、会社の信頼度を上げて、持続的なPRを行ったり、優秀な人材や新たな取引先を獲得するためにも、すぐにホームページの開設を検討してみてはいかがでしょうか。

ホームページ作成・制作でお悩みはありませんか?

格安でデザインにこだわったホームページ(Webサイト)制作会社は、ほとんどありません。 ホームページシードは、「デザイン」「価格」「利便性」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 ご気軽にご相談ください。

おすすめ記事