デザイン、価格、利便性、業種特化にこだわった
格安ホームページ作成サービス

ホームページ制作代行とは?誰でも簡単にホームページが作れる救世主

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページ制作代行ってどうなんだろう?

ホームページ制作を代行できるのは制作会社だけではありません。

フリーランスに代行してもらっても低コストで、それなりにクオリティの高いホームページを手に入れることもできるでしょう。

制作会社に比べて制作費が安いフリーランスですが、さらにコストを抑えられるのがクラウドサービスの制作代行です。

凝ったデザインや操作性を求めないのであれば選択肢はかなり広がります。

どこの代行会社にもそれぞれにメリットやデメリットがあるので、安易に料金だけで決めないようにしましょう。

目次

ホームページ制作の代行って何?代行のメリット・デメリットは?

ホームページ制作代行のメリット・デメリット

ホームページがマーケティングの手段として非常に重要であることは疑いようがありません。

少ない労力で最大の宣伝効果を持つホームページは小さな商店や個人の店にとってもなくてはならないものです。

ホームページは少しの知識やノウハウがあればクラウドサービスなどを利用して自分で作ることもできますし、ホームページ作成を代行してくれるところもあります。

設計や運用などに不安がある場合はプロの制作会社に制作代行をしてもらうという選択もよいでしょう。

規模やサービス内容が違う制作会社には得意な部分もあれば不得意な部分もあります。

今回はメリットとデメリットを比較しながら本格的なホームページを低価格で簡単に作成できる方法についても紹介します。

この機会にホームページ作成を検討してみてはいかがでしょうか。

安心して代行を任せられる制作会社、デメリットはあるの?

代行を任せられる制作会社、デメリットはあるの?

ここでいう制作会社とは担当者が決まっていて、対応がしっかりしているなど信頼して任せられる制作代行会社です。

相談窓口がしっかりしているのでトラブルなどにも早急に対応してもらえる安心感があるでしょう。

しかし、制作会社でホームページを一から制作してもらうと最低でも50万円程度は必要です。安い見積もりが提示された場合、内容の中身はスマートフォンに対応していなかったり、SEO対策費などが別見積もりになっていたりする場合もあるので注意が必要です。

多くの実績を持つ制作会社の料金は高額になりがちですが、あまりデザイン性の高いものを希望しなければ安いパック料金で作成してくれるところもあります。

代行の最大のメリットは希望に近いホームページ制作が可能なこと

制作会社ではコンサルタントや専門知識を持つ営業スタッフなどがクライアントの相談を受けます。

納得のいくまで丁寧にヒアリングを行い、クライアントの希望を元にホームページの設計をクライアントが行っていくので、デザインや機能面で希望するイメージに近いホームページが作成されます。

実績のある制作会社ならSEO(検索エンジン最適化)対策やアクセス解析など、ホームページの集客対策についてもアドバイスを受けることが可能です。

継続してサポートを受ければ高い集客効果も期待できるでしょう。

制作会社ならアフターサービスも万全!

ホームページ制作サービスを専門に行っている制作会社なら使用するデータの管理体制が整っています。

もしホームページの修正や追加を急ぎで依頼したい場合、迅速に最新データを準備し、修正の依頼に対応してもらえるでしょう。

完成したホームページの公開や運用にはサーバーのレンタル契約やドメインの取得など多くの作業が必要です。

しかし制作会社に依頼しておけば、費用はかかりますが煩わしいサーバーの契約更新や保守についても代行してもらえます。

データはすべて保管されているので、他の制作会社に変更したい場合はデータを買い取り、データをリサイクルすることも可能です。

デメリットはやはり高額な料金!デザインに凝るなどの必要がなければ除外

オーダーメイドが基本のホームページ作成には通常50万円前後の費用がかかります。

大手の制作会社なら100万円を超えることも珍しくないでしょう。

凝ったデザインを希望しないのであれば、デザインテンプレートの使用などでデザイン費を抑えることは可能です。

しかし文字の修正や画像の加工、ページの追加などを依頼する度に高額な修正費を請求されるのでは個人や規模の小さい店にとって負担は小さくありません。

頻繁にホームページを更新したいのであれば、定額で更新・運用できるようなサービスを利用したり、CMS(コンテンツ管理システム)を利用したりするなどの工夫が必要です。

デザインなどに凝る必要がなく、最低限のホームページを作れればよいという人には制作会社は向かないでしょう。

ホームページ制作にフリーランスを利用するメリットとデメリット

ホームページ制作をフリーランスに代行

ホームページの制作費を低く抑えたい場合、フリーランスに代行してもらうことは有効な選択肢の一つです。

作業全体を1人で把握しているので、要求や疑問点を伝えやすいメリットもあります。

コスト意識も高い制作者が多く、無駄な作業に時間をかけません。

一方で、すべてのフリーランスがすべての工程に関する高い専門知識を持っているとは限りません。

また、常に連絡を取り合える保証がないのでトラブル対応や保守について事前に話し合っておく必要もあります。

フリーランスの最大のメリットは低額な料金とオリジナリティ

ホームページの制作費の大半を占めるのは人件費です。制作会社では多額の人件費に加え、下請けへのマージン料などが発生するため見積料金はかなり高額になります。

フリーランスの場合人件費が安く抑えられることで料金を安くできるのです。大手の制作会社の見積もりが100万円を超えた場合でもフリーランスなら30万円以下に抑えられる可能性があります。

フリーランスの事務所でもデザインに強いなどの特長を生かせば、安価でも大手制作会社に負けないクオリティとオリジナリティが期待できます。

希望を伝えやすいので、シンプルなホームページなら大手の制作会社に発注するよりも早く仕上がる可能性もあります。

デメリットは集客ノウハウに弱い可能性が高いこと

フリーランスの場合、デザインやコーディングなど得意な分野があっても、トータルで高い技術や知識を持っているとは限りません。

広い知識を持ち、1人ですべての作業をこなすことも多いフリーランスですが、マーケティングのプロではないのである程度の相談はできても限界があります。

ホームページの集客に欠かせない有効なSEO対策やアクセス解析を行えるかなどを確認することが必要でしょう。

制作会社やクラウドサービスが多くのスタッフで分業して専門性の高いサービスを提供することに比べると、集客ノウハウがどうしても弱くなってしまいます。

修正したい時にすぐに対応してくれる?

基本1人で作業を行うフリーランスの場合、24時間トラブル対応というわけにはいきません。

他の仕事で非常に忙しい時や、体調が優れない時などは急ぎの対応は難しいでしょう。

また、コーディングなどを別のフリーランスに外注している場合にはその人の予定まで確保しなければいけません。

小さなことにも対応してくれるフリーランスですが、時間の確保は難しいことがあります。

もし突然廃業するなどの事態になれば、ホームページの更新や運用に支障をきたしてしまうので、事前によく話し合って対応を決めておかなければ、せっかくのホームページの更新や運用が滞ってしまいかねません。

驚くほどハイクオリティ!ホームページ作成に革命をもたらすクラウドサービス

クラウドサービスイメージ

パソコンの操作が可能で、SNSなどを普段から利用している人なら、クラウドサービスを利用して無料または格安の月額料金でクオリティの高いホームページを作成することができます。

洗練されたデザインテンプレートはもちろん、機能やコンテンツの面でもプロが作ったといってもおかしくないほどです。

作成する環境や時間がなければ、制作代行を格安で請け負う会社もあるのでまさにホームページ作りに革命をもたらしたツールといえるでしょう。

クラウドサービスのホームページ作成ツールのここがすごい!

クラウドサービスでは完成度の高いテンプレートが多数用意されているので、気に入った画像や文字と組み合わせれば簡単に素敵なホームページができ上がります。

スマホサイトにも対応してくれるので、スマホ用の作業を考える必要もありません。

商用利用が可能で、独自ドメインを取得することもできます。

通常であれば月々の利用料がかかるサーバーレンタル料やドメイン取得費用も料金プランに含まれるか、無料なので非常にお得感があります。

ソーシャルメディアとのリンクも簡単で、無料とは思えない高機能を実感できるでしょう。

商用のホームページには欠かせないSEO対策も自分で設定することができます。

ホームページ作成は代行?自作?クラウドサービスならどちらも低価格でスピーディ!

クラウドサービスでは主に個人向けの無料プランからビジネス向けに使える機能の有料プランまで提供しています。

ページ数やドメインにこだわらないのであれば無料プランでも十分です。

デザインテンプレートを選んで画像とテキストを追加すればすぐにホームページが作成できるので、自作して好きにカスタマイズしながら運用しても楽しいでしょう。

最低限の労力で、立派なホームページでネットショップを簡単に開くこともできます。

基本設計やレイアウトはプロにお願いしたいのであれば、クラウドサービスに作成を依頼して運用は自分でやることも可能です。

制作代行の初期制作費は2万円前後なのでかなりリーズナブルといえます。

クラウドサービス代行のホームページ作成は無敵?デメリットはあるの?

無料または格安でホームページが作成できるクラウドサービスは無敵とも思えますが、使うシーンによってはデメリットもあります。

それはレイアウトの自由度が低くてカスタマイズが思い通りにできない、文字の色を変更できないなどのソフトもあることです。

無料版では多くの場合使用しているクラウドサービスの広告が表示されてしまいます。
広告表示は画面の印象を変えてしまうので、商用としては困ることもあるでしょう。

テンプレート数は豊富ですが人気の高いテンプレートを使用すると、どこかで見たようなホームページになりオリジナリティが乏しくなるのも残念な点です。

ホームページ制作はプロにすべて代行してもらう時代ではない

ホームページのデバイス別イメージ

ホームページ制作を代行してくれる制作会社は多くどこに頼んでよいか迷うほどです。

自分の思い描くホームページのイメージを制作会社やフリーランスに実現してもらう方法もあれば、クラウドサービスを使って自分で作成する方法もあります。

パソコンでの作業や画像・テキストの準備に煩わしさを感じないのであれば、クラウドサービスが手軽で低コストでしょう。

制作費も運用費も安く抑えられるので、少ない予算でホームページを作って運用できます。

しかしオリジナリティやホームページの信頼性にこだわるのであれば、制作会社やフリーランスに代行してもらう方が安心です。

なるべく費用をおさえて、クオリティが高いホームページを作成されたい方は、格安ホームページ作成サービス「ホームページシード」もぜひご検討ください!

ホームページ制作・作成でお悩みはありませんか?

格安でデザインにこだわったホームページ(Webサイト)制作会社は、ほとんどありません。 ホームページシードは、「デザイン」「価格」「利便性」「業種特化」にこだわったホームページをご提供いたします。 ご気軽にご相談ください。

あわせて読みたい関連記事